null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

これだけ知っておけば安心!介護の臭い対策集

家族に介護が必要になった場合、まず問題となるのが臭いの対策です。介護に慣れないうちは、毎日行うことになる排泄物の処理とその臭いにどう対応すればいいのか頭を悩ませる方も少なくありません。さらに排泄物以外にも、介護スペースには様々な臭いが充満します。介護する側も介護される側にとっても、この臭いは気が滅入るだけでなく衛生的にも問題があります。そのため早急に解決し、改善する必要があります。長い時間を過ごすスペースだからこそ、臭いの対策は万全にしておきたいものです。介護をはじめる際に、知っておきたい臭いの原因とその対策方法についてまとめました。

臭いの原因とは?

介護スペースに発生する臭いの原因には、大きく分けて体臭排泄にまつわる臭いに分けられます。体臭の原因は加齢臭、老人臭と呼ばれるもので、加齢によって新陳代謝が落ち、体から出る分泌物が酸化することで発生する臭いです。そしてもう一つは排泄にまつわる臭いです。排泄物そのものが発する臭いと、排泄物を適切に処理できなかったことによる臭い、またトイレに間に合わなかったときの尿漏れによる臭いなどがあります。

高齢者の場合は、持病や食生活によっても、排泄物の臭いに違いがあります。さらに排泄物が漏れ出していても、臭いがすぐに発生しないため、あちこちに臭いが染みつき取れなくなっている場合があります。また介護される側の障害の程度によっては、すぐにトイレにいけるよう介護スペースにポータブルトイレを設置していることがあり、このトイレ自体が臭いの原因となっていることがあります。

排泄介助の場所をトイレ以外にも設ける

排泄介助をする際に、臭い対策も一緒に行うことで、臭いを軽減することが出来ます。自分でトイレに行くことが出来る場合でも、トイレまで間に合わない場合はトイレの近くに介護スペースを作る、また介護スペースにポータブルトイレを設置するといった対策が必要になります。

ただしトイレの問題はデリケートなため、介護する側の都合だけでなく、介護される側も納得した上で、双方が納得出来る形にすることが大切です。おむつをすると介護側は介護が楽になりますが、介護される側は自分で排泄が出来なくなったことを気に病み、痴呆が進む場合もあります。

また部屋で排泄介護をする場合やポータブルトイレを使用する際には、排泄物は空気に触れないようすぐビニール袋に入れる、使用済みのおむつは臭いが漏れないように何重にも包むといった対策が必要です。同時に下着や寝間着を交換することで臭いを軽減することが出来ます。

介護スペースにこもる臭いはエタノールや換気を

介護スペースにこもりやすい臭いを、毎日の介護と共に軽減する方法として、毎日換気をする床や畳をエタノールで消毒する方法があります。さらにポータブル用の消臭剤や、スプレーによる介護用消臭剤を使うことで、臭いを軽減することが出来ます。尿の臭いの元であるアンモニア成分を分解し、除菌も出来る消毒用エタノールは、薬局で安価で購入することが可能なので、毎日の掃除に取り入れるだけで介護スペースの臭いを解決出来ます。

また介護スペースは食事も取るスペースなので、食べ物の臭いも残りがちです。朝窓を開けて換気をするだけでも床や壁の臭いが減ります。これに加え、洗濯が出来ない椅子やベッドなどに消臭スプレーを使用することで快適に過ごすことが出来ます。

神経質になりすぎずに、プロに任せても

臭い対策を全部介護する側がやろうとすることは、体力的にも精神的にもかなりの負担となります。また臭い対策に神経質になるあまり、介護される側が気を遣ってしまい、食事や水分補給を遠慮したり、排泄が上手く出来なくなる場合もあります。

このようなときには、無理をせずプロの手を借りましょう。介護サービスを利用して、入浴や清拭をお願いしたり、トイレの掃除をプロにお願いすることで染みついた臭いを取ることも可能です。また、シーツに臭いが染みついている場合もよくあるので、シーツ交換サービスをうまく利用するのもひとつの手です。月額でも1000円以下などとそれほど高くないのでおすすめです。

介護する側は様々な介護を一人で行うことになるため、身体的にも精神的にも負担が大きく、また臭いの問題も悩みつつ一人ではどうすることも出来ないまま後回しにしがちです。臭い対策のグッズや介護用具などは新しいものが次々と出ています。介護のプロにアドバイスをもらいながら、適切な臭い対策をしていきましょう。

まとめ

介護スペースは閉じられた空間になりやすく、そのため臭いが気になっても毎日の介護に追われて対策が後回しになりがちです。また臭いが気になってケアがおろそかになると、それが悪循環となる場合もあります。排泄介護はやりがいが感じにくいだけでなく、嫌悪感が先に立ってしまいがちです。しかし適切な処理をすれば臭いが軽減されるだけでなく、介護する側もされる側も気持ちよく対応することが出来ます。介護に疲れてしまわないよう、プロなど第三者の手も借りながら、介護スペースを快適な空間へと変えていきましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    女性が多いと思われがちな介護ですが、介護者のうち約3分の1は男性だということが分かっています。そして男性介護者による介護殺人、無理心中なども多く報告されるようになっています。なぜ男性は、このような事件を起こしやすいのでしょうか。今回は男性介護者をめぐる現状と、相談先を紹介します。
    記事を見る
  • 地域での孤独死防止のために自分たちが出来ること
    地域での孤独死防止のために自分たちが出来ること
    高齢者の増加に伴い、孤独死の件数も増加しています。孤独死を防止するために、地域では見守りサービスなどが整えられつつあります。また、孤独死を防ぐためには、食事に対する配慮、すなわち孤食をなくすことも重要です。今回は孤独死の実情や対策を紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】
    楽しいGWもそろそろ間近。しかし、車椅子だと出かけるのにも一苦労、ということもあります。そこで、車椅子でも出かけられるおすすめスポットを、中国・四国地方でピックアップしてみました。バリアフリー対応で、ご家族みなさんで出かけられる安心のスポットです。
    記事を見る
  • 認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症を問題と定義するのではなく、認知症になっても生きやすい社会をつくろうとしている企業があります。認知症を体験できる「VR(※1)認知症プロジェクト」に取り組んでいる株式会社シルバーウッド。高齢者住宅の運営から、テクノロジーを用いたアプローチまで幅広く事業を展開しており、現在、注目を浴びています。今回は代表取締役下河原忠道様にお話を伺いました。
    記事を見る