null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ

認知症と聞くと、何もかも忘れてしまうのではないかと思ってしまいがちですが、初期から重症化するまでには期間があります。「認知症=何もかも忘れてしまう、何もかもができなくなってしまう」ということではありませんので、初期段階で軽度の認知症であれば、十分に日常生活はできますし、仕事を続けられる可能性があります。

認知症でも仕事ができる

思い出せなくなる「記憶障害」や、日時や場所が分からなくなる「見当識障害」といった症状によって、もの忘れや作業効率の低下は避けることができませんが、周囲の人々の支援と理解、そして専門医の適切な治療があれば仕事を続けることは可能です。「認知症=仕事をするのは不可能」というのは、知識不足による誤解なのです。

認知症と向き合いながら仕事をするためのポイント

では、認知症になっても仕事を続けていきたいと思う場合には、どんな点を注意する必要があるでしょうか。まず、家族はもちろんのこと、会社や上司、同僚などに認知症になったということを伝えておく必要があります。そして、認知症の状態やできること、できなくなってしまったことなどを理解してもらいましょう。認知症になっても続けることができる部署や仕事内容がないか聞いてみることもできます。
周囲に認知症についての知識があれば、サポートもしやすいですし、社内で問題を起こすことも防げますね。もし、会社に話すことに不安を感じる場合は、地域の包括センターや認知症コールセンターなどで相談に乗ってもらうことができます。

認知症になっても仕事を諦めない!

厚生労働省の調査によると、若年性認知症の患者数は約38,000人おり、50代で4割、40代でも1割が認知症になっていると報告されています。たとえ認知症と診断されても、すぐに「もう仕事ができない」と気落ちするのではなく、どうにかして仕事を続けることができないかを考えてみるようにしましょう。まだまだ働き盛りという年齢で、仕事を諦めることはありません。生活の張りを保ち続けることは、認知症の進行予防にも効果があります。正しい知識と適切なケアやサポートがあれば、認知症でも仕事できるということを覚えておきましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 要介護のきっかけになりやすい骨折・転倒予防のために出来るポイント
    要介護のきっかけになりやすい骨折・転倒予防のために出来るポイント
    日本は世界有数の長寿国としても有名ですが、それだけではなく「健康寿命」の大切さが問われています。やはり、自分の親には健康で長生きしてもらいたいですよね。そのためには、家族の関わり方も大切なポイントになります。ここでは、高齢者が寝たきりのきっかけになりやすい、骨折・転倒予防のために家族が出来ることについてまとめました。
    記事を見る
  • 【関西】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【関西】車椅子で行けるお花見スポット3選
    いよいよお花見の楽しめる季節がやって参りました。高齢者の方にも存分にお花見を楽しんでもらいたいものです。でも足元が不自由で車椅子だと花見は難しいと思っている人もいるかもしれません。でも、大丈夫。今回は関西周辺で車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 今すぐ出来る!高齢者の転倒防止対策まとめ(自宅編)
    今すぐ出来る!高齢者の転倒防止対策まとめ(自宅編)
    転倒による骨折・ケガから介護が必要になる人は少なくありません。あらかじめ転倒しないような工夫が必要です。今回は今から実践できる転倒防止対策をご紹介します。
    記事を見る
  • 在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ
    在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ
    リフォーム前に申請することで、介護保険から住宅改修費を補助してもらえます。早く設置したいという思いから、手すりや段差解消など申請せずに行ってしまうケースも少なくありません。少しのリフォームで多額となることもあるため、こういった制度を上手く活用しましょう。
    記事を見る
  • 認知症の方にイライラしないための対応法
    認知症の方にイライラしないための対応法
    認知症は、原因によっては治癒可能なものもありますが、長く付き合う必要がある病気でもあります。認知症患者は、激しい感情の起伏や物忘れなどの症状を見せ始めます。それによって、本人だけでなく周囲の人々にもイライラが生じることがあります。認知症に伴うストレスにうまく対応するには、どうしたら良いのでしょうか。
    記事を見る