null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

いま介護用品がおしゃれに進化している

毎日の介護を楽しく行えるように、いま巷ではおしゃれな介護用品が増えてきています。今回は、機能性にもファッション性にも優れた介護用品をご紹介します。

体を動かさなくても着替えができるパジャマ

着せるほうも着せられるほうも楽なパジャマのポイントは、腕や肩を動かさないで着せてあげられることです。このパジャマは、片側が開いているので体をくるむように着せることができます。色柄もカラフルで長く着ていたくなるパジャマです。

イージーオン・オフ療養パジャマ

軽くて握りやすい樹脂コップ

73gととても軽い樹脂製コップです。手が当たる部分にちゃんとくぼみがあるので、弱い力でもしっかりつかむことができます。落としても割れない安心素材。きれいなピンク色のコップは介護でなくても使いたくなります。

介護用軽量おしゃれなプラスチックコップ

座布団にも使える床ずれ防止クッション

ベッドの上で座ったり、姿勢を支えるのに便利なクッションです。中身のビーズはとても柔らかいので、しっかりお尻にフィットして腰を包み込んでくれます。手をついたりしても、かかる力をビーズが吸収するので体へのあたりが優しいです。

ビーズマット円座

浴室内チェア

浴室内は転倒の危険性が高まります。椅子を使う場合にはこのチェアのように吸盤で固定できるものだと安心です。座る部分も滑り止めゴムシートなので滑りにくくなっているため、浴槽内でも使用でき浴槽が深い、座位が不安定といった場合にも使用できます。

浴槽ステップ

ファッション性の高いルーペ

いつでもどこでも物が見えやすくなる拡大鏡。キラキラのパーツが付いて華やかなルーペは、いつも身の回りに置いておきたいものの一つです。

おしゃれなLEDスライドルーペ レッドパンプス

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階であるものがあり、早期診断が重要となります。物忘れ外来では、ちょっとした物忘れが病的認知症によるものかどうかを診断し治療を行います。今回は物忘れ外来の特徴や受診のポイントについてご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関東】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関東】
    関東の紅葉は早いところでは10月上旬から見ごろを迎え、12月上旬まで楽しめます。山間部の紅葉スポットもいろいろありますが、アクセスしやすい都心部でも楽しめるところがたくさんあります。今回は、車椅子で紅葉を見ることができるおすすめスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    厚生労働省『平成26年受領行動調査(概数)の概況』によると、外来患者の診察時間は67.7%が10分未満です。 外来受診の目的は診察・治療・検査等の受診が主のため、病気に伴う日常生活の不安や詳しい治療方針、心身の影響などについては、なかなか医師にじっくり相談することは難しい状況にあると言えます。 今回は、がんに影響を受けるすべての人に専門的サポートと第二の我が家のような居場所を提供するNPO法人maggie’s tokyo(マギーズ東京センター)センター長の秋山正子さんにお話を伺いました。 マギーズ東京センターは、相談者に無料で支援を提供するためにチャリティ活動やクラウドファウンディングに積極的に挑戦し続けています。
    記事を見る
  • 【注意!】車椅子の事故・事例まとめ。事前に知っておけば予防にも!
    【注意!】車椅子の事故・事例まとめ。事前に知っておけば予防にも!
    足の不自由な人とって車椅子は非常に便利です。しかし、事故が起こることもあるので注意しなければなりません。車椅子の事故には、どのような事例があるのかを知っておくと良いでしょう。事前に知っておけば用心できるので、事故を回避しやすくなるからです。そこで今回は、車椅子に関して起こり得る事故について紹介します。
    記事を見る
  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る