null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

在宅介護と施設介護のメリット・デメリットまとめ

在宅介護とは家から通所介護サービスや訪問介護サービスなどの在宅介護サービスを利用すること言います。一方で施設介護とは特養や有料老人ホームなど施設に移住し介護サービスを受けたり生活をすることです。今回は両方のメリット・デメリットをまとめてみました。

介護するということ

どんな人でも病気になる可能性がありますし、必ず老いはやってきます。家族構成によって、だれの介護をするのか、だれに介護をされるのかの違いはありますが、できれば介護は双方にとってつらいものではなく、幸せな時間であってほしいものです。介護に向き合っている方、これから向き合う方に在宅介護と施設介護によるそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

在宅介護のメリット

家で家族の介護をしたいと望む方は少なくありません。在宅介護の一番のメリットは、住みなれた場所で費用をあまりかけず介護できるというところでしょう。介護される人の安心感にもつながります。介護する側の人は自分が面倒を見ていることで、社会的な偏見が気にならず後ろめたい気持ちが芽生えにくいといえます。

在宅介護のデメリット

家族の負担が増えます。大勢の家族が介護に参加できれば良いのですが、一人で介護をする場合精神的にも肉体的にも大きな負担がかかり共倒れになってしまう恐れがあります。在宅介護では寝たきりになりやすいというデータがあります。床ずれを防ぐため夜中に何度も向きをかえたり、認知症の方の徘徊に対応したりといった、24時間体制での世話が必要になることもあるため、様々な場面で、素人の家族では行き届いた介護ができない可能性も出てきます。介護による家族のうつや、離職も増えています。

施設介護のメリット

家族に精神的、肉体的な負担がかかりません。設備が整っている安全な場所で、いつでもプロの介護が受けられるので、緊急時にも安心です。人と接する機会が多く、いろいろなイベントもあるので若々しくいられ、寝たきりになりにくいです。

施設介護のデメリット

高額な費用が必要になります。待機者が多い場合には希望しても入りたい施設になかなか入れないことがあります。家族と離れて暮らさなければならず、スタッフや入居者との人間関係になじめないこともあります。偏見をもつ人がいます。

介護は家族に合った方法で

在宅介護と施設介護には、それぞれメリット・デメリットがあります。どちらか一方を選ぶことも可能ですが、今は在宅で介護し訪問介護やデイサービス、ショートステイなどをうまく組み合わせて利用している人も増えています。行政やケアマネージャーなどの専門家に相談しながら、家族に合った介護方法を見つけることをお勧めします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 不要な介護サービスを提供されているかも?自分でチェックする方法
    不要な介護サービスを提供されているかも?自分でチェックする方法
    介護サービスの種類は非常に多く、必要とする人の状況に合わせて、その組み合わせも様々です。その複雑さゆえ、ケアプランの作成をケアマネージャーにすべて一任してしまいがちです。しかし、万が一不要なサービスを提供されたときにそのまま利用すると利用料金を請求されてしまいます。今回は不要な介護サービスを見極めるポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • 介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    高齢化社会を迎えて、介護とともに、介護が必要にならないように予防することが重要であるという認識が広がりを見せています。今回は介護予防に重点を置いたデイサービスについてご紹介します。
    記事を見る
  • 「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    静岡県のとあるカフェに、「死ぬこと、生きること」について学ぶ場があります。 死生学カフェでは、隔月の土曜日に30名程度の人が集まります。年代も性別も様々な人が話すテーマは「死」。 普段生活していく上で、「死ぬこと」について話す機会はなかなかないのではないでしょうか。 今回は死生学カフェの世話人代表でもある、静岡大学教授の竹之内裕文様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    ご自身は四国で現場の工事事務や収支管理などの事務職を経験。4年前、夫と同居するために本社の人事部いきいき推進室へ異動に。育児や介護との両立支援、女性・外国籍・障がい者の活躍推進、そして働き方改革を実施する部署で、仕事と介護の両立担当としてご活躍中だそうです。そんな緒方さんに、今回大成建設様の仕事と介護の両立支援について、お話を伺いました!
    記事を見る
  • ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    高齢になり運動機能が低下すると「転倒」による怪我が、寝たきり状態のキッカケになる危険性があります。 『平成27年版高齢社会白書』では、「骨折・転倒」が要介護になった主な原因の12.2%を占め、特に女性は15.4%で男性の6%を大きく上回っています。 重症化リスクを予防するためには、無理なく運動できる「ストレッチ」がオススメです。 今回は『ミスユニバースさいたま2017』の育成・指導を始め、多くのモデル指導の経験を活かし、独自の高齢者向けストレッチを提案する「魅ボディ研究所」代表の比嘉美佐子さんにお話を伺いました。
    記事を見る