null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子でも行ける!イルミネーションスポット【関東近郊】

寒い冬は空気が澄んでイルミネーションが一層輝く季節です。心も明るくなるようなイベントに出かけませんか。車椅子でも行けるスポットをご案内します。

中山競馬場で楽しむ3Dプロジェクションマッピングの迫力映像

千葉県船橋市にある中山競馬場でのイベントです。スタンドの壁面に、最先端の3Dプロジェクションマッピング技術を使用した、スケールの大きな映像を映すショーがあります。またグランプリロードを、スターライトトレインがキラキラと走ります。車椅子対応トイレも複数あります。入場料がかかる場合もあります。"

場所 千葉県船橋市古作1−1−1
開催期間 2015年11月29日~2015年12月27日のうち土日・12月24日25日
点灯時間 土日:16:30~21:00 12月24日25日:17:00~21:00

イオンレイクタウンの巨大クリスマスツリーとイルミネーション

埼玉県越谷市の大型ショッピングモール、イオンレイクタウンでは、光と音楽を奏でるエコクリスマスツリーと、巨大クリスマスツリーの2つの大きなクリスマスツリーが見られます。両方とも買物しながら楽しめます。車椅子トイレ、駐車場あります。

場所 埼玉県越谷市 レイクタウン3-1-1
開催期間 2015年11月25日~2015年12月25日
点灯時間 営業時間内※営業時間は公式HPでご確認ください

東日本最大級の光と花のイベント~あしかがフラワーパーク フラワーファンタジー 光の花の庭~

栃木県足利市にあるあしかがフラワーパークのイルミネーションイベントは、300万個の電球を使用した東日本最大級のスケールです。これからクリスマス前にかけての展示はクリスマスファンタジー、元旦からは花ボタンとの共演を見ることができます。そのほか、光のバラ園、奇跡の大藤など花や自然、日本の四季をテーマにした展示があります。入場料があります。多目的トイレや駐車場が完備されています。園内の道は土の道なので注意が必要です。

場所 栃木県足利市迫間町607
開催期間 2015年10月24日 ~2016年2月4日
点灯時間 16:30~21:00 (土日祝は21:30まで)

事前準備と寒さ対策を万全に

なお、風邪など体調を崩しやすい時期です。お出かけの際には、寒さ対策と天候など現地の情報の下調べは万全にしていきましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【東海】【歴史】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【東海】【歴史】
    東海地方は、美味しい海の幸や山の幸、歴史的な名所に恵まれたエリア。お出かけを楽しめる場所も沢山あります。最近はバリアフリー対応の施設も増えてきているため、車椅子を利用している方でもお出かけしやすいでしょう。特にGWは気温も温かいため外出するにはぴったりではないでしょうか。そこで車椅子利用の方でも安心して利用できる、東海地方のおでかけスポットを見つけてみました。
    記事を見る
  • 【九州】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【九州】車椅子で行けるお花見スポット3選
    春は、土にも色とりどりの草花が芽吹いて、外に出るのが楽しみな季節です。 そんな春のイベントといえばお花見。お花見は、短い期間しか楽しめないからこそ、その年の思い出作りになります。今回は九州のなかから、車椅子で行っても楽しめるお花見のスポットを3か所ご紹介します。
    記事を見る
  • 介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。
    記事を見る
  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る