null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業

軽度生活支援事業という言葉を知っていますか?この事業は、高齢者に対し日常生活の援助を行うことにより、自立した生活の継続、要介護状態への進行を防止することを目的として各自治体が行っています。今回は自治体による軽度生活支援事業の実施例をご紹介します。

北海道釧路市

対象者 除雪を安全におこなう労力が無いおおむね65歳以上の一人暮らし、または夫婦世帯で日常生活をおくるのに支障がある人。重度の身体障害者
支援内容 外出に必要な通路や火災などの事故を防止するためのスペースを確保するための除雪
利用金額 1回100円
問い合わせ先 介護高齢課 毎年11月頃に申請受付け

埼玉県川口市

対象者 おおむね65歳以上の一人暮らし、または高齢者のみの世帯で怪我などの理由によって軽い作業に援助が必要な人
支援内容 庭木の水やり、草取り、家具転倒防止器具等の取り付けなど ※家具転倒防止器具は自分で用意する
利用金額 費用は要介護認定1~4の方1時間300円、要介護認定5の方1時間500円
問い合わせ先 長寿支援課 支援係 048-259-7652

千葉県松戸市

対象者 75歳以上の一人暮らしの高齢者、または75歳以上の高齢者のみの世帯、または介護保険にて要介護認定を受けている40歳以上の単身世帯の人
支援内容 月に1回ミニ援助券が配布される。ミニ援助券で庭の草むしりや掃除、洗濯、買い物などの日常生活の援助
利用金額 1枚当たり100円で1時間までの仕事を頼むことが可能
問い合わせ先 介護支援課 介護給付担当室 047-36-7076

福井県越前市

対象者 65歳以上の一人暮らし、高齢者のみの世帯で老衰やけがなどで一時的に日常生活に援助が必要な人
支援内容 寝具などの大きなものの洗濯、庭の手入れ、家屋の簡単な修理、玄関の前の除雪
利用金額 1時間当たり600円の援助が受けられる。業者には1時間当たり600円を差し引いた金額を利用者が支払う。
問い合わせ先 市民福祉部 長寿福祉課 電話 0778-22-3784

兵庫県尼崎市

対象者 65歳以上の一人暮らし、高齢者のみの世帯及びこれらに準ずる世帯で生活する高齢者で、日常生活に援助が必要な人。介護保険認定が無い場合は地域包括支援センターが調査の上で審査を行う。
支援内容 外出の付き添い、買い物、寝具類などの大きなものの洗濯、庭の手入れ、家屋や電気修理などの簡単な修繕、家屋内の整理整頓など。専門的な知識が必要になることや危険な作業は依頼不可。
利用金額 サービスの上限は週2時間以内で、1時間250円。生活保護世帯は免除
問い合わせ先 高齢介護課もしくは各支所の福祉担当

関連記事保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    レスパイトケアとは乳幼児や障害児・者、高齢者などを在宅でケアしている家族を癒やすため、一時的にケアを代替し、リフレッシュを図ってもらう家族支援サービスのことです。在宅介護をされている方はデイサービスやショートステイなどの介護保険サービスを利用されている方もいると思いますが、それらもレスパイトサービスの一部と言えます。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】
    もうすぐGWがやってきます。どこにお出かけしようか考えている方も多いでしょう。中には、車椅子で出かけられるスポットはないだろうかと頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、関西の車椅子OKのスポットを紹介します。この記事を参考にして、車椅子の方も含めご家族でGWを楽しんでください。
    記事を見る
  • 【愛知県】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【愛知県】車椅子で行けるお花見スポット3選
    春の足音も着々と近づいていますね。これから見事な桜が楽しめそうです。東海地方で、車椅子でも楽しめるお花見スポットを探してみました。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • ケアプランは自分で作れる!知っておきたい自己作成事情
    ケアプランは自分で作れる!知っておきたい自己作成事情
    介護サービスを利用する上で必要なケアプラン。一般的にはケアマネに作成依頼するものですが、実は自分や家族が作成できることを知っていますか?手間はかかりますが、自分が受けたい介護サービスを選ぶことは「自分らしく」生きることにつながります。今回は自分でケアプランを作ることのメリットや作成時に気を付けるポイントをお伝えします。
    記事を見る