null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?

通常、自宅に居ながら介護サービスを受ける場合、訪問介護のヘルパー・デイサービスのスタッフなど関わる人はそれぞれ違い、ストレスを感じる高齢者もいます。小規模多機能型居宅介護ではどんな介護サービスも一つの施設のスタッフから受けることができます。

おなじ施設からさまざまなサポートを受けられる安心

小規模多機能型居宅介護では、通い(デイサービス)を中心に、訪問(訪問介護)、泊まり(ショートステイ)の3つのサービスを、一つの施設から受けられます。いつも同じ慣れた場所で、なじみのスタッフからサポートを受けられるため、変化を好まない高齢者の方も違和感なく利用できます。

定員があることに注意

どのサービスをどの程度利用するかは、そのときどきの利用者の状態に応じて、施設の担当ケアマネジャーと相談しながら決めます。ただし、小規模多機能型居宅介護には定員があります。一施設の登録人数は25名まで、デイサービスは一日15名以下、泊まりは一日9名以下といった具合です。そのため、定員を超えた場合には希望のサービスを利用できない場合もあることに注意が必要です。

小規模多機能型居宅介護のメリット、デメリット

小規模多機能型居宅介護のメリットは、3種類の介護サービスを同じ施設からまとめて受けられる便利さのほか、少人数制で利用者同士の交流が生まれやすい点もあげられます。また、利用料が月額定額制なので、利用回数が少ない方には割高となるものの、費用がふくらむ心配がないこともメリットの一つでしょう。さらに、通いは日中、泊まりは夜間といった決まりはありますが、24時間年中無休でサポートを受けられることも大きな利点です。ただし、一部のサービスだけが気に入らなくても、そこだけ他の施設を利用することはできません。

在宅介護における理想のかたちを目指して

国が介護について施設よりも在宅に重きを置きつつあるなか、2006年の介護保険制度改正にともない、介護が必要となった高齢者の方も、住みなれた家や地域を離れず、できるかぎり自立して暮らすことができるよう小規模多機能型居宅介護がスタートしました。地域密着型のサービスの為、施設のある自治体に住民票があることが入所の条件となっています。

自宅で暮らし続けることの幸せ

小規模多機能型居宅介護は、利用者の容態や希望に合わせて柔軟に利用内容を選べます。ですから、利用者にとっても、その家族にとっても自由度が高く、受け入れやすいサービスといえるでしょう。認知症であっても、中重度の障害があっても、住み慣れた自宅で暮らしつづけられることは大きな安心につながります。小規模多機能型居宅介護は、今後も注目を集めていくでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    高齢者は外出が難しくなることが多くなります。そのため、若いころなら普通にできていたことが困難になるというケースも出てきます。家に閉じこもりがちになり他人と触れ合う機会も少なくなり、生きがい等も失われていきます。こうしたときに訪問サービスが暮らしの質を高める役に立つのです。
    記事を見る
  • こんな時はどうすれば?よくある認知症の対応具体例
    こんな時はどうすれば?よくある認知症の対応具体例
    認知症となると、生活のあらゆるところに支障が生まれてきます。暮らしの中の小さな困難はもちろんですが、場合によっては命が危険な状況に陥ることもあります。本人も困ることが多くなりますが、家族や周りの人がどのように対応して支えていくかという事も重要です。どのような対応をしていくべきか具体例を通して考えていきましょう。
    記事を見る
  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    介護資金は、要介護度が重度であればあるほど、利用者やその家族にとって大きな負担となります。しかし、要介護者が自立して生活していくことができれば、介護にかかる自己負担は減ります。そこで和光市が力を入れている、要介護者の自立に繫がる取り組みについてご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。
    記事を見る