null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

みんなどう思ってる?自分の老後についての意識調査

みなさんは自分の老後や介護について心配になったり不安になったりしたことはありますか。今回は中年の男女に聞いた「老後の生活に関する意識調査」の内容をまとめました。

“自分の介護をしてくれる人がいるのか不安”6割

自分の介護をしてくれる人がいるのか不安に感じることが「非常にある」と回答した人の割合が13.7%、「どちらかといえばあてはまる」とした人が46.1%で、合わせると59.8%が、自分の介護をする担い手がいないのかもしれないと考えていることがわかります。
「どちらかといえばあてはまらない」と答えた割合は32.6%、「全くあてはまらない」と答えた割合は7.6%でした。

“施設や介護サービスの利用”に大半は前向き

自分に介護が必要になったら、(老人ホームや介護施設に入るなどし)家族には迷惑を掛けたくないと思うかという質問に対しては、「非常にあてはまる」と答えた人の割合が46.2%、「どちらかといえばあてはまる」と答えた割合が45.7%で、実に91.9%の人が、家族には迷惑を掛けたくないと考えていることがわかりました。

その一方で、自分に介護が必要になっても、介護サービスは利用して欲しくないと思うかという質問には、「非常にあてはまる」が2.0%、「どちらかといえばあてはまる」が11.1%となり、合わせて13.1%の人が、介護サービスを利用して欲しいと考えていることがわかります。

“配偶者の介護ができるか不安”8割近く

では、自分ではなく、配偶者の介護ということになるとどのようになるでしょう。

自分が配偶者の介護ができるか不安に感じることがあるかという質問に、「非常にあてはまる」と回答した人の割合は27.1%、「どちらかといえばあてはまる」と答えたのは49.9%ですから、77.0%の人が配偶者を介護できるかどうか不安に感じていることになります。

「どちらかといえばあてはまらない」と答えたのは18.9%、「全くあてはまらない」が4.1%でした。

“配偶者に介護が必要になっても、自宅で一緒に暮らしたいと思う”7割

配偶者に介護が必要になっても、自宅で一緒に暮らしたいと思うかという質問には、「非常にあてはまる」と回答した人の割合が13.8%、「どちらかといえばあてはまる」が56.7%で、合わせると配偶者を自宅で介護したいと考えている人は70.5%に上ることがわかります。

配偶者の介護にも介護サービスを利用したいと考えている人が84.4%いることもこの調査でわかっていますので、配偶者の介護には不安はあるものの、介護サービスを利用しながら、自宅で一緒に暮らしていきたいと考えている人が多いことが明らかになりました。

“将来、配偶者に介護が必要になったら、経済的に耐えられないと思う”4人に3人

しかし、将来、配偶者に介護が必要になったら、経済的に耐えられないと思うかという質問に対しては、「非常にあてはまる」と回答した人の割合が28.0%、「どちらかといえばあてはまる」の割合が46.0%になり、合わせると74.0%の人が、配偶者の介護で経済的に持たないのではないかという心配を抱いていることがわかります。4人に3人という割合になっています。さきほど、配偶者の介護ができるか不安という割合が8割近くありましたが、その中にもこの経済的な不安が含まれているのかもしれませんね。

さらに、夫婦が同時期に介護を必要とするのではないかと不安に感じることがあるかという質問には、65.1%の人が不安を感じていると回答しています。

介護サービス利用に消極的な層 男性は女性の3倍以上に

先で、自分に介護が必要になっても、介護サービスを利用して欲しくないと考えている人の割合が13.1%であることをお伝えしました。この割合は男女合わせての数字になるのですが、男性と女性を分けた数字を見ると、男女で意識の差があるということが見えてきます。

この質問に対し、20.2%の男性が介護サービスを利用して欲しくないと回答していますから、5人に1人の割合ということになります。女性は6.0%なので、女性の3倍以上の男性が、自分の介護には介護サービスを利用して欲しくないと考えているということがわかります。

配偶者の介護の場合でも、男性は4人に1人が利用したくないと考えていて、こちらも女性の3倍以上になっています。

不安や心配は、介護を知ることで吹き飛ばそう

介護について経験や知識がないと、ぼんやりとした「不安」を持つことになります。
知らないことや分からないことに関しては、誰でも不安になります。この不安を解消するには、「知る」ということが大切です。介護についても、介護保険のこと・お金のことちょっとした知識を入れるだけでも不安を解消できるかもしれません。
必要な準備は、体や頭が元気なうちに始めましょう。


参考サイト:http://www.medicarelife.com/research/005/05/

最新記事を受け取る

併せて読みたい記事

  • 【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選
    高齢者の方も足が不自由になると、車椅子に頼ることになり、お花見に行くのは無理なのではと考えている人もいるかもしれません。しかし、最近の公園はバリアフリー化も進み、車椅子でも快適に花見ができるのです。そんな、花見が楽しめる公園を厳選して3つ紹介します。
    記事を見る
  • 認認夫婦、2人で生活できる?
    認認夫婦、2人で生活できる?
    認知症同士の高齢者夫婦のことを認認夫婦と呼びます。高齢化、核家族化に伴いこうした認認夫婦や老老介護は増えていく一方です。今回は認認夫婦の実態についてまとめました。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関東】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関東】
    関東の紅葉は早いところでは10月上旬から見ごろを迎え、12月上旬まで楽しめます。山間部の紅葉スポットもいろいろありますが、アクセスしやすい都心部でも楽しめるところがたくさんあります。今回は、車椅子で紅葉を見ることができるおすすめスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る