null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす

高齢者は外出が難しくなることが多くなります。そのため、若いころなら普通にできていたことが困難になるというケースも出てきます。家に閉じこもりがちになり他人と触れ合う機会も少なくなり、生きがい等も失われていきます。こうしたときに訪問サービスが暮らしの質を高める役に立つのです。

高齢者訪問サービスの可能性

体の自由が利きにくくなるなど、若いときと同じように動くことが難しい高齢者はちょっとした外出もおっくうになりがちです。そうなると暮らしに必要なことが十分できず生活の質が落ちることもあります。さらに、人と接する時間が少なくなることによって刺激を受けにくくなり、認知症が進みやすくなったり精神的に落ち込むことが多くなったりという事もあります。

こうした状況を改善するために、訪問サービスを利用していくという方法があります。サービス提供側に訪問してもらうことで医療や衛生につながることに取り組みやすくなることは体の健康維持に役立ちますし、人と接する機会を持つことは精神面の健康維持につながります。安否確認も兼ねることが出来るため、今後ますますニーズが高まる形といえるでしょう。

健康の要!介護に重要な口腔ケアも「訪問歯科」

訪問介護や訪問看護といったサービスを利用している高齢者は多いでしょう。同じように体の健康を守るものとして最近注目されているのが、訪問歯科サービスです。歯は消化器官の一つでもあります。歯の健康を守っていくことにより、消化がスムーズに進み、誤嚥などのトラブルを防ぐことにもつながります。虫歯や歯周病の治療はもちろん必要ですが、それ以外にも口の中を清潔に保つためのメンテナンスも定期的に行っていく必要があります。しかし、高齢になると自分自身でしっかり歯磨きを行うことも難しくなっていきます。そのため、訪問歯科の役割が大きくなってきているのです。口内細菌が他の病気の原因となる場合もありますから、そういったところから引き起こされる病気を防ぐことが出来るというメリットもあります。

髪を切るだけでも、気分が変わるのは高齢者も同じ!「訪問美容」

意外と軽視されがちなものとして美容が挙げられます。以前はきれいに髪の毛を整えていたけれど、まめに美容院に通うこともできず、髪が伸び切手乱れたままになってしまう事はよくあります。美容は命にかかわることではないので本人も周囲もあまり重視しないものです。しかし、髪の毛が洗いにくくなってくると@strong
{皮膚病などのリスク}が生じてきます。

また、きれいに装う事は単なる趣味というだけではなく、気持ちのハリにもつながるものです。きれいに髪を整えることでやる気が出たり、生きる気力がわいてきたりという事もあります。ヘアメイクやお洒落をすることで積極的に外へ出ようという気持ちもわいてくることがあります。高齢になってもこうした気力を持ち続けるために、訪問美容という形で美容サービスを受けるのが理想です。

まとめ

高齢者であっても、生き生きと過ごしていきたいという願いは変わりません。それを支えるサービスを利用しやすいような方向へ進めていきたいものです。外出が難しくなってもこれまで通りの生活が送れるように、訪問歯科や訪問美容などといった訪問サービスも積極的に利用していきましょう。高齢者の健康を守り生きがいを与えるだけではなく、もしもの時の見守りサービスとしても機能します。こうしたサービスがあることを知っておくだけでも、介護生活を楽にするヒントとなることでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 家事にもヘルパーを!便利な「家事代行」賢く
    家事にもヘルパーを!便利な「家事代行」賢く
    介護疲れで家事が辛い、忙しくて手が回らないなど、誰かに家事を頼みたいときはありますよね。そんなときに便利なのが家事の代行サービスです。介護のサポートは、自治体だけでなく企業の手を借りるのもひとつの手段。ここでは、介護中の家事負担を軽減できる便利なサービスをご紹介します。
    記事を見る
  • 知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説
    知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説
    仕事や家庭の都合で、遠距離介護の必要に迫られることも少なくありません。常に目を配れないため不安が伴いがちですが、ポイントを押さえておけば遠距離介護でも安心です。また無理な呼び寄せは、逆に両者にとって負担になる可能性もあります。 遠距離介護の例やポイント、呼び寄せ症候群などについて紹介します。
    記事を見る
  • 「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    『保健医療2035』の提言を皮切りに、超高齢化社会に向けて「かかりつけ医の育成・全地域への配置」が推進されています。 今回は、多彩な経歴を持ちながら「まちのお医者さん」として地域医療モデルを切り拓く、みいクリニック院長の宮田俊男医師にお話を伺いました。 地域医療モデルの構築・発信だけでなく、内閣官房補佐官をはじめ、若手育成、医療機器開発にも取り組んでおられます。
    記事を見る
  • 認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    高齢者数の増加に伴い、認知症を持つ高齢者も増加しています。認知症の方が、施設ではなく住み慣れた地域で安心して暮らすために、現在日本では様々な対応が進められています。その中の1つが、見守り活動です。地域のボランティア活動から、企業によるサービスまでをご紹介します。
    記事を見る
  • 男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    女性が多いと思われがちな介護ですが、介護者のうち約3分の1は男性だということが分かっています。そして男性介護者による介護殺人、無理心中なども多く報告されるようになっています。なぜ男性は、このような事件を起こしやすいのでしょうか。今回は男性介護者をめぐる現状と、相談先を紹介します。
    記事を見る