null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?

通常、自宅に居ながら介護サービスを受ける場合、訪問介護のヘルパー・デイサービスのスタッフなど関わる人はそれぞれ違い、ストレスを感じる高齢者もいます。小規模多機能型居宅介護ではどんな介護サービスも一つの施設のスタッフから受けることができます。

おなじ施設からさまざまなサポートを受けられる安心

小規模多機能型居宅介護では、通い(デイサービス)を中心に、訪問(訪問介護)、泊まり(ショートステイ)の3つのサービスを、一つの施設から受けられます。いつも同じ慣れた場所で、なじみのスタッフからサポートを受けられるため、変化を好まない高齢者の方も違和感なく利用できます。

定員があることに注意

どのサービスをどの程度利用するかは、そのときどきの利用者の状態に応じて、施設の担当ケアマネジャーと相談しながら決めます。ただし、小規模多機能型居宅介護には定員があります。一施設の登録人数は25名まで、デイサービスは一日15名以下、泊まりは一日9名以下といった具合です。そのため、定員を超えた場合には希望のサービスを利用できない場合もあることに注意が必要です。

小規模多機能型居宅介護のメリット、デメリット

小規模多機能型居宅介護のメリットは、3種類の介護サービスを同じ施設からまとめて受けられる便利さのほか、少人数制で利用者同士の交流が生まれやすい点もあげられます。また、利用料が月額定額制なので、利用回数が少ない方には割高となるものの、費用がふくらむ心配がないこともメリットの一つでしょう。さらに、通いは日中、泊まりは夜間といった決まりはありますが、24時間年中無休でサポートを受けられることも大きな利点です。ただし、一部のサービスだけが気に入らなくても、そこだけ他の施設を利用することはできません。

在宅介護における理想のかたちを目指して

国が介護について施設よりも在宅に重きを置きつつあるなか、2006年の介護保険制度改正にともない、介護が必要となった高齢者の方も、住みなれた家や地域を離れず、できるかぎり自立して暮らすことができるよう小規模多機能型居宅介護がスタートしました。地域密着型のサービスの為、施設のある自治体に住民票があることが入所の条件となっています。

自宅で暮らし続けることの幸せ

小規模多機能型居宅介護は、利用者の容態や希望に合わせて柔軟に利用内容を選べます。ですから、利用者にとっても、その家族にとっても自由度が高く、受け入れやすいサービスといえるでしょう。認知症であっても、中重度の障害があっても、住み慣れた自宅で暮らしつづけられることは大きな安心につながります。小規模多機能型居宅介護は、今後も注目を集めていくでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • みんなどう思ってる?自分の老後についての意識調査
    みんなどう思ってる?自分の老後についての意識調査
    みなさんは自分の老後や介護について心配になったり不安になったりしたことはありますか。今回は中年の男女に聞いた「老後の生活に関する意識調査」の内容をまとめました。
    記事を見る
  • 介護予防にも!高齢者のおすすめ外出スポット7選!
    介護予防にも!高齢者のおすすめ外出スポット7選!
    高齢になると、若い頃より活動範囲が狭まってしまうことがあります。しかし最近では、高齢者向けの映画、カラオケ、ゲームセンターなどの娯楽サービスが多様に展開されています。高齢者の外出や娯楽は介護予防にもつながり、好影響をもたらします。今回は、気軽に利用できる外出スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    「平成28年版高齢社会白書」の統計によると、「治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を迎えたいか」について「自宅」が54.6%で最も多く、次いで「病院などの医療施設」が27.7%となっています。 今回は、映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督の長谷川ひろ子さんにお話を伺いました。 長谷川さんは、ご自宅で4児の幼いお子さんと共に、ご主人を看取った記録映像を含む「みとりびと」のドキュメンタリー映画を製作されました。 この映画は2015年4月以来、2年間で180回以上もの自主上映・講演会が催され、全国に 上映の輪が広がっています。
    記事を見る
  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る