null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

プチボランティアで介護に関わる

介護や高齢者に関わりたいと感じている若者でも現在の仕事や学業を辞めて介護業界に踏み込むことはハードルが高くなかなか実現するのは難しいものです。気軽に関わってみる方法の一つとして、NPO法人ドットファイブトーキョーが主催するプチボランティアに参加してみてはいかがでしょうか。今回は、このプチボランティアの取り組み内容についてまとめてみました。

ボランティアのハードルを低くした、プチボランティア

ボランティアが生活に根付いている諸外国とは違い、日本では意識的敷居の高さからか、未だなじみのあるものになっていません。ボランティアは、社会問題への意識が高く、他の人のために自分の時間や労力などを犠牲にできる人がするものです。そんな特別感を持ち、自分がするなんて考えたこともない人が多くいるのでしょう。ところが、その敷居の高さをあまり感じさせず働く若者を「プチボランティア」として集めている団体があります。

「NPO法人ドットファイブトーキョー」とは?

「東京で暮らすひとたちが楽しみながら気軽につながり、助け合える社会を実現すること」をビジョンに、若者へプチボランティアのプログラムを提供しているのが「NPO法人ドットファイブトーキョー」です。「やってみたいけど、ハードルが高そう」や「喜んでくれる人がいるなら、ちょっとやってみようかな」という想いを持つ若者は少なくありません。そんな若者に、気軽にボランティアに参加してもらう方法を考え、さまざまな工夫を凝らしています。

高齢者の暮らしを豊かにするプチボランティア・プログラム

「NPO法人ドットファイブトーキョー」のプログラムには、仕事のない週末などに気軽に参加できるものばかりです。高齢者施設等で暮らす方々の外出をサポートする「みんなでピクニック」や、マッサージやお化粧をしながら楽しい時間を過ごす「エステ」、「名作映画鑑賞会」、「マージャン」、「野菜を作って食べる」、「みんなでアート」など、高齢者の暮らしを豊かにするだけでなく、「楽しさ」を大事にする機会を作り出しています。ボランティアほど高いハードルを感じず、忙しい毎日の中でも、ほんの数時間だけプチボランティアとして行ってみようと思えて、高齢者も若者もいっしょになって楽しく過ごせるプログラムになっています。

プチボランティアを通じて高齢化社会と介護問題を実感

かつてお隣さんやご近所さんが助け合って暮らしていたように、誰かの役に立つことはちょっとした楽しさや嬉しさを生みます。ふだんは高齢者や介護とは関わりが少ない生活をしている若者も、プチボランティアを通じて、古き良き日本のスタイルを感じられることでしょう。さらには、これからの高齢化社会や介護問題を自分たちの将来として実感してもらい、新たな担い手としても期待したい存在です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    高齢になるにつれ、歯や口腔機能の老化も進行していきます。口腔機能を維持することは体全体の健康を維持するために軽視できません。今回は、高齢者の口腔機能の健康維持を助ける入れ歯についてまとめました。
    記事を見る
  • 認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症を問題と定義するのではなく、認知症になっても生きやすい社会をつくろうとしている企業があります。認知症を体験できる「VR(※1)認知症プロジェクト」に取り組んでいる株式会社シルバーウッド。高齢者住宅の運営から、テクノロジーを用いたアプローチまで幅広く事業を展開しており、現在、注目を浴びています。今回は代表取締役下河原忠道様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    2017年11月23日に国際ファッションセンターで日本グリーフ専門士協会主催の「哀しみをいやす講演会」が開催されました。 グリーフ(悲嘆)に寄り添う専門家5名によるスライドや映像を使った講演会、パネルディスカッションがメインコンテンツとして提供されました。 会場には、グリーフ(悲嘆)ケアを学んでいる方、興味がある方だけでなく、喪失の哀しみを抱えている方もいらっしゃいました。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    福祉大国と呼ばれているスウェーデン。高福祉高負担と言われ、スウェーデンは税金が非常に高いが、良い福祉サービスが受けられるというイメージが強くあります。今回はスウェーデンの介護の実情についてまとめました。
    記事を見る