null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

今すぐ出来る!高齢者の転倒防止対策まとめ(自宅編)

転倒による骨折・ケガから介護が必要になる人は少なくありません。あらかじめ転倒しないような工夫が必要です。今回は今から実践できる転倒防止対策をご紹介します。

高齢者が転倒することのリスクとは?

高齢者が要介護状態になる原因の約1割が、転倒であると言われています。自宅で暮らしていて、年に1回以上転倒する高齢者は約3分の1です。そのほとんどが室内での転倒だということがわかっています。
骨が弱くなりがちな高齢者は、転倒すれば骨折する確率が高く、歩けないことがきっかけで運動能力や気力の低下を招き、寝たきりになってしまうことがあるのです。
では、なぜ高齢者はこれほどまでに転倒してしまうのでしょうか。医学的には、転倒することは正常なことではありません。視力、聴覚、触覚や関節の可動域、バランス感覚、薬の副作用によるふらつきなどさまざまな要因が組み合わさっています。認知症の方も転倒しやすい傾向にあります。

自宅で転倒しやすい場所


・居間
意外かもしれませんが、自宅における転倒が多い場所の一つです。
普段意識しない小さな段差や、カーペットの端のめくれ、気付きにくい電源コード、散らばった雑誌、新聞などが原因で転倒が起きてしまいます。

・玄関
靴を履いたり、脱いだりすることに加え、段差があるため非常に転倒が起きやすい場所です。

・浴室
特に浴槽をまたぐ場合には注意が必要です。
あまりにも不安な時は、浴槽を持ち込む訪問入浴やヘルパーの手を借りながら入浴を行う訪問介護などの介護保険サービスがあります。
こちらのサービスを活用するのも一つの手ではないでしょうか。

転倒した場合はどうすればいいのか

高齢者の方は転倒しても、痛みを感じなかったり、話したがらなかったりすることがあります。もし転倒していたら、どのように転んで、どこを打ったのか、痛みはあるかなど状況を聞き出して、医師に相談することが大切です。
捻挫や骨折が疑われる場合には、傘や杖、雑誌といった身近にあるもので「添え木」をして患部を固定することで、痛みや出血を抑えることができます。

有効な転倒防止策とは?


・自宅内のバリアフリー化
費用はどうしても掛かってしまいますが、自宅の住宅改修は効果的な対策の一つです。
手すりの設置や、段差の解消など自宅における抜本的な改修が必要な際には活用してみてもいいかもしれません。

・転倒防止グッズ
手軽な転倒防止グッズとしておすすめなのが、「転倒防止くつした」です。つま先がひっぱられ上がりやすくなっており、つまずくのを防いでくれる商品です。

・スリッパを履かない
脱げやすいスリッパを履くと転倒の危険性が高まります。
スリッパを履いてしまうと段差に気づきにくくなり、つまづきやすくなります。

・整理整頓を心掛ける
先ほど、自宅で転倒しやすい場所の一つに居間が挙げられるとご紹介しました。
原因は散らばった雑誌や新聞・電源コードなどです。
普段から整理整頓を心掛ければ、転倒のリスクを軽減できます。

・日頃のこまめな運動・筋力向上
筋力が落ちると、歩く際に足を引きずりがちになってしまいます。
その癖がついてしまうと、小さな段差にもつまづきやすくなり、転倒の危険性が高まります。
日頃からこまめな運動により筋力の維持・向上を心掛けるといいかもしれません。

転倒を防止する安全な環境づくりを

転倒防止グッズは、手軽に試すことができとても便利ですが、あくまでも補助的役割ですので、過信は禁物です。身に着けるのがおっくうになってしまっては効果も得られませんので、着脱しやすいことも選ぶポイントです。
転倒防止には、グッズを利用するとともに、筋力トレーニングや関節可動域トレーニングなどを含めた適度な運動や、転倒しない環境づくりが大切です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人との思い出は時間が経っても、それぞれの人生に大きな影響を与えることが多いのではないでしょうか。 死別直後の方や、何年も時間が経った方、それぞれが抱える喜びや悲しみを“死別”という体験をした者同士が安心して語り合える場所があります。 ハワイ生まれのNPO法人ハワイ日本語グリーフケア協会(通称:HUG Hawaii/ハグハワイ)です。 今回は、それぞれの思いを尊重してサポートしあう場を提供する、HUG Hawaii(ハグハワイ)東京ファシリテーターの内宮美知子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る
  • コレで安心!要介護の家族が入院・転院した時によくある悩みまとめ
    コレで安心!要介護の家族が入院・転院した時によくある悩みまとめ
    大切な家族が入院したら、どうしていいか分からないなんてこと多いですよね。 家族が要介護状態になったときに、困ることや転院の必要性などなど思いもよらないことが起きることもあるかもしれません。 いざ起きてしまってから右往左往するのは避けたいですね。 そのようなときにすぐに対処できるように知っておかなくてはいけないことがあります。
    記事を見る
  • 限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    現在の日本は、全人口の約13%が75歳以上の後期高齢者という超高齢社会を迎えています。その結果、大きな社会問題になっているのが介護の問題です。長年に渡る身内の介護の結果、体力的及び精神的に追い詰められて、不幸な事件に結びついている例も少なくありません。そのような事態を回避するために何を行うべきなのか、そのコツをご紹介します。
    記事を見る
  • 元気なうちに話しておくべき『親の老後』
    元気なうちに話しておくべき『親の老後』
    親が65歳になり定年を迎え、年齢の上では高齢者でも、実際の65歳はまだまだ元気!老後という感覚でない方も多いはず。元気なうちだからこそ、老後について話し合ってみませんか?
    記事を見る