null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

日本郵政の見守りサービスとは!?

日本郵政は見守りサービスとして、家族に代って遠方で独り暮らしをする高齢者を支えるサービスに乗り出してきました。郵便局員が配達を利用して高齢者宅を訪れるサービスです。今回、アップル社およびIBM社と提携することで、よりリアルな生活サポートの実現を目指しています。

見守りサービスの概要

日本郵政の見守りサービスは、アップル社がタブレットの供給、IBM社とアップル社の共同でアプリの開発をてがけています。高齢者でも扱いやすいように工夫されているタブレットを目指しているわけです。タブレットを通して、高齢者が家族と地域と郵便局員とに、つながるようになっています。
日本郵政はサービスのキーワードとして「安心」「便利」「つながり」を掲げており、高齢者が見守られていることで「安心」し、生活を「便利」にサポートしてもらえ、地域や社会との「つながり」を大事にしたいということです。

サービス試験導入

2015年10月より山梨県、長崎県で実験的に開始されました。約1000台のタブレットが希望者に無償で配られ、具体的には「健康確認」「服薬確認」「ご家族ホットライン」「買い物支援」などがサービス提供されます。それらの問題点を見直すことでサービスを強化していきます。また、自治体と連携したサービスの提供も予定しており、大きな期待が寄せられています。

見守りサービスの今後の展望

2013年より日本郵政が開始している見守りサービスですが、タブレットを加えることでサービスの強化を狙っています。タブレットがどれくらい高齢者に受け入れられるかどうかがポイントになるといえます。タブレットになれた世代には、想像のできる機能ですが、高齢者にとってはどうでしょうか?高齢者も簡単に操作が可能となれば、一人暮らしのお年寄りや、夫婦で暮らす高齢者やその家族にとって、大きな進展となるために、注目度が大きいわけです。日本郵政は2020年までに国内400万人から500万人への提供を目標に掲げています。

まとめ

高齢者見守りサービスは、日本郵政に限らず、NTTや長谷工などが似たようなサービスの試験的実験を始めています。核家族化が進んでいる今、期待が大きいサービスの一つでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    ご自身は四国で現場の工事事務や収支管理などの事務職を経験。4年前、夫と同居するために本社の人事部いきいき推進室へ異動に。育児や介護との両立支援、女性・外国籍・障がい者の活躍推進、そして働き方改革を実施する部署で、仕事と介護の両立担当としてご活躍中だそうです。そんな緒方さんに、今回大成建設様の仕事と介護の両立支援について、お話を伺いました!
    記事を見る
  • さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    通常、自宅に居ながら介護サービスを受ける場合、訪問介護のヘルパー・デイサービスのスタッフなど関わる人はそれぞれ違い、ストレスを感じる高齢者もいます。小規模多機能型居宅介護ではどんな介護サービスも一つの施設のスタッフから受けることができます。
    記事を見る
  • 【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    桜の季節になると老若男女を問わず心まで春めいて、お花見に出かけたいという気持ちになるものですよね。ご年配の方でも、寒い冬の季節は家の中に閉じこもりがちだったものの、春になってあたたかくなると外に出かけても良いかなと感じる人は多いでしょう。そこで、今回は車椅子に乗ったままでもお花見がしやすい北海道や東北地方のお花見スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症高齢者が便をいじってしまうのはなぜ?「弄便」の原因と対策
    認知症高齢者が便をいじってしまうのはなぜ?「弄便」の原因と対策
    家族が弄便をすると、家の汚れや悪臭に悩まされることになります。弄便への対策として重要なのは、発見したときの対応と事前の予防です。今回は弄便とはなにか、またその対策について紹介します。
    記事を見る
  • 高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは
    高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは
    ホームシェアといえば、若者が友人や知らない人と家賃を負担しあい、一緒に暮らすというイメージがありますが、異世代ホームシェアという言葉はまだまだ認知されていません。 今回は日本でも広がりを見せつつある異世代ホームシェアについてご紹介します。
    記事を見る