null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症で時計が読めなくなった!対処法は?

アルツハイマー型認知症の症状の一つに失認や失行などの見当識障害があります。これは、例えば今日の日付が分からなくなってしまったり、アナログ式の時計が読めなくなるなどです。今回は認知症で時計が読めなくなった場合の対処法をまとめました。

デジタル電波時計を利用する

認知症により日付や時間が分からなくなると、1日に何十回も「今日は何日?今は何時?」というような質問が繰り返される事が頻繁に起こります。
ただ、認知症の症状の進行具合にもよりますが、アナログ時計は読めなくてもデジタル時計は読めるという事は多々あります。
ですので、老眼対策も含めて大きな文字で表示されるものや音で知らせてくれるデジタル電波時計を購入し、目のつきやすい所に設置しましょう。時間や日時を聞かれたら、時計を指さすという事を何日か続けていると、次第に自ら時計を確認するようになります。

時計を読む練習はしない

もう一度時計を読めるようになって欲しいからといって、アナログ時計を読む練習をしつこく行うのはやめましょう。
このような練習や訓練では認知症の進行具合を遅らせる事は出来ませんし、本人に何度も「時計すら読めなくなってしまった」という事実を突きつけ、自信を喪失させる事になります。
自信の喪失は認知症の悪化につながりかねませんし、家族に対して怒りを覚えてしまい、攻撃的になる事もあります。

たくさん声かけをする

認知症の症状が進むと、アナログであってもデジタルであっても、段々と時間を理解しにくくなっていきます。
そのような状態になってきたら、「もうお昼ご飯の時間だよ」「寝る時間になったよ」などとたくさんの声をかけてあげるようにしてください。
認知症の方への対応において、頻繁に声をかけることはとても大切な事です。

まとめ

今まで出来ていた事が出来なくなってしまうのを見るのは辛いですが、まずは患者さんの話に合わせて対応し、間違っている事や出来ない事に対し怒ったり責めたりするのは避けましょう。余計に興奮させてしまったり、自尊心を傷つける結果になってしまいます。
家族の方のストレスは大きくなりますが、冷静に対応するのがとても大事なポイントになります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 親孝行がしたいあなたにご紹介!介護付き旅行にバリアフリー温泉!
    親孝行がしたいあなたにご紹介!介護付き旅行にバリアフリー温泉!
    温泉旅館やホテルが、高齢者や障がい者が利用しやすいようバリアフリー対策をしている宿泊施設のことをバリアフリー温泉と呼びます。バリアフリー温泉では、麻痺がある方や車椅子をお使いの方でも温泉を楽しむことができます。今回はそんなおすすめのバリアフリー温泉をご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも行ける!イルミネーションスポット【関東近郊】
    車椅子でも行ける!イルミネーションスポット【関東近郊】
    寒い冬は空気が澄んでイルミネーションが一層輝く季節です。心も明るくなるようなイベントに出かけませんか。車椅子でも行けるスポットをご案内します。
    記事を見る
  • え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    高齢者は外出が難しくなることが多くなります。そのため、若いころなら普通にできていたことが困難になるというケースも出てきます。家に閉じこもりがちになり他人と触れ合う機会も少なくなり、生きがい等も失われていきます。こうしたときに訪問サービスが暮らしの質を高める役に立つのです。
    記事を見る
  • ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    アルツハイマー型認知症は、予備軍である軽度認知症からやがて発症へと至り、進行する病気です。治療で進行の抑制は可能ですが、完治はせず早期の発見が重要になります。しかし初期症状では、本人が物忘れを周囲に気付かれない様カバーする場合が多く、発見し難いのが一般的です。重症化させないためにも初期症状を家族や周囲にいる人が見落とさない様にしましょう。ここではアルツハイマー型認知症の予備軍であるMCIや、初期症状、特徴について紹介します。
    記事を見る
  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る