null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

物忘れ外来ってどんなところ?

物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階であるものがあり、早期診断が重要となります。物忘れ外来では、ちょっとした物忘れが病的認知症によるものかどうかを診断し治療を行います。今回は物忘れ外来の特徴や受診のポイントについてご紹介します。

気軽に診断してくれる!物忘れ外来とは

「最近物忘れが激しい」そう思ったとき、どの診療科で診察をしてもらうでしょうか。精神科や脳外科、神経内科などいろいろありますが、意外とどこで診察してもらえば良いかというのは悩むものです。
その受け皿となる場所、それこそが「物忘れ外来」です。専門医資格を持っている医師が多い物忘れ外来は、普通の診療科よりも専門性が高いため、高齢者や家族にとっても信頼できる場所です。
また、「物忘れ」というと、その原因が加齢によるものなのか、認知症やアルツハイマーが原因となっているかわからないものです。念のために受診をするべきなのですが、ただの老化現象だと決め付け、受診をしない人が多くいます。
そのような方たちでも気軽に診断してもらえるのが物忘れ外来です。窓口が広いため、気軽に診断してもらうことができます。

診療内容は?

物忘れ外来では、その物忘れの原因を特定してくれます。様々な話を患者から聞き、その内容が正しいものかどうか、家族の方とすり合わせを行いながら、認知症なのかどうかということを判断していきます。
認知症やアルツハイマーの可能性が高いと診断されれば、MRIなどのような画像検査が行われ、最終的な診断がされます。確実に物忘れの原因を特定してくれるので、患者は安心感を得ることができます。

認知症の兆候?この症状が出ている人は物忘れ外来へ

認知症には様々な症状が表れますが、その中でも特徴的な症状を紹介していきたいと思います。心当たりのある人は、すぐに物忘れ外来で診断してもらいましょう。

  • 無意識に同じ話を何度もしてしまう
  • たった今やろうと思ったことが思い出せない
  • きっかけもなく気分が落ち込む
  • 何か物をなくしてしまったとき、人のせいにしてしまう
  • 家までの帰り道がわからなくなってしまうことがある

以上の症状は典型的な認知症やアルツハイマーの症状です。必ずしもそうだというわけではありませんが、念のため、物忘れ外来でみてもらうようにしましょう。

受診前の準備!家族は情報を整理しておくこと

先にも触れましたが、認知症の診察をする際には、ご家族にも話を聞くことになります。尋ねられる内容としては大きく二つです。それは、行動可能な範囲と異常行動についてです。
行動可能な範囲とは、患者がどのようなことをできるのかということです。遠出することができるか、薬を正しく飲むことができるか、金銭を管理することができるかということや、入浴や着替え、トイレなどが一人でできるかどうかということを尋ねられます。
異常行動については、暴力や暴言、夜の徘徊、過剰な被害妄想などについてです。
家族は物忘れ外来に行けばこのようなことについて尋ねられることになります。突然尋ねられても思い出せないこともあるはずですので、そのようなことを事前にまとめておくということが大切になってくるのです。

早期発見であればあるほどメリットがある

アルツハイマーという病気は誰もが恐れる病気です。今でも、完全に治療することはできません。しかし、その症状を遅らせることのできる薬は存在します。そのため、早期発見であればあるほど大きなメリットを得られるのです。
アルツハイマーの初期症状は、認知症や加齢による物忘れと似ています。そのため、ただの加齢によるものだと誤認してしまう人が多いのです。しかしその結果、脳の萎縮がかなり進行した状態で発見されるということが起きてしまうのです。
そのため、「あれ?」と少しでも異変を感じたら、すぐに診察を受けるようにするということが大切です。そして、家族も同様の意識を持っておかなければなりません。

本人の受診の意思がない場合はこちらの記事を参考に、受診するようにしましょう。
もしかして認知症・・?不安になったらすべきこと

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    現在の日本は、全人口の約13%が75歳以上の後期高齢者という超高齢社会を迎えています。その結果、大きな社会問題になっているのが介護の問題です。長年に渡る身内の介護の結果、体力的及び精神的に追い詰められて、不幸な事件に結びついている例も少なくありません。そのような事態を回避するために何を行うべきなのか、そのコツをご紹介します。
    記事を見る
  • 自分の親が介護が必要になった際に掛かる、お金を今から知っておきましょう!
    自分の親が介護が必要になった際に掛かる、お金を今から知っておきましょう!
    親の介護と言っても、怪我や病気が原因で急に介護が必要になる人や、物忘れの症状が徐々に進行して目が離せなくなり、そろそろ介護が必要になりそうな人など、人それぞれです。共通して不安になることは、介護にかかるお金がどれくらいになるのかということでしょう。今回は、具体例を挙げながら、介護にかかるお金を月額で説明していきます。
    記事を見る
  • 誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    年明けが近くなり、年賀状の準備をはじめる方も多いのではないでしょうか。 手書きの手紙や葉書の価値を感じても、「字に自信がない。絵心もない」と、ためらう方も増えている印象です。 今回は、字を書ける人なら誰でも短時間で笑顔あふれる文字の書き方を習得できる「笑い文字」を全国に広げている、一般社団法人 笑い文字普及協会代表理事の廣江まさみさんにお話を伺いました。 約3年間で受講者数1.5万人(2017年春)が受講した「90分で書ける ありがとう講座」、地域限定の日本郵便とコラボした笑い文字フレーム切手(2017年12月発売)が大人気です。
    記事を見る
  • 「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    『保健医療2035』の提言を皮切りに、超高齢化社会に向けて「かかりつけ医の育成・全地域への配置」が推進されています。 今回は、多彩な経歴を持ちながら「まちのお医者さん」として地域医療モデルを切り拓く、みいクリニック院長の宮田俊男医師にお話を伺いました。 地域医療モデルの構築・発信だけでなく、内閣官房補佐官をはじめ、若手育成、医療機器開発にも取り組んでおられます。
    記事を見る
  • 認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    高齢者数の増加に伴い、認知症を持つ高齢者も増加しています。認知症の方が、施設ではなく住み慣れた地域で安心して暮らすために、現在日本では様々な対応が進められています。その中の1つが、見守り活動です。地域のボランティア活動から、企業によるサービスまでをご紹介します。
    記事を見る