null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業

軽度生活支援事業という言葉を知っていますか?この事業は、高齢者に対し日常生活の援助を行うことにより、自立した生活の継続、要介護状態への進行を防止することを目的として各自治体が行っています。今回は自治体による軽度生活支援事業の実施例をご紹介します。

北海道釧路市

対象者 除雪を安全におこなう労力が無いおおむね65歳以上の一人暮らし、または夫婦世帯で日常生活をおくるのに支障がある人。重度の身体障害者
支援内容 外出に必要な通路や火災などの事故を防止するためのスペースを確保するための除雪
利用金額 1回100円
問い合わせ先 介護高齢課 毎年11月頃に申請受付け

埼玉県川口市

対象者 おおむね65歳以上の一人暮らし、または高齢者のみの世帯で怪我などの理由によって軽い作業に援助が必要な人
支援内容 庭木の水やり、草取り、家具転倒防止器具等の取り付けなど ※家具転倒防止器具は自分で用意する
利用金額 費用は要介護認定1~4の方1時間300円、要介護認定5の方1時間500円
問い合わせ先 長寿支援課 支援係 048-259-7652

千葉県松戸市

対象者 75歳以上の一人暮らしの高齢者、または75歳以上の高齢者のみの世帯、または介護保険にて要介護認定を受けている40歳以上の単身世帯の人
支援内容 月に1回ミニ援助券が配布される。ミニ援助券で庭の草むしりや掃除、洗濯、買い物などの日常生活の援助
利用金額 1枚当たり100円で1時間までの仕事を頼むことが可能
問い合わせ先 介護支援課 介護給付担当室 047-36-7076

福井県越前市

対象者 65歳以上の一人暮らし、高齢者のみの世帯で老衰やけがなどで一時的に日常生活に援助が必要な人
支援内容 寝具などの大きなものの洗濯、庭の手入れ、家屋の簡単な修理、玄関の前の除雪
利用金額 1時間当たり600円の援助が受けられる。業者には1時間当たり600円を差し引いた金額を利用者が支払う。
問い合わせ先 市民福祉部 長寿福祉課 電話 0778-22-3784

兵庫県尼崎市

対象者 65歳以上の一人暮らし、高齢者のみの世帯及びこれらに準ずる世帯で生活する高齢者で、日常生活に援助が必要な人。介護保険認定が無い場合は地域包括支援センターが調査の上で審査を行う。
支援内容 外出の付き添い、買い物、寝具類などの大きなものの洗濯、庭の手入れ、家屋や電気修理などの簡単な修繕、家屋内の整理整頓など。専門的な知識が必要になることや危険な作業は依頼不可。
利用金額 サービスの上限は週2時間以内で、1時間250円。生活保護世帯は免除
問い合わせ先 高齢介護課もしくは各支所の福祉担当

関連記事保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?
    認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?
    認知症カフェとは、認知症の方やその家族、介護・医療従事者、地域の人々が集い、交流や情報交換を行うカフェのことです。ヨーロッパではじまり、日本では全国で約30か所ほどあり、年々増加傾向にあります。今回は認知症カフェとは何か、その特徴をまとめました。
    記事を見る
  • 大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人との思い出は時間が経っても、それぞれの人生に大きな影響を与えることが多いのではないでしょうか。 死別直後の方や、何年も時間が経った方、それぞれが抱える喜びや悲しみを“死別”という体験をした者同士が安心して語り合える場所があります。 ハワイ生まれのNPO法人ハワイ日本語グリーフケア協会(通称:HUG Hawaii/ハグハワイ)です。 今回は、それぞれの思いを尊重してサポートしあう場を提供する、HUG Hawaii(ハグハワイ)東京ファシリテーターの内宮美知子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • この症状が出たら注意!脳こうそくの前触れ発作
    この症状が出たら注意!脳こうそくの前触れ発作
    がん、心臓疾患、肺炎と並んで日本人の4大死因の一つに挙げられる脳卒中。脳卒中の一つである、脳こうそくは早期治療が重要とされており、時間が経てば経つほど重度の後遺症が残るとされています。今回は脳こうそくの早期発見のポイントについてご紹介します。
    記事を見る
  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    ネット通販大手が参入し、一時期、話題になった「僧侶派遣サービス」。 運営母体の多くが企業である中、「寺院」が運営主体となり、宗派の垣根を飛び超え、家庭や地域とつながるユニークな団体があります。 大阪・東京を中心に70以上の寺院が協力し、多岐に渡って”人々をつなぐ“活動を展開する「一般社団法人お寺さんの会」。本日は東京の活動拠点である西栄寺東京別院の榎本住職にお話を伺いました。
    記事を見る