null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

ホームヘルパーにどこまで頼めるの?仕事内容から時間制限まで解説!

訪問介護サービスを利用するときは、ホームヘルパーが要介護者の身の回りの世話をします。ホームヘルパーに対して、どのような内容を、どのくらい頼めるのでしょうか。基本的な仕事内容から、介護保険制度に伴う自己負担額、意外と知らない時間制限などをご紹介します。サービス内容を理解したうえで、要介護者にとって適切な利用をしましょう。

ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーの仕事は、身体介護、生活援助、相談・助言という3つに大きく分けられます。

・身体介護
身体介護は、日常生活において自力では困難な動作を手伝うことです。たとえばトイレ介助では、排泄の手伝から排泄物の処理、清拭、トイレの掃除までを行います。また食事や着替え、入浴の手伝いなどの身体に関わることや、薬の管理、通院の付き添いなども実施します。

・生活援助
生活援助では、生活上必要な家事を手伝います。たとえば買い物や掃除、洗濯、ゴミ出しなどです。薬局へ薬を受け取りに行くことも可能です。

・相談・助言
相談・助言では、業務時間中に介護や生活のことを相談された際、対応します。

これらの支援を、ケアプランに書かれた内容をもとに行っていきます。

ホームヘルパーにどこまで頼める?

ホームヘルパーの仕事は身体介護、生活援助、助言・相談ですが、できることとできないことが明確に定められています。身体介護では、医療機器の準備はできますが、カテーテル洗浄など医療器具のメンテナンスはできません。また通院の付き添いはできますが、ホームヘルパーの運転で送迎したり、病院内で付き添ったり、医師と症状についてやりとりすることはできません。買い物や銀行など日常生活に必要な外出の付き添いはできますが、散歩や雑談に付き合うことはできません。生活援助では、利用者に対するサービスのみで、その家族は対象としていません。したがって食事の用意や買い物も、利用者の生活に必要な範囲のみです。デパートなど、娯楽目的に買い物には、代理で行ったり付き添ったりすることはできません。またペットの散歩も対象外です。

ホームヘルパーの時間制限

ホームヘルパーには、時間制限が存在します。訪問介護は公的保険によるサービスのため、多くの人が平等に受けられるよう、時間が決まっているのです。介護保険、医療保険から訪問介護を利用できますが、この2種類によって時間に差があります。介護保険では、最小20分未満から、最大90分未満まで、4段階の中から選択可能です。介護認定の段階に応じて上限が定められています。

一方医療保険でも、1回最大90分まで訪問介護を利用できます。時間制限は、どの介護事業所でもほぼ同じく設けられています。これは、90分を超えたサービスには介護報酬が発生しないことが1つの要因になっているからです。これ以上の介護を受けるためには、全額自費負担でホームヘルパーを依頼する必要があります。

自己負担金額の目安とは?

介護保険制度は、介護サービスの費用の一部のみを自己負担する制度で、要介護者を社会全体で支えようという目的があります。基本的には費用の1割負担で、一定以上の所得がある場合は2割負担になります。介護認定の段階によって、1か月に利用可能な支給限度額が異なります。したがって限度額以上のサービスを受ける際は、差額を自己負担する必要があります。

自己負担額は地域によって差がありますが、1割負担の場合、1か月の目安は次のようになります。要支援1では約5千円、要支援2では約1万円、要介護1では約1万6千円、要介護2では約2万円、要介護3では約2万7千円、要介護4では約3万円、要介護5では約3万6千円です。この自己負担額内では、訪問介護は週3回、訪問看護は週1回、デイサービスは週3回程度利用可能です。もしサービス利用が限度額を超えた場合は、この負担金に差額分が増額されていきます。

まとめ

ホームヘルパーを依頼する際、ホームヘルパーにできないことがある点、時間制限がある点は念頭に入れておく必要があります。ケアプランを作成する際に、要介護者の現状と要望をしっかり伝え、認識のずれをなくしておくことが大切です。また要介護度に応じて、介護における自己負担額が異なっています。介護状況に応じた要介護認定を受けること、十分な資金の用意をしておくことが、充実した介護サービスを受けるためのポイントです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    アルツハイマー型認知症の症状の一つに失認や失行などの見当識障害があります。これは、例えば今日の日付が分からなくなってしまったり、アナログ式の時計が読めなくなるなどです。今回は認知症で時計が読めなくなった場合の対処法をまとめました。
    記事を見る
  • 誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    年明けが近くなり、年賀状の準備をはじめる方も多いのではないでしょうか。 手書きの手紙や葉書の価値を感じても、「字に自信がない。絵心もない」と、ためらう方も増えている印象です。 今回は、字を書ける人なら誰でも短時間で笑顔あふれる文字の書き方を習得できる「笑い文字」を全国に広げている、一般社団法人 笑い文字普及協会代表理事の廣江まさみさんにお話を伺いました。 約3年間で受講者数1.5万人(2017年春)が受講した「90分で書ける ありがとう講座」、地域限定の日本郵便とコラボした笑い文字フレーム切手(2017年12月発売)が大人気です。
    記事を見る
  • ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    「平成28年版高齢社会白書」の統計によると、「治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を迎えたいか」について「自宅」が54.6%で最も多く、次いで「病院などの医療施設」が27.7%となっています。 今回は、映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督の長谷川ひろ子さんにお話を伺いました。 長谷川さんは、ご自宅で4児の幼いお子さんと共に、ご主人を看取った記録映像を含む「みとりびと」のドキュメンタリー映画を製作されました。 この映画は2015年4月以来、2年間で180回以上もの自主上映・講演会が催され、全国に 上映の輪が広がっています。
    記事を見る
  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症を問題と定義するのではなく、認知症になっても生きやすい社会をつくろうとしている企業があります。認知症を体験できる「VR(※1)認知症プロジェクト」に取り組んでいる株式会社シルバーウッド。高齢者住宅の運営から、テクノロジーを用いたアプローチまで幅広く事業を展開しており、現在、注目を浴びています。今回は代表取締役下河原忠道様にお話を伺いました。
    記事を見る