null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症で時計が読めなくなった!対処法は?

アルツハイマー型認知症の症状の一つに失認や失行などの見当識障害があります。これは、例えば今日の日付が分からなくなってしまったり、アナログ式の時計が読めなくなるなどです。今回は認知症で時計が読めなくなった場合の対処法をまとめました。

デジタル電波時計を利用する

認知症により日付や時間が分からなくなると、1日に何十回も「今日は何日?今は何時?」というような質問が繰り返される事が頻繁に起こります。
ただ、認知症の症状の進行具合にもよりますが、アナログ時計は読めなくてもデジタル時計は読めるという事は多々あります。
ですので、老眼対策も含めて大きな文字で表示されるものや音で知らせてくれるデジタル電波時計を購入し、目のつきやすい所に設置しましょう。時間や日時を聞かれたら、時計を指さすという事を何日か続けていると、次第に自ら時計を確認するようになります。

時計を読む練習はしない

もう一度時計を読めるようになって欲しいからといって、アナログ時計を読む練習をしつこく行うのはやめましょう。
このような練習や訓練では認知症の進行具合を遅らせる事は出来ませんし、本人に何度も「時計すら読めなくなってしまった」という事実を突きつけ、自信を喪失させる事になります。
自信の喪失は認知症の悪化につながりかねませんし、家族に対して怒りを覚えてしまい、攻撃的になる事もあります。

たくさん声かけをする

認知症の症状が進むと、アナログであってもデジタルであっても、段々と時間を理解しにくくなっていきます。
そのような状態になってきたら、「もうお昼ご飯の時間だよ」「寝る時間になったよ」などとたくさんの声をかけてあげるようにしてください。
認知症の方への対応において、頻繁に声をかけることはとても大切な事です。

まとめ

今まで出来ていた事が出来なくなってしまうのを見るのは辛いですが、まずは患者さんの話に合わせて対応し、間違っている事や出来ない事に対し怒ったり責めたりするのは避けましょう。余計に興奮させてしまったり、自尊心を傷つける結果になってしまいます。
家族の方のストレスは大きくなりますが、冷静に対応するのがとても大事なポイントになります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    過疎化で近くの商店が廃業したり撤退したりしたほか、足腰が弱くなって買い物に出かけられない人を買い物弱者・買い物難民と呼び、その数は推定600万人いると言われています。そんな買い物弱者を救う対策の検討が各所でなされていますが、有償ライドシェアもその一つです。今回は、有償ライドシェアとは何か、導入までの課題などをまとめました。
    記事を見る
  • ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    高齢になり運動機能が低下すると「転倒」による怪我が、寝たきり状態のキッカケになる危険性があります。 『平成27年版高齢社会白書』では、「骨折・転倒」が要介護になった主な原因の12.2%を占め、特に女性は15.4%で男性の6%を大きく上回っています。 重症化リスクを予防するためには、無理なく運動できる「ストレッチ」がオススメです。 今回は『ミスユニバースさいたま2017』の育成・指導を始め、多くのモデル指導の経験を活かし、独自の高齢者向けストレッチを提案する「魅ボディ研究所」代表の比嘉美佐子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。
    記事を見る
  • 遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    核家族化が進む中、それに伴い遠距離介護をするケースが増えています。遠距離介護というと通常の介護に比べ、交通費の負担だけでなく心身共に負担が大きいものです。遠距離介護をしていくためにどういった点に気をつけるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る