null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

これだけ知っておけば安心!介護の臭い対策集

家族に介護が必要になった場合、まず問題となるのが臭いの対策です。介護に慣れないうちは、毎日行うことになる排泄物の処理とその臭いにどう対応すればいいのか頭を悩ませる方も少なくありません。さらに排泄物以外にも、介護スペースには様々な臭いが充満します。介護する側も介護される側にとっても、この臭いは気が滅入るだけでなく衛生的にも問題があります。そのため早急に解決し、改善する必要があります。長い時間を過ごすスペースだからこそ、臭いの対策は万全にしておきたいものです。介護をはじめる際に、知っておきたい臭いの原因とその対策方法についてまとめました。

臭いの原因とは?

介護スペースに発生する臭いの原因には、大きく分けて体臭排泄にまつわる臭いに分けられます。体臭の原因は加齢臭、老人臭と呼ばれるもので、加齢によって新陳代謝が落ち、体から出る分泌物が酸化することで発生する臭いです。そしてもう一つは排泄にまつわる臭いです。排泄物そのものが発する臭いと、排泄物を適切に処理できなかったことによる臭い、またトイレに間に合わなかったときの尿漏れによる臭いなどがあります。

高齢者の場合は、持病や食生活によっても、排泄物の臭いに違いがあります。さらに排泄物が漏れ出していても、臭いがすぐに発生しないため、あちこちに臭いが染みつき取れなくなっている場合があります。また介護される側の障害の程度によっては、すぐにトイレにいけるよう介護スペースにポータブルトイレを設置していることがあり、このトイレ自体が臭いの原因となっていることがあります。

排泄介助の場所をトイレ以外にも設ける

排泄介助をする際に、臭い対策も一緒に行うことで、臭いを軽減することが出来ます。自分でトイレに行くことが出来る場合でも、トイレまで間に合わない場合はトイレの近くに介護スペースを作る、また介護スペースにポータブルトイレを設置するといった対策が必要になります。

ただしトイレの問題はデリケートなため、介護する側の都合だけでなく、介護される側も納得した上で、双方が納得出来る形にすることが大切です。おむつをすると介護側は介護が楽になりますが、介護される側は自分で排泄が出来なくなったことを気に病み、痴呆が進む場合もあります。

また部屋で排泄介護をする場合やポータブルトイレを使用する際には、排泄物は空気に触れないようすぐビニール袋に入れる、使用済みのおむつは臭いが漏れないように何重にも包むといった対策が必要です。同時に下着や寝間着を交換することで臭いを軽減することが出来ます。

介護スペースにこもる臭いはエタノールや換気を

介護スペースにこもりやすい臭いを、毎日の介護と共に軽減する方法として、毎日換気をする床や畳をエタノールで消毒する方法があります。さらにポータブル用の消臭剤や、スプレーによる介護用消臭剤を使うことで、臭いを軽減することが出来ます。尿の臭いの元であるアンモニア成分を分解し、除菌も出来る消毒用エタノールは、薬局で安価で購入することが可能なので、毎日の掃除に取り入れるだけで介護スペースの臭いを解決出来ます。

また介護スペースは食事も取るスペースなので、食べ物の臭いも残りがちです。朝窓を開けて換気をするだけでも床や壁の臭いが減ります。これに加え、洗濯が出来ない椅子やベッドなどに消臭スプレーを使用することで快適に過ごすことが出来ます。

神経質になりすぎずに、プロに任せても

臭い対策を全部介護する側がやろうとすることは、体力的にも精神的にもかなりの負担となります。また臭い対策に神経質になるあまり、介護される側が気を遣ってしまい、食事や水分補給を遠慮したり、排泄が上手く出来なくなる場合もあります。

このようなときには、無理をせずプロの手を借りましょう。介護サービスを利用して、入浴や清拭をお願いしたり、トイレの掃除をプロにお願いすることで染みついた臭いを取ることも可能です。また、シーツに臭いが染みついている場合もよくあるので、シーツ交換サービスをうまく利用するのもひとつの手です。月額でも1000円以下などとそれほど高くないのでおすすめです。

介護する側は様々な介護を一人で行うことになるため、身体的にも精神的にも負担が大きく、また臭いの問題も悩みつつ一人ではどうすることも出来ないまま後回しにしがちです。臭い対策のグッズや介護用具などは新しいものが次々と出ています。介護のプロにアドバイスをもらいながら、適切な臭い対策をしていきましょう。

まとめ

介護スペースは閉じられた空間になりやすく、そのため臭いが気になっても毎日の介護に追われて対策が後回しになりがちです。また臭いが気になってケアがおろそかになると、それが悪循環となる場合もあります。排泄介護はやりがいが感じにくいだけでなく、嫌悪感が先に立ってしまいがちです。しかし適切な処理をすれば臭いが軽減されるだけでなく、介護する側もされる側も気持ちよく対応することが出来ます。介護に疲れてしまわないよう、プロなど第三者の手も借りながら、介護スペースを快適な空間へと変えていきましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは
    高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは
    ホームシェアといえば、若者が友人や知らない人と家賃を負担しあい、一緒に暮らすというイメージがありますが、異世代ホームシェアという言葉はまだまだ認知されていません。 今回は日本でも広がりを見せつつある異世代ホームシェアについてご紹介します。
    記事を見る
  • 限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    現在の日本は、全人口の約13%が75歳以上の後期高齢者という超高齢社会を迎えています。その結果、大きな社会問題になっているのが介護の問題です。長年に渡る身内の介護の結果、体力的及び精神的に追い詰められて、不幸な事件に結びついている例も少なくありません。そのような事態を回避するために何を行うべきなのか、そのコツをご紹介します。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】
    美しい自然や歴史的遺産に恵まれた信越・北陸地方は、お出かけを楽しんでみたいエリアの1つでしょう。親御さんと一緒にのんびり散策をするのにもピッタリです。そんな信越・北陸地方には車椅子でも安心して出かけることのできるスポットが様々あります。ここでは、そのスポットの幾つかをご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子で気を付けるべき、よくあるヒヤリハットまとめ
    車椅子で気を付けるべき、よくあるヒヤリハットまとめ
    みなさんは車椅子の操作時、転倒しそうになるなどヒヤッとしたことはありませんか。今回は現役のデイサービス職員に聞いた車椅子操作時のよくあるヒヤリハットを場面別にご紹介します。日頃よく操作をする介助者のかた、これから初めて使用される方など、ぜひ操作時の参考にしてみてください。
    記事を見る