null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

物忘れ外来ってどんなところ?

物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階であるものがあり、早期診断が重要となります。物忘れ外来では、ちょっとした物忘れが病的認知症によるものかどうかを診断し治療を行います。今回は物忘れ外来の特徴や受診のポイントについてご紹介します。

気軽に診断してくれる!物忘れ外来とは

「最近物忘れが激しい」そう思ったとき、どの診療科で診察をしてもらうでしょうか。精神科や脳外科、神経内科などいろいろありますが、意外とどこで診察してもらえば良いかというのは悩むものです。
その受け皿となる場所、それこそが「物忘れ外来」です。専門医資格を持っている医師が多い物忘れ外来は、普通の診療科よりも専門性が高いため、高齢者や家族にとっても信頼できる場所です。
また、「物忘れ」というと、その原因が加齢によるものなのか、認知症やアルツハイマーが原因となっているかわからないものです。念のために受診をするべきなのですが、ただの老化現象だと決め付け、受診をしない人が多くいます。
そのような方たちでも気軽に診断してもらえるのが物忘れ外来です。窓口が広いため、気軽に診断してもらうことができます。

診療内容は?

物忘れ外来では、その物忘れの原因を特定してくれます。様々な話を患者から聞き、その内容が正しいものかどうか、家族の方とすり合わせを行いながら、認知症なのかどうかということを判断していきます。
認知症やアルツハイマーの可能性が高いと診断されれば、MRIなどのような画像検査が行われ、最終的な診断がされます。確実に物忘れの原因を特定してくれるので、患者は安心感を得ることができます。

認知症の兆候?この症状が出ている人は物忘れ外来へ

認知症には様々な症状が表れますが、その中でも特徴的な症状を紹介していきたいと思います。心当たりのある人は、すぐに物忘れ外来で診断してもらいましょう。

  • 無意識に同じ話を何度もしてしまう
  • たった今やろうと思ったことが思い出せない
  • きっかけもなく気分が落ち込む
  • 何か物をなくしてしまったとき、人のせいにしてしまう
  • 家までの帰り道がわからなくなってしまうことがある

以上の症状は典型的な認知症やアルツハイマーの症状です。必ずしもそうだというわけではありませんが、念のため、物忘れ外来でみてもらうようにしましょう。

受診前の準備!家族は情報を整理しておくこと

先にも触れましたが、認知症の診察をする際には、ご家族にも話を聞くことになります。尋ねられる内容としては大きく二つです。それは、行動可能な範囲と異常行動についてです。
行動可能な範囲とは、患者がどのようなことをできるのかということです。遠出することができるか、薬を正しく飲むことができるか、金銭を管理することができるかということや、入浴や着替え、トイレなどが一人でできるかどうかということを尋ねられます。
異常行動については、暴力や暴言、夜の徘徊、過剰な被害妄想などについてです。
家族は物忘れ外来に行けばこのようなことについて尋ねられることになります。突然尋ねられても思い出せないこともあるはずですので、そのようなことを事前にまとめておくということが大切になってくるのです。

早期発見であればあるほどメリットがある

アルツハイマーという病気は誰もが恐れる病気です。今でも、完全に治療することはできません。しかし、その症状を遅らせることのできる薬は存在します。そのため、早期発見であればあるほど大きなメリットを得られるのです。
アルツハイマーの初期症状は、認知症や加齢による物忘れと似ています。そのため、ただの加齢によるものだと誤認してしまう人が多いのです。しかしその結果、脳の萎縮がかなり進行した状態で発見されるということが起きてしまうのです。
そのため、「あれ?」と少しでも異変を感じたら、すぐに診察を受けるようにするということが大切です。そして、家族も同様の意識を持っておかなければなりません。

本人の受診の意思がない場合はこちらの記事を参考に、受診するようにしましょう。
もしかして認知症・・?不安になったらすべきこと

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    核家族化が進む中、それに伴い遠距離介護をするケースが増えています。遠距離介護というと通常の介護に比べ、交通費の負担だけでなく心身共に負担が大きいものです。遠距離介護をしていくためにどういった点に気をつけるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    高齢になるにつれ、様々な持病や疾患が生じ、毎日の薬が欠かせなくなる場合があります。そんな時、正しい種類・量の薬を正しい時間に服用することが重要になります。しかし高齢者にとって服薬管理は難しく、1度の失敗が生命に関わることもあります。そのような状況を受け、居宅療養管理指導を始めとする服薬支援のサービスが充実しつつあります。
    記事を見る
  • 実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。
    記事を見る
  • “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    長寿国日本の平均寿命は今年、男女とも過去最高を更新し、男性80.75歳、女性86.99歳と発表されました。(厚生労働省 第22回生命表) 平均寿命は今後も伸びると予測される中、自分自身の人生の幕引きの準備と共に、介護・医療・葬儀・埋葬の準備について、選ぶ側の知識と選別眼がより重要になってくると思われます。 今回は、全体像が見えにくい終活について、業界のウラ事情も含めて、みんなでたのしく講義形式で学ぶことができる“終活大学”を主催するNPO法人終活サポートセンター理事の水上由輝德さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る