null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

日本郵政の見守りサービスとは!?

日本郵政は見守りサービスとして、家族に代って遠方で独り暮らしをする高齢者を支えるサービスに乗り出してきました。郵便局員が配達を利用して高齢者宅を訪れるサービスです。今回、アップル社およびIBM社と提携することで、よりリアルな生活サポートの実現を目指しています。

見守りサービスの概要

日本郵政の見守りサービスは、アップル社がタブレットの供給、IBM社とアップル社の共同でアプリの開発をてがけています。高齢者でも扱いやすいように工夫されているタブレットを目指しているわけです。タブレットを通して、高齢者が家族と地域と郵便局員とに、つながるようになっています。
日本郵政はサービスのキーワードとして「安心」「便利」「つながり」を掲げており、高齢者が見守られていることで「安心」し、生活を「便利」にサポートしてもらえ、地域や社会との「つながり」を大事にしたいということです。

サービス試験導入

2015年10月より山梨県、長崎県で実験的に開始されました。約1000台のタブレットが希望者に無償で配られ、具体的には「健康確認」「服薬確認」「ご家族ホットライン」「買い物支援」などがサービス提供されます。それらの問題点を見直すことでサービスを強化していきます。また、自治体と連携したサービスの提供も予定しており、大きな期待が寄せられています。

見守りサービスの今後の展望

2013年より日本郵政が開始している見守りサービスですが、タブレットを加えることでサービスの強化を狙っています。タブレットがどれくらい高齢者に受け入れられるかどうかがポイントになるといえます。タブレットになれた世代には、想像のできる機能ですが、高齢者にとってはどうでしょうか?高齢者も簡単に操作が可能となれば、一人暮らしのお年寄りや、夫婦で暮らす高齢者やその家族にとって、大きな進展となるために、注目度が大きいわけです。日本郵政は2020年までに国内400万人から500万人への提供を目標に掲げています。

まとめ

高齢者見守りサービスは、日本郵政に限らず、NTTや長谷工などが似たようなサービスの試験的実験を始めています。核家族化が進んでいる今、期待が大きいサービスの一つでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る
  • え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    高齢者は外出が難しくなることが多くなります。そのため、若いころなら普通にできていたことが困難になるというケースも出てきます。家に閉じこもりがちになり他人と触れ合う機会も少なくなり、生きがい等も失われていきます。こうしたときに訪問サービスが暮らしの質を高める役に立つのです。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる九州の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子の事故原因で多いフットレスト!使用方法のまとめと注意点
    車椅子の事故原因で多いフットレスト!使用方法のまとめと注意点
    車椅子は、多くの要介護者に必要とされている移動手段の1つです。お手洗いに行く時など室内間でのちょっとした移動から、買い物や散歩といった外出時の移動まで幅広く活躍してくれます。しかし、一見すると安全に見える車椅子の移動にも危険が伴う場合があります。中でも意外と多いのがフットレストによる事故。そこで、フットレストによる事故例やその対策、フットレストの選び方についてご紹介します。
    記事を見る
  • 「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    漠然とどうにかしないといけない、とは思いつつも先延ばしにしがちな介護の問題。課題として挙げられるのが「情報不足」です。今回は、親と子供のコミュニケーションツール「親ブック」の販売や企業に対しての「介護離職に関するセミナー」を行っているケアポット株式会社代表取締役高橋佳子様にお話を伺いました。
    記事を見る