null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護予防にも!?シルバー人材センターとは

定年退職後の生活は、再就職したり、趣味に没頭したりと人それぞれですが、時間を持て余していたり、仕事していないと生活に張り合いがないという方は、シルバー人材センターを利用してみてはいかがでしょうか。

シルバー人材センターとは

シルバー人材センターとは、その地域の高齢者が連携して共に働き、助け合っていくことを目指して、高齢者の就業を促進する取り組みを行っている組織です。
働く意欲や能力のある高齢者の自主的な組織への参加と、能力を発揮する場を設けることで、社会参加による生きがいや生活上の健康促進も目的としています。

シルバー人材センターの仕組み

シルバー人材センターで受けることが出来る仕事は、短期で臨時的なものです。ですから、雇用契約はもちろん、社会保険・労災保険等の適用はありません。仕事の流れは、まずシルバー人材センターが官公庁、事業所、家庭などから依頼を受け、シルバー人材センターに登録している会員へ能力や希望に合わせて仕事を委任する形になります。

シルバー人材センターの利用法

シルバー人材センターから仕事を受けるためには、まず入会手続きを行い、会員登録を行う必要があります。
会員の条件は、原則として60歳以上で健康な方、働く意欲のある方、シルバー人材センターの理念に賛同された方となっています。
入会の申し込みは、センターで入会説明を受け、希望する職種、職歴、資格免許、健康状態などを確認された後、理事会による承認を受けることで会員として登録されます。

シルバー人材センターが請け負う仕事の種類

シルバー人材センターが請け負う仕事は多岐に渡り、自動車の運転、庭木の剪定、襖や障子の張り替え、大工作業、塗装作業、軽事務、宛名書き、公園清掃、除草、農作業、家事、育児、介護など様々です。
基本的に長期の仕事や直接雇用関係が発生する仕事はありませんし、高齢者が働くという点を考慮し、危険な仕事や有害な仕事、万が一の場合に多額の損害賠償が発生する恐れのある仕事はありません。

まとめ

シルバー人材センターは、あくまで「生きがいを得るための就業」を目的としたものですから、一定した収入の保障はありません。ただ、このような活動を通して社会に参加することで、いつまでも健康で生きがいのある生活を実現し、地域での福祉向上や活性化に貢献することが出来ます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 元気なうちに話しておくべき『親の老後』
    元気なうちに話しておくべき『親の老後』
    親が65歳になり定年を迎え、年齢の上では高齢者でも、実際の65歳はまだまだ元気!老後という感覚でない方も多いはず。元気なうちだからこそ、老後について話し合ってみませんか?
    記事を見る
  • オレンジカフェを知っていますか?【埼玉県川越市の取り組み例】
    オレンジカフェを知っていますか?【埼玉県川越市の取り組み例】
    近年、自治体や介護事業者が開催する介護中の介護者・被介護者の集まりが全国に広がりを見せています。今回は、川越市が開催するオレンジカフェについて、活動目的や内容、今後の課題などについてご紹介します。
    記事を見る
  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    通常、自宅に居ながら介護サービスを受ける場合、訪問介護のヘルパー・デイサービスのスタッフなど関わる人はそれぞれ違い、ストレスを感じる高齢者もいます。小規模多機能型居宅介護ではどんな介護サービスも一つの施設のスタッフから受けることができます。
    記事を見る
  • もしかして認知症・・?不安になったらすべきこと
    もしかして認知症・・?不安になったらすべきこと
    介護の始まりは病気や怪我によるものがほとんどですが、その中でも認知症は全体の約15%を占めています。認知症もいくつかの種類に分類されますが、加齢による『物忘れ』と『認知症』の初期症状は似ており、『もしかして・・』『まさかうちの親が・・』などと思い悩む方も多いと思います。 『もしかして・・』と思ったらすべきことをまとめました。
    記事を見る