null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

オレンジカフェを知っていますか?【埼玉県川越市の取り組み例】

近年、自治体や介護事業者が開催する介護中の介護者・被介護者の集まりが全国に広がりを見せています。今回は、川越市が開催するオレンジカフェについて、活動目的や内容、今後の課題などについてご紹介します。

オレンジカフェとは?

川越市の地域包括支援センターが、地域支援事業の一環として開催している「オレンジカフェ」を知っていますか。ちなみに、この「オレンジカフェ」のオレンジは、国の認知症対策カラーがオレンジであることに由来しています。つまり、認知症の本人や家族などを始め、誰でも参加可能なカフェです。
早期からの認知症支援策を進めている川越市では、2013年1月から5つの地域でオレンジカフェの開催をスタートし、翌年には9つの全地域包括に広がりました。そして、今では、一般の社会福祉法人や住民団体により、市内24カ所で行われています。

活動目的や内容、参加者の様子と効果

オレンジカフェの取り組みが始まったきっかけは、認知症の家族や介護者同士の座談会とのことで、お茶やお菓子を楽しみつつ、気軽に話し合っていたとき、「こういう場に本人も連れてきたい」という要望が出たとのことです。
認知症があってもカフェを楽しめる場の提供はもちろん、認知症の人や家族が地域住民と自然に触れ合えることも目的のひとつなのです。いろいろな人が気軽に集まる中で、いっしょになった認知症の人と地域住民とで会話が盛り上がるだけでなく、認知症への理解が進むというケースもあります。また、認知症の人がカフェで楽しむ姿を見て、それまで気付かなかった残存能力に支援者が気づいたという報告もされています。

オレンジカフェの今後の課題

認知症カフェの広がりと効果は、前述した通りですが、今後の課題がないとは言い切れません。主には、運営についての諸問題です。どこのカフェでも悩みが多いのは、運営資金です。継続して開催していくためには、場所や人材にお金がかかります。
人材はボランティアを頼りにできる面もありますが、開催回数や規模によっては、ボランティアだけでは間に合わず、有償のスタッフをお願いしなくてはならないでしょう。そうなると人材に関しても、資金につながってくるところがあり、やはり資金確保が大きな課題になっています。いずれにせよ、これらの課題は、認知症カフェの運営についての手引きやマニュアルが日本にはないことも影響しています。先に認知症カフェが広がったイギリスやオランダのように、公式のガイドラインや手引書の作成が待たれます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事