null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護予防に効果あり!高知発祥で話題のいきいき百歳体操とは?

高知市で開発された介護予防を目的とした体操、通称『いきいき百歳体操』が、全国に広がりを見せています。今回はいきいき百歳体操の内容や効果についてご紹介します。
高知市で開発された介護予防を目的とした体操、通称『いきいき百歳体操』が、全国に広がりを見せています。今回はいきいき百歳体操の内容や効果についてご紹介します。

いきいき百歳体操を知っていますか

いきいき百歳体操は、平成14年に高知市のリハビリのプロである理学療法士が開発しました。
手首や足首におもりをつけて椅子に腰かけた状態でゆっくりと行う筋力運動の体操で、準備体操、筋力運動、整理体操の3つの運動で構成されています。体操自体は約30分程度で激しい動きはなく、ゆっくりと腕や足を曲げ伸ばししたり、立ち上がったりする誰にでも簡単にできる運動なので、高齢の方や体力に自信のない方でも気軽に実施することができます。
また、筋力だけではなく注意機能・認知機能の向上も見込まれるため、非常に高い効果が期待出来ます。
日々を安全・安心に暮らすためにも、ぜひ日常生活に取り入れたいプログラムではないでしょうか。

平成24年5月末現在の時点で全国の50市町村、1500か所以上で実施され、介護予防活動として全国の自治体からも注目されています。

いきいき百歳体操の効果とは

高知市の調査によると、体操をすることによって「知り合いができた」「気持ちが明るくなった」「楽しみが増えた」といった精神的な効果があることが分かっています。さらに、いきいき百歳体操をしている人たちの健康面では「体力がついた」「足腰の痛みがなくなった」「階段の上り下りが楽にできるようになった」「歩くのが早くなった」「転びにくくなった、体が軽くなった」「引き締まった」などの効果が表れています。いきいき百歳体操には、口腔の機能を向上するかみかみ百歳体操や認知機能を向上するしゃきしゃき百歳体操などもあります。

身体能力向上以外の効果

いきいき百歳体操の効果は身体能力の維持・向上だけではなく、住民同士による交流にもなっているようです。
週に1~2度定期的に近隣住民同士が集まる機会というのは、そう多くはありません。
特に高齢になるにつれ、歩行などの不安から外出には億劫になるものではないでしょうか。
次第に足腰を使わなくなり、筋力は衰え、より外出をしなくなる、といったスパイラルが生まれてしまいます。
しかし、定期的に外出する機会を設ける事により、閉じこもりを防ぐ効果が見込めます。
身体能力の向上と住民同士の交流により、心身共に健康になることができます。

体操の注意点

下記の注意点を守ることで、より高い効果が期待出来ます。

・水分補給を取る
特に夏場は脱水症状・熱中症に要注意です。運動すると体温が上昇し汗をかきます。室内でも十分起こり得る現象だけに、水分はこまめに取りましょう。

・ゆっくり身体を動かす
ゆっくりと身体を動かすことで、負荷がかかりより効果的に運動を行う事が出来ます。
必ずしも身体を動かすのは早ければいいというわけではないようです。

・無理をしない
痛みのない範囲で体操を行いましょう。健康のために体操をしているはずなのに、身体を痛めてしまっては元も子もありません。

全国自治体での取り組み

近年、いきいき百歳体操は、全国で広がりをみせていますが、行政からお願いすることはありません。体操のビデオなどはありますが、全国ですべて同じではなくアレンジされた体操を独自に行っている自治体もあります。ボランティアとして保健師や理学療法士がサポートを行いますが、あくまでも住民が自分たちで行うことを大切にし、週に1~2回を目安に住民主体で行っているのが特徴です。それが地域づくりや、多くの人が続けていくことにつながっているのです。多くの方が生き生きと生活するための「いきいき百歳体操」あなたがお住まいの地域で始めてみませんか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    アルツハイマー型認知症の症状の一つに失認や失行などの見当識障害があります。これは、例えば今日の日付が分からなくなってしまったり、アナログ式の時計が読めなくなるなどです。今回は認知症で時計が読めなくなった場合の対処法をまとめました。
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    今回は、仕事と介護の両立支援・介護離職防止支援のテーマ第二弾!企業へのインタビューとして、PwCあらた有限責任監査法人システム・プロセス・アシュアランス部江原様にインタビューを実施させていただきました。
    記事を見る
  • 認知症の方の介護に関わる方向け。ストレス解消に大事なポイント
    認知症の方の介護に関わる方向け。ストレス解消に大事なポイント
    介護はする側もされる側もストレスを抱えることが多いものですが、お互いストレスを抱えていると介護もスムーズにいかないものです。 介護をする側のストレスも意外に抱え込みやすいもの。 今回はご家族様向けにストレスを解消・発散する方法をご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【東北】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【東北】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる東北の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る