null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

遠距離介護に便利!飛行機やタクシーなどの介護割引

介護はなにかとお金がかかります、そんなときにはいろんなサービスの「介護割引」を使って上手に節約していきましょう。
今回は、遠距離介護にはとくに便利な、交通サービスの介護割引をご紹介します。

航空会社各社提供の介護割引


大手航空会社で介護割引を提供しているのは、ANA(全日空)、JAL(日本航空)、SFJ(スターフライヤー)、SNA(スカイネットアジア航空)です。航空料金の割引は、1年間有効の介護パス発行により可能になります。申請方法は、各航空会社によって異なりますが、一般的に要介護認定やマイレージカードの登録が必要です。割引率は約27〜43%、繁忙期や当日予約でも可能な割引や、割引率の高い早期予約割引、所定の株数に応じた株主優待割引もあります。ただし、割引人数や座席数、介護される人との関係性など条件は細かく指定されているので、利用する際は注意が必要です。

タクシー会社提供の介護割引


タクシー会社独自で介護割引を実施したり、介護タクシーのサービスを提供しています。割引率やサービスなどはタクシー会社によって異なりますが、車いすのまま乗降車できる車両を使っていたり、部屋まで介助が必要な場合まで対応している会社もあります。
自宅近くのタクシー会社をチェックし、どのようなサービスがあるか確認しておくと緊急時の利用も安心です。

新幹線利用時の介護に役立つ割引


介護用の割引運賃設定はありませんが、頻繁に利用する人や遠距離で利用する人にお得な割引を利用することができます。年会費3,770円が必要ですが、JRのジパング倶楽部会員になると、満65歳以上の男性と満60歳以上の女性を対象に、新幹線のぞみを除いた新幹線全線の片道・往復・連続のいずれかで、201km以上利用時に、運賃・各種料金20〜30%の割引があり、年20回利用可能です。その他各社、割引会員制度、回数券などを提供しています。

高速道路利用時の介護に役立つ障害者割引


重度の身体または知的障害者を同乗して運転する場合、割引率50%以下の障害者割引を利用できます。介助者が運転する場合は、障害者本人の身体障害者手帳が第1種(1〜3級)の場合だけ利用可能です。割引対象は、事前に市区町村の福祉担当窓口で必要な書類を提出し、登録手続きを行った自動車1台です。登録対象の自動車の範囲には、台車や車種、所有者等について一定要件があり、対象とならない自動車もあります。また、有効期限もありますので、有効期限2ヶ月前から受付している更新手続きを行うことができます。料金所で係員に料金を支払う場合だけでなく、ETC無線通行の場合や料金精算機利用時にも、障害者用割引利用が可能です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る
  • 通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    今や高齢者や忙しい家族向けに、インターネットでほとんどの介護用品が購入できるようになりました。そんな介護用品の中でも消耗品として頻繁に買う必要のある『おむつ』。持ち運びはかさばるので気が重いですよね。今回はそんなおむつを玄関先まで届けてもらえる、インターネット通販利用のコツやおすすめ購入サイト(お店)をご紹介します。
    記事を見る
  • 買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    過疎化で近くの商店が廃業したり撤退したりしたほか、足腰が弱くなって買い物に出かけられない人を買い物弱者・買い物難民と呼び、その数は推定600万人いると言われています。そんな買い物弱者を救う対策の検討が各所でなされていますが、有償ライドシェアもその一つです。今回は、有償ライドシェアとは何か、導入までの課題などをまとめました。
    記事を見る
  • シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    2000年にWHO(世界保健機関)が「健康寿命」という概念を提唱しました。 それ以降、各国では数々の取り組みが推進され、日本においても定年を迎え、豊かな経験を持つアクティブシニアが健康に過ごすために、様々な取組みが行われているようです。 今回は、定年を迎えた後のシニアが社会で豊かに活躍出来る「グランドシッター養成認定講座」を主催する株式会社BOA代表取締役武市様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認認夫婦、2人で生活できる?
    認認夫婦、2人で生活できる?
    認知症同士の高齢者夫婦のことを認認夫婦と呼びます。高齢化、核家族化に伴いこうした認認夫婦や老老介護は増えていく一方です。今回は認認夫婦の実態についてまとめました。
    記事を見る