null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

日本郵政の見守りサービスとは!?

日本郵政は見守りサービスとして、家族に代って遠方で独り暮らしをする高齢者を支えるサービスに乗り出してきました。郵便局員が配達を利用して高齢者宅を訪れるサービスです。今回、アップル社およびIBM社と提携することで、よりリアルな生活サポートの実現を目指しています。

見守りサービスの概要

日本郵政の見守りサービスは、アップル社がタブレットの供給、IBM社とアップル社の共同でアプリの開発をてがけています。高齢者でも扱いやすいように工夫されているタブレットを目指しているわけです。タブレットを通して、高齢者が家族と地域と郵便局員とに、つながるようになっています。
日本郵政はサービスのキーワードとして「安心」「便利」「つながり」を掲げており、高齢者が見守られていることで「安心」し、生活を「便利」にサポートしてもらえ、地域や社会との「つながり」を大事にしたいということです。

サービス試験導入

2015年10月より山梨県、長崎県で実験的に開始されました。約1000台のタブレットが希望者に無償で配られ、具体的には「健康確認」「服薬確認」「ご家族ホットライン」「買い物支援」などがサービス提供されます。それらの問題点を見直すことでサービスを強化していきます。また、自治体と連携したサービスの提供も予定しており、大きな期待が寄せられています。

見守りサービスの今後の展望

2013年より日本郵政が開始している見守りサービスですが、タブレットを加えることでサービスの強化を狙っています。タブレットがどれくらい高齢者に受け入れられるかどうかがポイントになるといえます。タブレットになれた世代には、想像のできる機能ですが、高齢者にとってはどうでしょうか?高齢者も簡単に操作が可能となれば、一人暮らしのお年寄りや、夫婦で暮らす高齢者やその家族にとって、大きな進展となるために、注目度が大きいわけです。日本郵政は2020年までに国内400万人から500万人への提供を目標に掲げています。

まとめ

高齢者見守りサービスは、日本郵政に限らず、NTTや長谷工などが似たようなサービスの試験的実験を始めています。核家族化が進んでいる今、期待が大きいサービスの一つでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • この症状が出たら注意!脳こうそくの前触れ発作
    この症状が出たら注意!脳こうそくの前触れ発作
    がん、心臓疾患、肺炎と並んで日本人の4大死因の一つに挙げられる脳卒中。脳卒中の一つである、脳こうそくは早期治療が重要とされており、時間が経てば経つほど重度の後遺症が残るとされています。今回は脳こうそくの早期発見のポイントについてご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!
    認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!
    認知症の方が家の中や外をぐるぐると歩き回ることを徘徊といい、認知症の方によく見られる行動ですが、実はこの徘徊、本人なりの目的があって徘徊する場合が多いことをご存知でしょうか。 そこで今回は、徘徊とはどういった行動なのか、認知症による徘徊の基本的な知識と対策をご紹介します。
    記事を見る
  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    厚生労働省の「平成27年 国民生活基礎調査の概況」によると、高齢者(65歳以上)がいる2,372万世帯のうち、全体の57.8%を「単独、または夫婦のみ世帯」が占めているとの推計が発表され、家族だけでは支えきれない不安が浮き彫りになっています。 今回は、高齢者、家族、地域が携帯アプリでつながり、共に、無理なく助け合う。 新しいカタチの見守りサービスを創造する、リバティ・イノベーションの森社長にお話を伺いました。
    記事を見る
  • ~Reライフ~ 自分のため、次世代のために生きる
    ~Reライフ~ 自分のため、次世代のために生きる
    高齢化社会が進む現代において、「地域のつながり」が再重要視されています。 一般社団法人シニアライフマネジメント協会 代表理事の肘井哲也さんは、「人を育てる町づくり」を掲げ、子どもの貧困支援、起業家やフリーランスの活動支援、「いのち」と向き合う数多くのイベントやプロジェクト運営をしています。 本日は、高齢者と、ご家族をトータルにサポートするための、「私のまちのRe(リ)ライフ相談室」の取組みについて、お話を伺いました。
    記事を見る