null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

遠距離介護に便利!飛行機やタクシーなどの介護割引

介護はなにかとお金がかかります、そんなときにはいろんなサービスの「介護割引」を使って上手に節約していきましょう。
今回は、遠距離介護にはとくに便利な、交通サービスの介護割引をご紹介します。

航空会社各社提供の介護割引


大手航空会社で介護割引を提供しているのは、ANA(全日空)、JAL(日本航空)、SFJ(スターフライヤー)、SNA(スカイネットアジア航空)です。航空料金の割引は、1年間有効の介護パス発行により可能になります。申請方法は、各航空会社によって異なりますが、一般的に要介護認定やマイレージカードの登録が必要です。割引率は約27〜43%、繁忙期や当日予約でも可能な割引や、割引率の高い早期予約割引、所定の株数に応じた株主優待割引もあります。ただし、割引人数や座席数、介護される人との関係性など条件は細かく指定されているので、利用する際は注意が必要です。

タクシー会社提供の介護割引


タクシー会社独自で介護割引を実施したり、介護タクシーのサービスを提供しています。割引率やサービスなどはタクシー会社によって異なりますが、車いすのまま乗降車できる車両を使っていたり、部屋まで介助が必要な場合まで対応している会社もあります。
自宅近くのタクシー会社をチェックし、どのようなサービスがあるか確認しておくと緊急時の利用も安心です。

新幹線利用時の介護に役立つ割引


介護用の割引運賃設定はありませんが、頻繁に利用する人や遠距離で利用する人にお得な割引を利用することができます。年会費3,770円が必要ですが、JRのジパング倶楽部会員になると、満65歳以上の男性と満60歳以上の女性を対象に、新幹線のぞみを除いた新幹線全線の片道・往復・連続のいずれかで、201km以上利用時に、運賃・各種料金20〜30%の割引があり、年20回利用可能です。その他各社、割引会員制度、回数券などを提供しています。

高速道路利用時の介護に役立つ障害者割引


重度の身体または知的障害者を同乗して運転する場合、割引率50%以下の障害者割引を利用できます。介助者が運転する場合は、障害者本人の身体障害者手帳が第1種(1〜3級)の場合だけ利用可能です。割引対象は、事前に市区町村の福祉担当窓口で必要な書類を提出し、登録手続きを行った自動車1台です。登録対象の自動車の範囲には、台車や車種、所有者等について一定要件があり、対象とならない自動車もあります。また、有効期限もありますので、有効期限2ヶ月前から受付している更新手続きを行うことができます。料金所で係員に料金を支払う場合だけでなく、ETC無線通行の場合や料金精算機利用時にも、障害者用割引利用が可能です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 要介護認定調査とは?気を付けるべきポイントを徹底解説!
    要介護認定調査とは?気を付けるべきポイントを徹底解説!
    介護保険のサービスを利用するためには、要介護認定を受けなければなりません。 認定結果は自立(非該当)以外、『要支援1~2』『要介護1~5』の7段階に分かれ、この介護度によって、受けられるサービスの範囲や負担額などが違ってきます。 ですので、間違った介護認定をされないよう、注意が必要です。 今回は要介護認定を受ける際のポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • 保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    介護保険制度のサービスは1割負担(※)で受けることができますが、介護度によって利用できるサービスの範囲や回数が決まっており、万全ではありません。自己負担で様々なサービスを受けることができますが、行政が行っているサービスをまず確認してみましょう。利用料の補助が出ており、民間よりも安く利用できる場合があります。今回は行政が行っている保険外サービスの事例をご紹介します。 ※一部、所得によって2割負担となります。
    記事を見る
  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 意外な盲点!?高齢者が運動する際に注意すべきポイント
    意外な盲点!?高齢者が運動する際に注意すべきポイント
    高齢者になってから運動を始める人は少なくありません。趣味として行う場合や健康のために行う場合などがあります。運動自体は決して悪いことではありません。しかし、高齢者の場合、不用意に運動をしてしまうと怪我の原因になることもあります。そこで今回は、高齢者が運動する際に注意した方が良いポイントについて紹介します。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る