null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症で時計が読めなくなった!対処法は?

アルツハイマー型認知症の症状の一つに失認や失行などの見当識障害があります。これは、例えば今日の日付が分からなくなってしまったり、アナログ式の時計が読めなくなるなどです。今回は認知症で時計が読めなくなった場合の対処法をまとめました。

デジタル電波時計を利用する

認知症により日付や時間が分からなくなると、1日に何十回も「今日は何日?今は何時?」というような質問が繰り返される事が頻繁に起こります。
ただ、認知症の症状の進行具合にもよりますが、アナログ時計は読めなくてもデジタル時計は読めるという事は多々あります。
ですので、老眼対策も含めて大きな文字で表示されるものや音で知らせてくれるデジタル電波時計を購入し、目のつきやすい所に設置しましょう。時間や日時を聞かれたら、時計を指さすという事を何日か続けていると、次第に自ら時計を確認するようになります。

時計を読む練習はしない

もう一度時計を読めるようになって欲しいからといって、アナログ時計を読む練習をしつこく行うのはやめましょう。
このような練習や訓練では認知症の進行具合を遅らせる事は出来ませんし、本人に何度も「時計すら読めなくなってしまった」という事実を突きつけ、自信を喪失させる事になります。
自信の喪失は認知症の悪化につながりかねませんし、家族に対して怒りを覚えてしまい、攻撃的になる事もあります。

たくさん声かけをする

認知症の症状が進むと、アナログであってもデジタルであっても、段々と時間を理解しにくくなっていきます。
そのような状態になってきたら、「もうお昼ご飯の時間だよ」「寝る時間になったよ」などとたくさんの声をかけてあげるようにしてください。
認知症の方への対応において、頻繁に声をかけることはとても大切な事です。

まとめ

今まで出来ていた事が出来なくなってしまうのを見るのは辛いですが、まずは患者さんの話に合わせて対応し、間違っている事や出来ない事に対し怒ったり責めたりするのは避けましょう。余計に興奮させてしまったり、自尊心を傷つける結果になってしまいます。
家族の方のストレスは大きくなりますが、冷静に対応するのがとても大事なポイントになります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • オレンジカフェを知っていますか?【埼玉県川越市の取り組み例】
    オレンジカフェを知っていますか?【埼玉県川越市の取り組み例】
    近年、自治体や介護事業者が開催する介護中の介護者・被介護者の集まりが全国に広がりを見せています。今回は、川越市が開催するオレンジカフェについて、活動目的や内容、今後の課題などについてご紹介します。
    記事を見る
  • 料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。
    記事を見る
  • 男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    女性が多いと思われがちな介護ですが、介護者のうち約3分の1は男性だということが分かっています。そして男性介護者による介護殺人、無理心中なども多く報告されるようになっています。なぜ男性は、このような事件を起こしやすいのでしょうか。今回は男性介護者をめぐる現状と、相談先を紹介します。
    記事を見る
  • 認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症と聞くと、何もかも忘れてしまうのではないかと思ってしまいがちですが、初期から重症化するまでには期間があります。「認知症=何もかも忘れてしまう、何もかもができなくなってしまう」ということではありませんので、初期段階で軽度の認知症であれば、十分に日常生活はできますし、仕事を続けられる可能性があります。
    記事を見る