null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

今すぐ出来る!高齢者の転倒防止対策まとめ(自宅編)

転倒による骨折・ケガから介護が必要になる人は少なくありません。あらかじめ転倒しないような工夫が必要です。今回は今から実践できる転倒防止対策をご紹介します。

高齢者が転倒することのリスクとは?

高齢者が要介護状態になる原因の約1割が、転倒であると言われています。自宅で暮らしていて、年に1回以上転倒する高齢者は約3分の1です。そのほとんどが室内での転倒だということがわかっています。
骨が弱くなりがちな高齢者は、転倒すれば骨折する確率が高く、歩けないことがきっかけで運動能力や気力の低下を招き、寝たきりになってしまうことがあるのです。
では、なぜ高齢者はこれほどまでに転倒してしまうのでしょうか。医学的には、転倒することは正常なことではありません。視力、聴覚、触覚や関節の可動域、バランス感覚、薬の副作用によるふらつきなどさまざまな要因が組み合わさっています。認知症の方も転倒しやすい傾向にあります。

自宅で転倒しやすい場所


・居間
意外かもしれませんが、自宅における転倒が多い場所の一つです。
普段意識しない小さな段差や、カーペットの端のめくれ、気付きにくい電源コード、散らばった雑誌、新聞などが原因で転倒が起きてしまいます。

・玄関
靴を履いたり、脱いだりすることに加え、段差があるため非常に転倒が起きやすい場所です。

・浴室
特に浴槽をまたぐ場合には注意が必要です。
あまりにも不安な時は、浴槽を持ち込む訪問入浴やヘルパーの手を借りながら入浴を行う訪問介護などの介護保険サービスがあります。
こちらのサービスを活用するのも一つの手ではないでしょうか。

転倒した場合はどうすればいいのか

高齢者の方は転倒しても、痛みを感じなかったり、話したがらなかったりすることがあります。もし転倒していたら、どのように転んで、どこを打ったのか、痛みはあるかなど状況を聞き出して、医師に相談することが大切です。
捻挫や骨折が疑われる場合には、傘や杖、雑誌といった身近にあるもので「添え木」をして患部を固定することで、痛みや出血を抑えることができます。

有効な転倒防止策とは?


・自宅内のバリアフリー化
費用はどうしても掛かってしまいますが、自宅の住宅改修は効果的な対策の一つです。
手すりの設置や、段差の解消など自宅における抜本的な改修が必要な際には活用してみてもいいかもしれません。

・転倒防止グッズ
手軽な転倒防止グッズとしておすすめなのが、「転倒防止くつした」です。つま先がひっぱられ上がりやすくなっており、つまずくのを防いでくれる商品です。

・スリッパを履かない
脱げやすいスリッパを履くと転倒の危険性が高まります。
スリッパを履いてしまうと段差に気づきにくくなり、つまづきやすくなります。

・整理整頓を心掛ける
先ほど、自宅で転倒しやすい場所の一つに居間が挙げられるとご紹介しました。
原因は散らばった雑誌や新聞・電源コードなどです。
普段から整理整頓を心掛ければ、転倒のリスクを軽減できます。

・日頃のこまめな運動・筋力向上
筋力が落ちると、歩く際に足を引きずりがちになってしまいます。
その癖がついてしまうと、小さな段差にもつまづきやすくなり、転倒の危険性が高まります。
日頃からこまめな運動により筋力の維持・向上を心掛けるといいかもしれません。

転倒を防止する安全な環境づくりを

転倒防止グッズは、手軽に試すことができとても便利ですが、あくまでも補助的役割ですので、過信は禁物です。身に着けるのがおっくうになってしまっては効果も得られませんので、着脱しやすいことも選ぶポイントです。
転倒防止には、グッズを利用するとともに、筋力トレーニングや関節可動域トレーニングなどを含めた適度な運動や、転倒しない環境づくりが大切です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    2017年6月に公表された厚生労働省「保険医療2035」での提言では、当年の「総合診療医」資格化に向けて、質の担保・人材育成、地域主体の保険医療再編の重要性等に関するレポートが発表されました。 今回は「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生に「解決できない苦しみ」といかに向き合うか、お話を伺いました。 「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。
    記事を見る
  • 自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?
    自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?
    超高齢化社会が進む現在、自宅で最期を迎えたいと考える人が増えています。しかしひとり暮らしの高齢者も多く、家族は今まで誰かを看取ったという経験がなく、戸惑うことも少なくありません。そこで今回はその強力な助っ人となる看取り寄り添いナースについてまとめてみました。
    記事を見る
  • 認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    アルツハイマー型認知症の症状の一つに失認や失行などの見当識障害があります。これは、例えば今日の日付が分からなくなってしまったり、アナログ式の時計が読めなくなるなどです。今回は認知症で時計が読めなくなった場合の対処法をまとめました。
    記事を見る
  • “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    排泄は高齢者にとって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)や尊厳に関わる非常に重要な要素です。排泄ケアが必要になると、在宅生活の継続が困難になるケースも多く、未病ケアや自立支援の発展に期待が寄せられています。 また、平成25年度国民生活基礎調査による便秘人口分布によると、60代から男女共に便秘の有訴者数が増えています。 今回は、自分で腸のケアができるようになる「セルフ腸ほぐし」の指導にも力を入れている、腸律セラピーサロンセラピーエ代表の小澤かおりさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 動脈硬化を予防!食事で注意すべきポイントをご紹介
    動脈硬化を予防!食事で注意すべきポイントをご紹介
    動脈硬化は血管の老化現象とも呼ばれます。血管は普段目に見えない部分ですので、意識することは少ないかもしれません。しかし、血管も確実に老化現象が進んでいるのです。今回は血管年齢を若返らせることができる方法をご紹介します。
    記事を見る