null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

元気なうちに話しておくべき『親の老後』

親が65歳になり定年を迎え、年齢の上では高齢者でも、実際の65歳はまだまだ元気!老後という感覚でない方も多いはず。元気なうちだからこそ、老後について話し合ってみませんか?

話しにくい親の老後の話

親の老後をどうするのか?漠然と考えていても具体的な話をしている方は少ないのではないでしょうか。親は定年過ぎてもまだまだ元気だから、遠くに住んでいるので介護は難しいなど理由は色々ありますが、このような話し合いをするきっかけは親も子供側も持っていない場合が多くあります。

元気なうちだからこそ老後の話をしておく

例えば、親が認知症になってしまった場合、自分の現状や気持ちを上手く伝えることができない可能性があります。また子供も親の変化や介護に疲れてしまい、余裕を持ってその後の大事な判断ができない場合もあります。まだ親が元気なうちに話し合いを行い、認知症になってしまったら施設に入ってもいい、介護が大変になってきたらヘルパーを利用したりして迷惑をかけたくない、最後までできるだけ自宅で生活がしたいなどという思いを共有しておけば、いざという時に判断がしやすくなります。

どうやって話すきっかけを作るか

老後の話をしたいとは思っていてもなかなかできない場合は、思い切って面と向かって真面目に話す方法もありますが、普段の会話の中でさりげなく探っていく方法もあります。たとえばテレビを見ていて介護施設が出てきたら将来こういったところに入るのはどう思うのかなど聞いてみるといいかもしれません。親も子供に迷惑をかけたくないと思い、面と向かっては本心を言えない可能性もありますので本音を言える空気をつくるのも大切です。そういった点では第三者だったら本音で話がしやすいといったこともあるので、親の知人などに協力してもらって探りを入れてもらうのも一つの方法です。

色々ある老後の選択肢

今は施設の種類が豊富で、いろいろな選択肢があります。また在宅介護のサービスも多岐に渡っており、自宅で介護をする人も増えています。さまざまな選択肢があるからこそ、本人が何を重要視しているか、どう生きたいのかなどがポイントになってきますのでその点を話し合うことが大切になってきます。

介護は突然やってくる可能性があります

健康寿命も延びてきており、元気に老後を過ごされる方が増えてきていますが、高齢者はふとしたことがきっかけで病気や怪我になり、その後介護生活が始まる。。というケースも少なくありません。いざという時にどういった方法があるのか、親はどうしてほしいのかを知っておき、意思疎通を図っておくと、何かあった時のために慌てず対応できるのではないでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?
    最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?
    近年では、お葬式の内容も多様化して来ました。海や山へ散骨する「自然葬」や、故人が好きだった曲を生演奏する「音楽葬」、生きているうちにお世話になった人々へ感謝を伝える「生前葬」など...。「終活」という言葉も生まれ、「自分らしい最期を迎えたい」と考える人が増えて来ています。そんな中、「エンディングドレス(死装束)」の人気が上昇中です。
    記事を見る
  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る
  • シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    介護予防の一環として、柔軟性、筋力アップ効果が期待できるヨガが注目されています。一般のヨガスタジオを始め、保健機関や自治体主催のシニア世代向けヨガ教室も増加傾向にあります。 今回は、ヨガの流派の中でも人気の高い「パワーヨガ」の前身として知られる「アシュタンガヨガ」をシニア世代でも無理なく出来るように指導する、IYCインターナショナルヨガセンター講師のゆきのさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは
    介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは
    介護職員の人手不足、労働環境など介護現場で働く職員の課題や問題についてあちこちで叫ばれています。京都府ではこういった問題を解決する一手として、人材育成などが整備されている福祉施設に対し「認証」を付与するという取り組みをはじめました。 今回はこの京都府の取り組みについてご紹介します。
    記事を見る