null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護予防に力を入れているデイサービス【4選】

高齢化社会を迎えて、介護とともに、介護が必要にならないように予防することが重要であるという認識が広がりを見せています。今回は介護予防に重点を置いたデイサービスについてご紹介します。

nagomi(なごみ)【全国】

「一生涯現役」を掲げて、理学療法士と共同開発した機能訓練プログラムを、専属インストラクターが指導します。15名までの少人数セミプライベートで、ヨガや椅子を使ったエクササイズなど、マシンを使わない訓練運動を中心に足腰の訓練をしてくれます。
施設ごとにアプローチ方法は異なりますが、いつまでも自立歩行ができるようにするための機能訓練がメインです。痴呆予防も考えた3時間のプログラムで、日常生活動作の訓練をしてくれます。

ジョイリハ【全国】

「スポーツクラブのようなデイサービス」をモットーにする施設です。健康チェックを行ったら準備体操とストレッチをして、さまざまなトレーニングマシンを使った運動機能訓練を行います。毎日の生活を自分の足で行えるよう工夫されており、認知症予防のための脳トレを考えた効率的なプログラムが組まれています。

GENKI NEXT【全国】

柔道整復師などのプロによる介護整体を組み込んで、寝たきりの予防をしているデイサービスです。介護予防には筋力アップが必要といっても高齢者はいきなり運動をすることができません。そこで硬くなった筋肉や関節を整体で調整してからチューブトレーニング等の機能訓練をしていきます。

トライアス西宮【兵庫県】

神戸市に本社を置くアシックスが西宮市で運営するデイサービス施設で、スポーツ事業をメインとする会社であることを強みにして、高齢者の運動機能を高める器具とプログラムを備えたデイサービス施設を運営しています。「歩く・立つ・転ばない」ことを目指して筋力アップや脳のトレーニングを行っています。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    2015年に発売され大きな話題となったソフトバンク社が開発したロボット『ペッパー君』。発売から即完売となり、さまざまなところで導入が広がってきています。今回は、介護現場での導入事例についてご紹介します。
    記事を見る
  • 大分県の70歳の男性が自らの介護経験を生かして”認知症予防カルタ”を作成
    大分県の70歳の男性が自らの介護経験を生かして”認知症予防カルタ”を作成
    認知症に対する不安は、高齢者の大きな悩みの一つではないでしょうか?何か予防策はあるのでしょうか?その予防を考えたグッズが、実体験をもとに作成されました。今回は、介護経験を活かして作成された『認知症予防カルタ』についてまとめました。
    記事を見る
  • みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。 本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる関西の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に、今回は2回に渡って近著『身軽に生きる』、30万部超ベストセラー『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。
    記事を見る