null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

物忘れ外来ってどんなところ?

物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階であるものがあり、早期診断が重要となります。物忘れ外来では、ちょっとした物忘れが病的認知症によるものかどうかを診断し治療を行います。今回は物忘れ外来の特徴や受診のポイントについてご紹介します。

気軽に診断してくれる!物忘れ外来とは

「最近物忘れが激しい」そう思ったとき、どの診療科で診察をしてもらうでしょうか。精神科や脳外科、神経内科などいろいろありますが、意外とどこで診察してもらえば良いかというのは悩むものです。
その受け皿となる場所、それこそが「物忘れ外来」です。専門医資格を持っている医師が多い物忘れ外来は、普通の診療科よりも専門性が高いため、高齢者や家族にとっても信頼できる場所です。
また、「物忘れ」というと、その原因が加齢によるものなのか、認知症やアルツハイマーが原因となっているかわからないものです。念のために受診をするべきなのですが、ただの老化現象だと決め付け、受診をしない人が多くいます。
そのような方たちでも気軽に診断してもらえるのが物忘れ外来です。窓口が広いため、気軽に診断してもらうことができます。

診療内容は?

物忘れ外来では、その物忘れの原因を特定してくれます。様々な話を患者から聞き、その内容が正しいものかどうか、家族の方とすり合わせを行いながら、認知症なのかどうかということを判断していきます。
認知症やアルツハイマーの可能性が高いと診断されれば、MRIなどのような画像検査が行われ、最終的な診断がされます。確実に物忘れの原因を特定してくれるので、患者は安心感を得ることができます。

認知症の兆候?この症状が出ている人は物忘れ外来へ

認知症には様々な症状が表れますが、その中でも特徴的な症状を紹介していきたいと思います。心当たりのある人は、すぐに物忘れ外来で診断してもらいましょう。

  • 無意識に同じ話を何度もしてしまう
  • たった今やろうと思ったことが思い出せない
  • きっかけもなく気分が落ち込む
  • 何か物をなくしてしまったとき、人のせいにしてしまう
  • 家までの帰り道がわからなくなってしまうことがある

以上の症状は典型的な認知症やアルツハイマーの症状です。必ずしもそうだというわけではありませんが、念のため、物忘れ外来でみてもらうようにしましょう。

受診前の準備!家族は情報を整理しておくこと

先にも触れましたが、認知症の診察をする際には、ご家族にも話を聞くことになります。尋ねられる内容としては大きく二つです。それは、行動可能な範囲と異常行動についてです。
行動可能な範囲とは、患者がどのようなことをできるのかということです。遠出することができるか、薬を正しく飲むことができるか、金銭を管理することができるかということや、入浴や着替え、トイレなどが一人でできるかどうかということを尋ねられます。
異常行動については、暴力や暴言、夜の徘徊、過剰な被害妄想などについてです。
家族は物忘れ外来に行けばこのようなことについて尋ねられることになります。突然尋ねられても思い出せないこともあるはずですので、そのようなことを事前にまとめておくということが大切になってくるのです。

早期発見であればあるほどメリットがある

アルツハイマーという病気は誰もが恐れる病気です。今でも、完全に治療することはできません。しかし、その症状を遅らせることのできる薬は存在します。そのため、早期発見であればあるほど大きなメリットを得られるのです。
アルツハイマーの初期症状は、認知症や加齢による物忘れと似ています。そのため、ただの加齢によるものだと誤認してしまう人が多いのです。しかしその結果、脳の萎縮がかなり進行した状態で発見されるということが起きてしまうのです。
そのため、「あれ?」と少しでも異変を感じたら、すぐに診察を受けるようにするということが大切です。そして、家族も同様の意識を持っておかなければなりません。

本人の受診の意思がない場合はこちらの記事を参考に、受診するようにしましょう。
もしかして認知症・・?不安になったらすべきこと

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 認認夫婦、2人で生活できる?
    認認夫婦、2人で生活できる?
    認知症同士の高齢者夫婦のことを認認夫婦と呼びます。高齢化、核家族化に伴いこうした認認夫婦や老老介護は増えていく一方です。今回は認認夫婦の実態についてまとめました。
    記事を見る
  • “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    排泄は高齢者にとって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)や尊厳に関わる非常に重要な要素です。排泄ケアが必要になると、在宅生活の継続が困難になるケースも多く、未病ケアや自立支援の発展に期待が寄せられています。 また、平成25年度国民生活基礎調査による便秘人口分布によると、60代から男女共に便秘の有訴者数が増えています。 今回は、自分で腸のケアができるようになる「セルフ腸ほぐし」の指導にも力を入れている、腸律セラピーサロンセラピーエ代表の小澤かおりさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 2017年に介護休業の分割取得が可能に。改正の意味とは?
    2017年に介護休業の分割取得が可能に。改正の意味とは?
    厚生労働省では、介護休業制度をより使いやすいものとするため、制度の見直しを進めています。介護休業は「育児・介護休業法」によって定められており、2010年の改正では、介護休暇や父親の育児休業などの分野で改善が行われました。今回の見直しでは、介護休業の分割が焦点となり、「改正育児・介護休業法」が、2017年に施工されることが決まりました。休業の分割取得は何の意味があるのでしょうか?
    記事を見る
  • 実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。
    記事を見る
  • 「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    今回は、仕事と介護の両立支援・介護離職防止支援のテーマ第二弾!企業へのインタビューとして、PwCあらた有限責任監査法人システム・プロセス・アシュアランス部江原様にインタビューを実施させていただきました。
    記事を見る