null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護予防に効果あり!高知発祥で話題のいきいき百歳体操とは?

高知市で開発された介護予防を目的とした体操、通称『いきいき百歳体操』が、全国に広がりを見せています。今回はいきいき百歳体操の内容や効果についてご紹介します。
高知市で開発された介護予防を目的とした体操、通称『いきいき百歳体操』が、全国に広がりを見せています。今回はいきいき百歳体操の内容や効果についてご紹介します。

いきいき百歳体操を知っていますか

いきいき百歳体操は、平成14年に高知市のリハビリのプロである理学療法士が開発しました。
手首や足首におもりをつけて椅子に腰かけた状態でゆっくりと行う筋力運動の体操で、準備体操、筋力運動、整理体操の3つの運動で構成されています。体操自体は約30分程度で激しい動きはなく、ゆっくりと腕や足を曲げ伸ばししたり、立ち上がったりする誰にでも簡単にできる運動なので、高齢の方や体力に自信のない方でも気軽に実施することができます。
また、筋力だけではなく注意機能・認知機能の向上も見込まれるため、非常に高い効果が期待出来ます。
日々を安全・安心に暮らすためにも、ぜひ日常生活に取り入れたいプログラムではないでしょうか。

平成24年5月末現在の時点で全国の50市町村、1500か所以上で実施され、介護予防活動として全国の自治体からも注目されています。

いきいき百歳体操の効果とは

高知市の調査によると、体操をすることによって「知り合いができた」「気持ちが明るくなった」「楽しみが増えた」といった精神的な効果があることが分かっています。さらに、いきいき百歳体操をしている人たちの健康面では「体力がついた」「足腰の痛みがなくなった」「階段の上り下りが楽にできるようになった」「歩くのが早くなった」「転びにくくなった、体が軽くなった」「引き締まった」などの効果が表れています。いきいき百歳体操には、口腔の機能を向上するかみかみ百歳体操や認知機能を向上するしゃきしゃき百歳体操などもあります。

身体能力向上以外の効果

いきいき百歳体操の効果は身体能力の維持・向上だけではなく、住民同士による交流にもなっているようです。
週に1~2度定期的に近隣住民同士が集まる機会というのは、そう多くはありません。
特に高齢になるにつれ、歩行などの不安から外出には億劫になるものではないでしょうか。
次第に足腰を使わなくなり、筋力は衰え、より外出をしなくなる、といったスパイラルが生まれてしまいます。
しかし、定期的に外出する機会を設ける事により、閉じこもりを防ぐ効果が見込めます。
身体能力の向上と住民同士の交流により、心身共に健康になることができます。

体操の注意点

下記の注意点を守ることで、より高い効果が期待出来ます。

・水分補給を取る
特に夏場は脱水症状・熱中症に要注意です。運動すると体温が上昇し汗をかきます。室内でも十分起こり得る現象だけに、水分はこまめに取りましょう。

・ゆっくり身体を動かす
ゆっくりと身体を動かすことで、負荷がかかりより効果的に運動を行う事が出来ます。
必ずしも身体を動かすのは早ければいいというわけではないようです。

・無理をしない
痛みのない範囲で体操を行いましょう。健康のために体操をしているはずなのに、身体を痛めてしまっては元も子もありません。

全国自治体での取り組み

近年、いきいき百歳体操は、全国で広がりをみせていますが、行政からお願いすることはありません。体操のビデオなどはありますが、全国ですべて同じではなくアレンジされた体操を独自に行っている自治体もあります。ボランティアとして保健師や理学療法士がサポートを行いますが、あくまでも住民が自分たちで行うことを大切にし、週に1~2回を目安に住民主体で行っているのが特徴です。それが地域づくりや、多くの人が続けていくことにつながっているのです。多くの方が生き生きと生活するための「いきいき百歳体操」あなたがお住まいの地域で始めてみませんか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    高齢になり運動機能が低下すると「転倒」による怪我が、寝たきり状態のキッカケになる危険性があります。 『平成27年版高齢社会白書』では、「骨折・転倒」が要介護になった主な原因の12.2%を占め、特に女性は15.4%で男性の6%を大きく上回っています。 重症化リスクを予防するためには、無理なく運動できる「ストレッチ」がオススメです。 今回は『ミスユニバースさいたま2017』の育成・指導を始め、多くのモデル指導の経験を活かし、独自の高齢者向けストレッチを提案する「魅ボディ研究所」代表の比嘉美佐子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【愛知県】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【愛知県】車椅子で行けるお花見スポット3選
    春の足音も着々と近づいていますね。これから見事な桜が楽しめそうです。東海地方で、車椅子でも楽しめるお花見スポットを探してみました。
    記事を見る
  • 車椅子でも安心!家族で楽しめる関東近郊のキャンプ場6選
    車椅子でも安心!家族で楽しめる関東近郊のキャンプ場6選
    キャンプ場というと車椅子利用者にはちょっと縁遠いイメージがありませんか?車椅子利用者の方でも楽しめる宿泊施設やサービスのあるキャンプ場があります。バリアフリー対応のコテージなどを利用して、子どもや孫といっしょにお出かけしましょう!今回は車椅子でも楽しめる関東近郊のキャンプ場をご紹介します。
    記事を見る
  • シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    介護予防の一環として、柔軟性、筋力アップ効果が期待できるヨガが注目されています。一般のヨガスタジオを始め、保健機関や自治体主催のシニア世代向けヨガ教室も増加傾向にあります。 今回は、ヨガの流派の中でも人気の高い「パワーヨガ」の前身として知られる「アシュタンガヨガ」をシニア世代でも無理なく出来るように指導する、IYCインターナショナルヨガセンター講師のゆきのさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    レスパイトケアとは乳幼児や障害児・者、高齢者などを在宅でケアしている家族を癒やすため、一時的にケアを代替し、リフレッシュを図ってもらう家族支援サービスのことです。在宅介護をされている方はデイサービスやショートステイなどの介護保険サービスを利用されている方もいると思いますが、それらもレスパイトサービスの一部と言えます。
    記事を見る