null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

みんなどう思ってる?自分の老後についての意識調査

みなさんは自分の老後や介護について心配になったり不安になったりしたことはありますか。今回は中年の男女に聞いた「老後の生活に関する意識調査」の内容をまとめました。

“自分の介護をしてくれる人がいるのか不安”6割

自分の介護をしてくれる人がいるのか不安に感じることが「非常にある」と回答した人の割合が13.7%、「どちらかといえばあてはまる」とした人が46.1%で、合わせると59.8%が、自分の介護をする担い手がいないのかもしれないと考えていることがわかります。
「どちらかといえばあてはまらない」と答えた割合は32.6%、「全くあてはまらない」と答えた割合は7.6%でした。

“施設や介護サービスの利用”に大半は前向き

自分に介護が必要になったら、(老人ホームや介護施設に入るなどし)家族には迷惑を掛けたくないと思うかという質問に対しては、「非常にあてはまる」と答えた人の割合が46.2%、「どちらかといえばあてはまる」と答えた割合が45.7%で、実に91.9%の人が、家族には迷惑を掛けたくないと考えていることがわかりました。

その一方で、自分に介護が必要になっても、介護サービスは利用して欲しくないと思うかという質問には、「非常にあてはまる」が2.0%、「どちらかといえばあてはまる」が11.1%となり、合わせて13.1%の人が、介護サービスを利用して欲しいと考えていることがわかります。

“配偶者の介護ができるか不安”8割近く

では、自分ではなく、配偶者の介護ということになるとどのようになるでしょう。

自分が配偶者の介護ができるか不安に感じることがあるかという質問に、「非常にあてはまる」と回答した人の割合は27.1%、「どちらかといえばあてはまる」と答えたのは49.9%ですから、77.0%の人が配偶者を介護できるかどうか不安に感じていることになります。

「どちらかといえばあてはまらない」と答えたのは18.9%、「全くあてはまらない」が4.1%でした。

“配偶者に介護が必要になっても、自宅で一緒に暮らしたいと思う”7割

配偶者に介護が必要になっても、自宅で一緒に暮らしたいと思うかという質問には、「非常にあてはまる」と回答した人の割合が13.8%、「どちらかといえばあてはまる」が56.7%で、合わせると配偶者を自宅で介護したいと考えている人は70.5%に上ることがわかります。

配偶者の介護にも介護サービスを利用したいと考えている人が84.4%いることもこの調査でわかっていますので、配偶者の介護には不安はあるものの、介護サービスを利用しながら、自宅で一緒に暮らしていきたいと考えている人が多いことが明らかになりました。

“将来、配偶者に介護が必要になったら、経済的に耐えられないと思う”4人に3人

しかし、将来、配偶者に介護が必要になったら、経済的に耐えられないと思うかという質問に対しては、「非常にあてはまる」と回答した人の割合が28.0%、「どちらかといえばあてはまる」の割合が46.0%になり、合わせると74.0%の人が、配偶者の介護で経済的に持たないのではないかという心配を抱いていることがわかります。4人に3人という割合になっています。さきほど、配偶者の介護ができるか不安という割合が8割近くありましたが、その中にもこの経済的な不安が含まれているのかもしれませんね。

さらに、夫婦が同時期に介護を必要とするのではないかと不安に感じることがあるかという質問には、65.1%の人が不安を感じていると回答しています。

介護サービス利用に消極的な層 男性は女性の3倍以上に

先で、自分に介護が必要になっても、介護サービスを利用して欲しくないと考えている人の割合が13.1%であることをお伝えしました。この割合は男女合わせての数字になるのですが、男性と女性を分けた数字を見ると、男女で意識の差があるということが見えてきます。

この質問に対し、20.2%の男性が介護サービスを利用して欲しくないと回答していますから、5人に1人の割合ということになります。女性は6.0%なので、女性の3倍以上の男性が、自分の介護には介護サービスを利用して欲しくないと考えているということがわかります。

配偶者の介護の場合でも、男性は4人に1人が利用したくないと考えていて、こちらも女性の3倍以上になっています。

不安や心配は、介護を知ることで吹き飛ばそう

介護について経験や知識がないと、ぼんやりとした「不安」を持つことになります。
知らないことや分からないことに関しては、誰でも不安になります。この不安を解消するには、「知る」ということが大切です。介護についても、介護保険のこと・お金のことちょっとした知識を入れるだけでも不安を解消できるかもしれません。
必要な準備は、体や頭が元気なうちに始めましょう。


参考サイト:http://www.medicarelife.com/research/005/05/

最新記事を受け取る

併せて読みたい記事

  • ホームヘルパーにどこまで頼めるの?仕事内容から時間制限まで解説!
    ホームヘルパーにどこまで頼めるの?仕事内容から時間制限まで解説!
    訪問介護サービスを利用するときは、ホームヘルパーが要介護者の身の回りの世話をします。ホームヘルパーに対して、どのような内容を、どのくらい頼めるのでしょうか。基本的な仕事内容から、介護保険制度に伴う自己負担額、意外と知らない時間制限などをご紹介します。サービス内容を理解したうえで、要介護者にとって適切な利用をしましょう。
    記事を見る
  • 介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。
    記事を見る
  • 通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    今や高齢者や忙しい家族向けに、インターネットでほとんどの介護用品が購入できるようになりました。そんな介護用品の中でも消耗品として頻繁に買う必要のある『おむつ』。持ち運びはかさばるので気が重いですよね。今回はそんなおむつを玄関先まで届けてもらえる、インターネット通販利用のコツやおすすめ購入サイト(お店)をご紹介します。
    記事を見る
  • 今すぐ出来る!高齢者の転倒防止対策まとめ(自宅編)
    今すぐ出来る!高齢者の転倒防止対策まとめ(自宅編)
    転倒による骨折・ケガから介護が必要になる人は少なくありません。あらかじめ転倒しないような工夫が必要です。今回は今から実践できる転倒防止対策をご紹介します。
    記事を見る
  • “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    長寿国日本の平均寿命は今年、男女とも過去最高を更新し、男性80.75歳、女性86.99歳と発表されました。(厚生労働省 第22回生命表) 平均寿命は今後も伸びると予測される中、自分自身の人生の幕引きの準備と共に、介護・医療・葬儀・埋葬の準備について、選ぶ側の知識と選別眼がより重要になってくると思われます。 今回は、全体像が見えにくい終活について、業界のウラ事情も含めて、みんなでたのしく講義形式で学ぶことができる“終活大学”を主催するNPO法人終活サポートセンター理事の水上由輝德さんにお話を伺いました。
    記事を見る