null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは

高齢になればなるほど食事の用意は体力的負担になり、またコンロの火の消し忘れなど思わぬ事故に繋がる危険性も出てきます。
高齢者世帯に対し自治体によって配食をしてくれるサービスがあり、企業が提供する配食サービスより比較的安価に利用することができます。今回は自治体による配食サービスをいくつかご紹介します。今回紹介できない自治体でも配食サービスを実施しているところはたくさんあるので、調べてみてはいかがでしょうか。

埼玉県川口市の配食サービス

対象者 おおむね65歳以上で食事を作ることが困難な単身又は虚弱な高齢者世帯
利用頻度 毎日の夕食 ※夕食のお届けとともに安否確認を行います。
料金 1食400円(事前にチケットを購入していただきます)
問い合わせ先 川口市役所・長寿支援課・支援係【電話:048-259-7652】


千葉県旭市の配食サービス

対象者 ひとり暮らし高齢者および高齢者のみの世帯又は高齢者及び心身に障害のある方のみで構成されている世帯で、老化、傷病等の理由により、食事の調理が困難な65歳以上の高齢者
利用頻度 週3回以内昼食 ※安否確認もあわせて行います
料金 1食300円
問い合わせ先 高齢者福祉課 高齢者班【電話:0479-62-5350】

千葉県木更津市の配食サービス

対象者 家族全員が介護保険制度の要介護者及び要支援者で構成された世帯
利用頻度 週2回昼食
料金 1食250円
問い合わせ先 木更津市 福祉部 高齢者福祉課 計画推進担当【電話:0438-23-2630】

東京都品川区の配食サービス

対象者 高齢者で低栄養の予防が必要とされる方
利用頻度 月曜日から土曜日のうち週2回まで、昼食のみ
料金 1食600円
問い合わせ先 在宅介護支援センター

岡山県倉敷市の配食サービス

対象者 ひとり暮らし高齢者 ・高齢者のみの世帯の人 ・身体障がい者手帳を所持する人
昼間ひとり暮らし又は高齢者のみになる人で、市長が特に必要と認める人
利用頻度 週7日以内(月~日・祝日)昼食のみ
料金 1食360円
問い合わせ先 倉敷市健康長寿課 水島・児島・玉島各社会福祉事務所及び真備保健福祉課

福岡県直方市の配食サービス

対象者 65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯であって心身の衰えや障がいおよび傷病等の理由により調理が困難な人
利用頻度 週6回(月曜日から土曜日)の夕食
※普通食と、治療食(カロリー500キロカロリー、塩分2.3グラム)から選択できる。
治療食を希望の方は申請時にご相談ください
料金 普通食360円 治療食510円
問い合わせ先 直方市役所 健康福祉課 高齢者支援係(地域包括支援センター)【電話:0949-25-2391】

福岡県大野城市の配食サービス

対象者 おおむね65歳以上で、ひとり暮らしもしくは高齢者のみの世帯の人。食生活に関して支援が必要と認められる人
利用頻度 毎日 昼食のみ・夕食のみ・昼夜2食から選択できます
※手渡しになります
料金 1食400円
問い合わせ先 すこやか長寿課 地域包括支援センター担当【電話:092-501-2306】

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 家事にもヘルパーを!便利な「家事代行」賢く
    家事にもヘルパーを!便利な「家事代行」賢く
    介護疲れで家事が辛い、忙しくて手が回らないなど、誰かに家事を頼みたいときはありますよね。そんなときに便利なのが家事の代行サービスです。介護のサポートは、自治体だけでなく企業の手を借りるのもひとつの手段。ここでは、介護中の家事負担を軽減できる便利なサービスをご紹介します。
    記事を見る
  • 実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 車椅子の事故原因で多いフットレスト!使用方法のまとめと注意点
    車椅子の事故原因で多いフットレスト!使用方法のまとめと注意点
    車椅子は、多くの要介護者に必要とされている移動手段の1つです。お手洗いに行く時など室内間でのちょっとした移動から、買い物や散歩といった外出時の移動まで幅広く活躍してくれます。しかし、一見すると安全に見える車椅子の移動にも危険が伴う場合があります。中でも意外と多いのがフットレストによる事故。そこで、フットレストによる事故例やその対策、フットレストの選び方についてご紹介します。
    記事を見る
  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る