null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

オレンジカフェを知っていますか?【埼玉県川越市の取り組み例】

近年、自治体や介護事業者が開催する介護中の介護者・被介護者の集まりが全国に広がりを見せています。今回は、川越市が開催するオレンジカフェについて、活動目的や内容、今後の課題などについてご紹介します。

オレンジカフェとは?

川越市の地域包括支援センターが、地域支援事業の一環として開催している「オレンジカフェ」を知っていますか。ちなみに、この「オレンジカフェ」のオレンジは、国の認知症対策カラーがオレンジであることに由来しています。つまり、認知症の本人や家族などを始め、誰でも参加可能なカフェです。
早期からの認知症支援策を進めている川越市では、2013年1月から5つの地域でオレンジカフェの開催をスタートし、翌年には9つの全地域包括に広がりました。そして、今では、一般の社会福祉法人や住民団体により、市内24カ所で行われています。

活動目的や内容、参加者の様子と効果

オレンジカフェの取り組みが始まったきっかけは、認知症の家族や介護者同士の座談会とのことで、お茶やお菓子を楽しみつつ、気軽に話し合っていたとき、「こういう場に本人も連れてきたい」という要望が出たとのことです。
認知症があってもカフェを楽しめる場の提供はもちろん、認知症の人や家族が地域住民と自然に触れ合えることも目的のひとつなのです。いろいろな人が気軽に集まる中で、いっしょになった認知症の人と地域住民とで会話が盛り上がるだけでなく、認知症への理解が進むというケースもあります。また、認知症の人がカフェで楽しむ姿を見て、それまで気付かなかった残存能力に支援者が気づいたという報告もされています。

オレンジカフェの今後の課題

認知症カフェの広がりと効果は、前述した通りですが、今後の課題がないとは言い切れません。主には、運営についての諸問題です。どこのカフェでも悩みが多いのは、運営資金です。継続して開催していくためには、場所や人材にお金がかかります。
人材はボランティアを頼りにできる面もありますが、開催回数や規模によっては、ボランティアだけでは間に合わず、有償のスタッフをお願いしなくてはならないでしょう。そうなると人材に関しても、資金につながってくるところがあり、やはり資金確保が大きな課題になっています。いずれにせよ、これらの課題は、認知症カフェの運営についての手引きやマニュアルが日本にはないことも影響しています。先に認知症カフェが広がったイギリスやオランダのように、公式のガイドラインや手引書の作成が待たれます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人との思い出は時間が経っても、それぞれの人生に大きな影響を与えることが多いのではないでしょうか。 死別直後の方や、何年も時間が経った方、それぞれが抱える喜びや悲しみを“死別”という体験をした者同士が安心して語り合える場所があります。 ハワイ生まれのNPO法人ハワイ日本語グリーフケア協会(通称:HUG Hawaii/ハグハワイ)です。 今回は、それぞれの思いを尊重してサポートしあう場を提供する、HUG Hawaii(ハグハワイ)東京ファシリテーターの内宮美知子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 元気なうちに話しておくべき『親の老後』
    元気なうちに話しておくべき『親の老後』
    親が65歳になり定年を迎え、年齢の上では高齢者でも、実際の65歳はまだまだ元気!老後という感覚でない方も多いはず。元気なうちだからこそ、老後について話し合ってみませんか?
    記事を見る
  • 知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説
    知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説
    仕事や家庭の都合で、遠距離介護の必要に迫られることも少なくありません。常に目を配れないため不安が伴いがちですが、ポイントを押さえておけば遠距離介護でも安心です。また無理な呼び寄せは、逆に両者にとって負担になる可能性もあります。 遠距離介護の例やポイント、呼び寄せ症候群などについて紹介します。
    記事を見る
  • ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    高齢になり運動機能が低下すると「転倒」による怪我が、寝たきり状態のキッカケになる危険性があります。 『平成27年版高齢社会白書』では、「骨折・転倒」が要介護になった主な原因の12.2%を占め、特に女性は15.4%で男性の6%を大きく上回っています。 重症化リスクを予防するためには、無理なく運動できる「ストレッチ」がオススメです。 今回は『ミスユニバースさいたま2017』の育成・指導を始め、多くのモデル指導の経験を活かし、独自の高齢者向けストレッチを提案する「魅ボディ研究所」代表の比嘉美佐子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に、今回は2回に渡って近著『身軽に生きる』、30万部超ベストセラー『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。
    記事を見る