null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ

認知症と聞くと、何もかも忘れてしまうのではないかと思ってしまいがちですが、初期から重症化するまでには期間があります。「認知症=何もかも忘れてしまう、何もかもができなくなってしまう」ということではありませんので、初期段階で軽度の認知症であれば、十分に日常生活はできますし、仕事を続けられる可能性があります。

認知症でも仕事ができる

思い出せなくなる「記憶障害」や、日時や場所が分からなくなる「見当識障害」といった症状によって、もの忘れや作業効率の低下は避けることができませんが、周囲の人々の支援と理解、そして専門医の適切な治療があれば仕事を続けることは可能です。「認知症=仕事をするのは不可能」というのは、知識不足による誤解なのです。

認知症と向き合いながら仕事をするためのポイント

では、認知症になっても仕事を続けていきたいと思う場合には、どんな点を注意する必要があるでしょうか。まず、家族はもちろんのこと、会社や上司、同僚などに認知症になったということを伝えておく必要があります。そして、認知症の状態やできること、できなくなってしまったことなどを理解してもらいましょう。認知症になっても続けることができる部署や仕事内容がないか聞いてみることもできます。
周囲に認知症についての知識があれば、サポートもしやすいですし、社内で問題を起こすことも防げますね。もし、会社に話すことに不安を感じる場合は、地域の包括センターや認知症コールセンターなどで相談に乗ってもらうことができます。

認知症になっても仕事を諦めない!

厚生労働省の調査によると、若年性認知症の患者数は約38,000人おり、50代で4割、40代でも1割が認知症になっていると報告されています。たとえ認知症と診断されても、すぐに「もう仕事ができない」と気落ちするのではなく、どうにかして仕事を続けることができないかを考えてみるようにしましょう。まだまだ働き盛りという年齢で、仕事を諦めることはありません。生活の張りを保ち続けることは、認知症の進行予防にも効果があります。正しい知識と適切なケアやサポートがあれば、認知症でも仕事できるということを覚えておきましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは
    意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは
    高齢になればなるほど食事の用意は体力的負担になり、またコンロの火の消し忘れなど思わぬ事故に繋がる危険性も出てきます。 高齢者世帯に対し自治体によって配食をしてくれるサービスがあり、企業が提供する配食サービスより比較的安価に利用することができます。今回は自治体による配食サービスをいくつかご紹介します。今回紹介できない自治体でも配食サービスを実施しているところはたくさんあるので、調べてみてはいかがでしょうか。
    記事を見る
  • みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】
    もうすぐGWがやってきます。どこにお出かけしようか考えている方も多いでしょう。中には、車椅子で出かけられるスポットはないだろうかと頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、関西の車椅子OKのスポットを紹介します。この記事を参考にして、車椅子の方も含めご家族でGWを楽しんでください。
    記事を見る
  • 元気なうちに話しておくべき『親の老後』
    元気なうちに話しておくべき『親の老後』
    親が65歳になり定年を迎え、年齢の上では高齢者でも、実際の65歳はまだまだ元気!老後という感覚でない方も多いはず。元気なうちだからこそ、老後について話し合ってみませんか?
    記事を見る
  • 知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    毎日利用するのに介護保険の対象にはならず、大きな荷物になるため買い物も大変、そんな頭を悩ませる存在の介護用おむつ。きちんと制度やサービスを利用してできるだけ負担を軽減できるようにしたいものです。今回は介護用おむつの意外と知られていない節約術をご紹介します。
    記事を見る