null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護保険を利用してお得に手すり設置しよう!

介護が必要でなくとも、体を思うように動かせなくなってきた高齢者にとって手すりがあることは大きな助けとなります。今回は自宅を改修して手すりを設置するノウハウについてまとめてみました。

介護保険を利用して手すりを設置

筋力低下や障害によって体を思うように動かせない方にとって、手すりは大きな助けとなります。手すりは、階段や廊下などの取りつけ場所や、立つ、歩くなどの用途によって適した種類が違います。目的に合った手すりを、適切な位置に取り付けることが重要です。また、工事には介護保険が適用され、総額の一割負担で工事が可能です。

介護保険サービスを受けるには

介護保険サービスを受けるには、要介護認定を受けるため各市区町村窓口への申請が必要です。申請後審査が行なわれ、要介護度と支給限度額が決まりますが、認定が下りるまでには約一ヶ月かかるでしょう。また、補助される住宅改修費用の上限は20万円ですが、これは一生涯にわたる総額です。何度かに分けて使うことができ、手すり以外にも段差解消や便器取り替えなどにも使えますので、状況に応じて利用しましょう。

用途に合う適切な手すりを

前述のように、手すりには用途によってさまざまな種類があります。トイレや浴室での立ち座りにはL字型手すりや波型手すり、廊下を歩くには水平手すり、体を支えるにはI型手すり、などという具合です。また、形だけでなく、高さや握りやすさ(太さ、温かさ)も重要なポイントです。設置前にサンプルを見てデモンストレーションをする、本人やケアマネージャーと相談するなどしながら、適切に取り付けましょう。

手すり設置の留意点

体重を預けるため、手すりには大きな負荷がかかります。下地補強が必要な場合が多いので、安易に自身で取りつけることはやめましょう。また、業者による施行基準のバラつきや施工不良、悪質な工事や請求などが問題視され、2014年度からは、厚生労働省発案で各自治体主体の事業者登録制度が始まっています。自治体の研修を受けた事業者が登録されており、登録業者の工事では利用者が費用の9割を立替払いする必要がありません。

暮らしやすい家へ

介護が必要になったとしても、手すりがあるだけで自力で立ち上がったり、歩いたりできる場合があります。手すりは介護される本人の自立を助ける道具でもあるのです。また、介護者の負担を減らすという点でも大きな意味があるでしょう。介護保険サービスを利用して、介護する側もされる側も、住みやすい家づくりをしてはいかがでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。
    記事を見る
  • 【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    2017年11月23日に国際ファッションセンターで日本グリーフ専門士協会主催の「哀しみをいやす講演会」が開催されました。 グリーフ(悲嘆)に寄り添う専門家5名によるスライドや映像を使った講演会、パネルディスカッションがメインコンテンツとして提供されました。 会場には、グリーフ(悲嘆)ケアを学んでいる方、興味がある方だけでなく、喪失の哀しみを抱えている方もいらっしゃいました。
    記事を見る
  • プチボランティアで介護に関わる
    プチボランティアで介護に関わる
    介護や高齢者に関わりたいと感じている若者でも現在の仕事や学業を辞めて介護業界に踏み込むことはハードルが高くなかなか実現するのは難しいものです。気軽に関わってみる方法の一つとして、NPO法人ドットファイブトーキョーが主催するプチボランティアに参加してみてはいかがでしょうか。今回は、このプチボランティアの取り組み内容についてまとめてみました。
    記事を見る
  • 不要な介護サービスを提供されているかも?自分でチェックする方法
    不要な介護サービスを提供されているかも?自分でチェックする方法
    介護サービスの種類は非常に多く、必要とする人の状況に合わせて、その組み合わせも様々です。その複雑さゆえ、ケアプランの作成をケアマネージャーにすべて一任してしまいがちです。しかし、万が一不要なサービスを提供されたときにそのまま利用すると利用料金を請求されてしまいます。今回は不要な介護サービスを見極めるポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【東北】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【東北】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる東北の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る