null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認認夫婦、2人で生活できる?

認知症同士の高齢者夫婦のことを認認夫婦と呼びます。高齢化、核家族化に伴いこうした認認夫婦や老老介護は増えていく一方です。今回は認認夫婦の実態についてまとめました。

11組に1組が認認夫婦

近年の高齢化や小世帯化にともない、高齢者が高齢者を介護する老老介護が珍しくないものとなりました。さらに、夫婦両者が認知症である認認夫婦も増え、認知症高齢者が同じく認知症の配偶者を介護する認認介護が増加しています。その割合は、80歳以上の高齢者夫婦の11組に1組ともいわれているのです。では、認認介護における問題点や生活のポイントはどのようなものなのでしょう。

認知症同士の生活は無理?

ただでさえ大変な入浴や食事、排泄の介助を、高齢の、しかも認知症の人がこなすのは困難です。そのため認知症同士の生活は無理と思われがちですが、どちらかが軽症の場合、近くに住む家族のサポートや訪問看護、訪問介護、ショートステイなどを利用することで生活が成り立つケースもあります。住み慣れた家で暮らすことはメンタル的にもよいでしょう。

課題の多い認認介護

ただし、認知症の度合いが進むと、サポートがあっても介護が難しくなります。実際に、火の不始末や徘徊中の事故など、認認介護の世帯で起こる問題は後を絶ちません。さらに、認知症の高齢者を狙った悪徳詐欺や介護に疲れたあげく相手に手をかけてしまうなどの事件も見られるようになってきました。事件や事故を防ぐためには、周囲の細かな目配りが必要で、それが難しい場合には早めに施設へ入所することも視野に入れなければなりません。

早めの気づきを

アメリカの研究では、夫婦の片方が認知症の場合、介護者の認知症発症リスクは通常の6倍にのぼるといいます。これは両者がすでに認知症の場合も同じで、進行速度が速まる可能性があるのです。大切なのは、やはり周囲からの早めの気づきです。世話がおろそかになっていないか、部屋が散らかったままでいないかなど、助けを求めるサインに敏感になりましょう。そしてケアマネージャーと相談のうえ、適切なサービスを受けるよう本人へ働きかけることも重要です。

家族、そして社会からの見守り

介護保険サービスを適切に受け、周囲のサポートがあれば、認知症同士の生活もある程度まで可能でしょう。しかし、症状が進行してゆくことは大いに考えられます。早いうちに在宅介護の方法や施設介護への変換時期(状況)、さらには近隣施設について調べておくことも重要です。また、高齢化が深刻な社会問題となりつつある今、家族間だけでなく、社会全体で高齢者を見守る社会づくりが課題となるでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    福祉大国と呼ばれているスウェーデン。高福祉高負担と言われ、スウェーデンは税金が非常に高いが、良い福祉サービスが受けられるというイメージが強くあります。今回はスウェーデンの介護の実情についてまとめました。
    記事を見る
  • 大分県の70歳の男性が自らの介護経験を生かして”認知症予防カルタ”を作成
    大分県の70歳の男性が自らの介護経験を生かして”認知症予防カルタ”を作成
    認知症に対する不安は、高齢者の大きな悩みの一つではないでしょうか?何か予防策はあるのでしょうか?その予防を考えたグッズが、実体験をもとに作成されました。今回は、介護経験を活かして作成された『認知症予防カルタ』についてまとめました。
    記事を見る
  • 介護保険料の地域差について考える
    介護保険料の地域差について考える
    介護保険料についての問題で、最近大きく注目を集めているのが、「地域格差」です。昨年10月中旬、厚生労働省は介護保険料を全国的に比較することができるオンラインシステムを構築しました。そのことによって、地域による保険料の違いをなくしていくよう、高い自治体で過剰なサービスが行われていないかなど分析し、見直しに努めるようにと促していく方針を打ち出したのです。その具体的な内容についてまとめました。
    記事を見る
  • 高齢者向けに人気のスポーツ4選!介護予防にもおススメ!
    高齢者向けに人気のスポーツ4選!介護予防にもおススメ!
    高齢者がスポーツをすることは、体力の衰えを防ぎ、ストレスを解消し、健康を維持することに役立ちます。 また、複数人で行うスポーツは、仲間との絆を深め、日々に張り合いをもたらしてくれます。スポーツをするには体力に自信がない...。今回はそんなシニアの方でも気軽に楽しめるスポーツについてまとめてみました。離れて暮らす親の体力が心配という方、おすすめしてみてはいかがでしょうか。
    記事を見る
  • 『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。
    記事を見る