null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは

介護職員の人手不足、労働環境など介護現場で働く職員の課題や問題についてあちこちで叫ばれています。京都府ではこういった問題を解決する一手として、人材育成などが整備されている福祉施設に対し「認証」を付与するという取り組みをはじめました。
今回はこの京都府の取り組みについてご紹介します。

京都府が行なう福祉改革「認証制度」とは

福祉人材の不足という大きな社会問題に対して京都府が大きな対策を打ち出しました。それが「きょうと福祉人材育成認証制度」です。府内の福祉事業者を対象にした制度であり、人材を育成する仕組みと職員が働きやすい環境や待遇を整えている福祉事業者に京都府が認証を行ないます。認証を行なう目的は大きく2つあります。一つ目は若い人が安心して働ける職場であることを証明すること、二つ目は認証の獲得を目指すことで事業所のレベルアップを目指すことです。

認証制度が導入された背景

認証制度が導入された背景には介護人材の不足があげられます。少子高齢化も理由の一つではありますが、それ以上に介護業界に対する若者のイメージが関係しています。特別な資格を持っていないと仕事が出来ない、給料が安い、離職率が高い、介護の仕事では家族を養うことが出来ないなどが若者の率直な意見です。このイメージは間違った認識とは言えず、実際にこのような事業所は多く存在します。そのため、イメージの回復だけでは人材不足を改善することは難しく、事業所の職場環境が改善され、若者に改善された点が見えるようにすることが必要なのです。そのために導入されたのが認証制度であり、事業所が取得のために職場環境を改善し、認証を得ることが出来れば若者が安心して働くことが出来るのです。

認証制度によって職場環境の改善に成功

認証制度は新規の介護事業者にとっては大きなチャンスです。認証をもらうことで他の事業所と差別化することが出来ますし、目指す際には行政から様々なノウハウを教えてもらうことが出来ます。認証制度には行政の人だけでなく、大学などの福祉の専門家やコンサルタント、人材系企業などのプロフェッショナルが大きくかかわっています。そのため、事業所は実際の現場で役に立つノウハウやアイデアを指導してもらうことが出来るのです。実際に認証制度の取得に挑戦した事業所はたくさんあり、職場環境の改善や新人研修制度の構築に成功しています。

認証制度の将来について

認証制度が導入され、400以上の事業者が取得を目指すようになっており、実際に認証を受けた事業所も100を超えています。将来的にはさらに上が目指せるように上位認証制度を導入することが検討されています。詳細は検討中との事ですが、事業所がさらにレベルアップを目指す際のおおきなモチベーションにつながるでしょう。

将来に必要となる有能な人材

介護業界の人材不足は深刻であり、将来的には介護ロボットや海外からの人材の受け入れも検討されている状況です。その際に大事なことは事業所の中核に福祉の意義を理解した人材がいることです。今からその様な若い人材を確保しておかないといざというときには間に合いません。認証制度によって優秀な若い人が出てきてくれることが期待されます。

期待される全国への好影響

認証制度によって京都府が福祉事業者の職場環境の問題に一石を投じたのはいうまでもありません。このことに感化され他の自治体においても積極的な福祉対策が行なわれることが期待されます。福祉業界には激変の時代がやってくると思われますが、京都府が行なった認証制度のような対策によっていい方向に向かってもらいたいものです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    介護予防の一環として、柔軟性、筋力アップ効果が期待できるヨガが注目されています。一般のヨガスタジオを始め、保健機関や自治体主催のシニア世代向けヨガ教室も増加傾向にあります。 今回は、ヨガの流派の中でも人気の高い「パワーヨガ」の前身として知られる「アシュタンガヨガ」をシニア世代でも無理なく出来るように指導する、IYCインターナショナルヨガセンター講師のゆきのさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 車椅子で気を付けるべき、よくあるヒヤリハットまとめ
    車椅子で気を付けるべき、よくあるヒヤリハットまとめ
    みなさんは車椅子の操作時、転倒しそうになるなどヒヤッとしたことはありませんか。今回は現役のデイサービス職員に聞いた車椅子操作時のよくあるヒヤリハットを場面別にご紹介します。日頃よく操作をする介助者のかた、これから初めて使用される方など、ぜひ操作時の参考にしてみてください。
    記事を見る
  • 認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症と聞くと、何もかも忘れてしまうのではないかと思ってしまいがちですが、初期から重症化するまでには期間があります。「認知症=何もかも忘れてしまう、何もかもができなくなってしまう」ということではありませんので、初期段階で軽度の認知症であれば、十分に日常生活はできますし、仕事を続けられる可能性があります。
    記事を見る
  • 既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    今回は介護事業者大手のユニマットが新たに行う介護事業についてご紹介します。
    記事を見る
  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る