null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

在宅介護と施設介護のメリット・デメリットまとめ

在宅介護とは家から通所介護サービスや訪問介護サービスなどの在宅介護サービスを利用すること言います。一方で施設介護とは特養や有料老人ホームなど施設に移住し介護サービスを受けたり生活をすることです。今回は両方のメリット・デメリットをまとめてみました。

介護するということ

どんな人でも病気になる可能性がありますし、必ず老いはやってきます。家族構成によって、だれの介護をするのか、だれに介護をされるのかの違いはありますが、できれば介護は双方にとってつらいものではなく、幸せな時間であってほしいものです。介護に向き合っている方、これから向き合う方に在宅介護と施設介護によるそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

在宅介護のメリット

家で家族の介護をしたいと望む方は少なくありません。在宅介護の一番のメリットは、住みなれた場所で費用をあまりかけず介護できるというところでしょう。介護される人の安心感にもつながります。介護する側の人は自分が面倒を見ていることで、社会的な偏見が気にならず後ろめたい気持ちが芽生えにくいといえます。

在宅介護のデメリット

家族の負担が増えます。大勢の家族が介護に参加できれば良いのですが、一人で介護をする場合精神的にも肉体的にも大きな負担がかかり共倒れになってしまう恐れがあります。在宅介護では寝たきりになりやすいというデータがあります。床ずれを防ぐため夜中に何度も向きをかえたり、認知症の方の徘徊に対応したりといった、24時間体制での世話が必要になることもあるため、様々な場面で、素人の家族では行き届いた介護ができない可能性も出てきます。介護による家族のうつや、離職も増えています。

施設介護のメリット

家族に精神的、肉体的な負担がかかりません。設備が整っている安全な場所で、いつでもプロの介護が受けられるので、緊急時にも安心です。人と接する機会が多く、いろいろなイベントもあるので若々しくいられ、寝たきりになりにくいです。

施設介護のデメリット

高額な費用が必要になります。待機者が多い場合には希望しても入りたい施設になかなか入れないことがあります。家族と離れて暮らさなければならず、スタッフや入居者との人間関係になじめないこともあります。偏見をもつ人がいます。

介護は家族に合った方法で

在宅介護と施設介護には、それぞれメリット・デメリットがあります。どちらか一方を選ぶことも可能ですが、今は在宅で介護し訪問介護やデイサービス、ショートステイなどをうまく組み合わせて利用している人も増えています。行政やケアマネージャーなどの専門家に相談しながら、家族に合った介護方法を見つけることをお勧めします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    2015年に発売され大きな話題となったソフトバンク社が開発したロボット『ペッパー君』。発売から即完売となり、さまざまなところで導入が広がってきています。今回は、介護現場での導入事例についてご紹介します。
    記事を見る
  • 『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。
    記事を見る
  • ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    アルツハイマー型認知症は、予備軍である軽度認知症からやがて発症へと至り、進行する病気です。治療で進行の抑制は可能ですが、完治はせず早期の発見が重要になります。しかし初期症状では、本人が物忘れを周囲に気付かれない様カバーする場合が多く、発見し難いのが一般的です。重症化させないためにも初期症状を家族や周囲にいる人が見落とさない様にしましょう。ここではアルツハイマー型認知症の予備軍であるMCIや、初期症状、特徴について紹介します。
    記事を見る
  • いま介護用品がおしゃれに進化している
    いま介護用品がおしゃれに進化している
    毎日の介護を楽しく行えるように、いま巷ではおしゃれな介護用品が増えてきています。今回は、機能性にもファッション性にも優れた介護用品をご紹介します。
    記事を見る