null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

こんな時はどうすれば?よくある認知症の対応具体例

認知症となると、生活のあらゆるところに支障が生まれてきます。暮らしの中の小さな困難はもちろんですが、場合によっては命が危険な状況に陥ることもあります。本人も困ることが多くなりますが、家族や周りの人がどのように対応して支えていくかという事も重要です。どのような対応をしていくべきか具体例を通して考えていきましょう。

時計が読めなくなった時の対処法

時計が読めなくなるということは認知症になるとよく見られます。時計が読めないというだけではなく、時間の感覚を失ってしまうことによって時間を問わずに行動してしまうなどといった重大な問題につながることもあります。

視力の低下アナログ時計で時間が把握しにくいということであれば、大きな文字のデジタル時計に変えるということで効果があったケースがあります。慣れるまで一緒に時間を確認すると時計を認識しやすくなるでしょう。

時計を読めなくなったと本人が気にしすぎてしまうと自信を失うことにもつながりますので、あまり強く指摘しないようにするのがポイントです。時計で時間が把握できないなら、周りの人が声掛けをして時間の感覚を持たせるようにしていくと良いでしょう。

冷暖房スイッチの入れ間違い

高齢になると生活に利用する機器の扱いにも不安が出てきます。特に冷暖房のスイッチを入れ間違え、熱中症になるケースも多くなっています。酷暑から冷房の利用が必須となっていますから、この点にも対応していく必要があります。多機能のエアコンなどはボタンが多く間違えやすいということがあります。利用するボタンが目立つように目印を付けるなど工夫をしてみましょう。場合によっては季節に応じて使わない器具のリモコンをしまっておくということも有効です。

洗濯機などの身近な器具でも扱いが難しいことがあります。間違えると怪我などの原因になりますから、手順が分かりにくいものなどは押す順番に数字を付けておくなど分かりやすくしておくことが大切です。

認知症の見守り・家族に出来ること

認知症の症状として、徘徊があります。知らない場所に行ってしまい帰ってこられなくなるほか、交通事故などに巻き込まれる恐れがあります。線路に立ち入って列車事故をおこし、多額の賠償金を請求されるケースもあります。

自ら車を運転する認知症高齢者の場合、他の人にけがをさせることもあるのです。そのため、家族の見守りが重要になります。一緒についていられないならば鍵を二重にかけて外に出にくくしたり、玄関などにセンサーを付けて出て行ったことを分かりやすくするということができます。GPS付きの機器を持たせ、居場所を把握しやすくすることもできるでしょう。車の場合は、認知症が疑われる状況になったら返納を勧めるなどということも安全のために重要です。

バリデーション

どうしても認知症の高齢者に対してつらく当たってしまうことがあります。親などこれまで尊敬してきた人が普通に出来ていたことが出来なくなっていくということは家族としても信じたくないことで、それを責めてしまうという気持ちは仕方ないものでもあります。しかしそれでは高齢者もつらいですし、責めてしまう家族もつらくなります。

そこで取り入れたいのがバリデーションという考え方です。認知症の人の行動を責めるのではなく、まずはそのまま受け入れるという形です。理不尽なことを言われたときにも、まずはおうむ返しのように相手の話を受け止める形で繰り返すとぶつかることが少なくなります。目線を合わせて優しい口調で話すということも効果的です。このように、ワンクッションおいて向き合おうとすることで介護する側の気持ちも少し落ち着くのではないでしょうか。

まとめ

認知症の方への対応は難しいものです。理解しがたい行動や、思い通りにならないことが次々に起こり、介護する家族も疲弊しやすくなります。まずは高齢者の気持ちを受け止め、できる範囲で見守るということを意識してみましょう。どうしてもできない部分については、GPSやセンサーといった機器を利用するのも大きな助けとなります。自分たちだけで対処しようとせず、地域の人々に理解をしてもらうことや介護サービスに助けを求めるなども介護を継続していくための大きなポイントになります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 特別養護老人ホームの待機問題・入れない場合はどうなるの?
    特別養護老人ホームの待機問題・入れない場合はどうなるの?
    全国に52万人にも上ると言われる待機老人。その数は待機児童の約25倍の数に相当します。これほど多くの介護を必要とする高齢者が、さらに今後増えていくだろうと予想もされています。では、ご両親が特養にもし入れなかった場合は?対応をまとめました。
    記事を見る
  • 【関東】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【関東】車椅子で行けるお花見スポット3選
    東京では先週桜が開花し、本格的なお花見シーズンが到来しました。今回は、ご家族と一緒に車椅子の方もい楽しめるバリアフリー化が特徴のお花見スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    高齢になり運動機能が低下すると「転倒」による怪我が、寝たきり状態のキッカケになる危険性があります。 『平成27年版高齢社会白書』では、「骨折・転倒」が要介護になった主な原因の12.2%を占め、特に女性は15.4%で男性の6%を大きく上回っています。 重症化リスクを予防するためには、無理なく運動できる「ストレッチ」がオススメです。 今回は『ミスユニバースさいたま2017』の育成・指導を始め、多くのモデル指導の経験を活かし、独自の高齢者向けストレッチを提案する「魅ボディ研究所」代表の比嘉美佐子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。 本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    毎日利用するのに介護保険の対象にはならず、大きな荷物になるため買い物も大変、そんな頭を悩ませる存在の介護用おむつ。きちんと制度やサービスを利用してできるだけ負担を軽減できるようにしたいものです。今回は介護用おむつの意外と知られていない節約術をご紹介します。
    記事を見る