null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】

紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる関西の紅葉スポットをご紹介します。

天守閣からの美しい紅葉を見よう【大阪城公園】

国の重要文化財に指定されている大阪城の周辺にある大阪城公園には、天守閣を背景にサクラの葉やイチョウやケヤキなど、赤く色づく紅葉の美しさを見ることができます。身障者用トイレが、大阪城公園に入ってすぐの所、大手門、天守閣内にあります。天守閣までスロープがあり、天守閣内にはエレベーターがありますので、車椅子で最上階に行き、美しい景色とともに紅葉の展望を楽しめます。大阪城駐車場には、身障者割引のある身障者用駐車場があります。出庫の際、精算機の前で身障者手帳提示により、駐車時間に関わりなく1時間分の料金(350円)で駐車できます。

場所 大阪府大阪市中央区大阪城
紅葉の見頃 11月上旬〜12月上旬

清水の舞台からの紅葉を見よう【清水寺】

世界遺産に登録され、清水の舞台で知られている清水寺の紅葉は素晴らしく、特に約1000本の紅葉を見ることができる舞台からの眺めが最高です。バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受けた通りのバリアフリー完備のため、境内や清水寺駐車場東にバリアフリーのトイレがあるだけでなく、車椅子対応ルートや障害者割引も用意されています。車椅子利用であることを事前に連絡すると車のまま特別に境内まで入ることができます。

場所 京都府京都市東山区清水1ー294
紅葉の見頃 11月下旬〜12月上旬

世界の紅葉を楽しめる【神戸市立森林植物園】

世界の樹木や四季の花木など、自然を満喫できる神戸市立森林植物園は、美しい世界の紅葉を散策しながら堪能できます。車椅子対応トイレが駐車場や森林展示館内に6台あり、車椅子の貸し出しも行っています。駐車場から園内への通路は、バリアフリー対応のため段差がありません。車椅子でも安心して園内散策を楽しむことができます。

場所 兵庫県神戸市北区山田町上谷上字長尾1ー2
紅葉の見頃 11月上旬〜11月下旬

野生の鹿と紅葉を楽しめる【奈良公園】

国の天然記念物に指定され、野生の鹿が生息している奈良公園は、ナンキンハゼやサクラの紅葉と常緑樹の素晴らしさを見ることができます。身障者用トイレは、登大路園地や東塔跡、春日大社参道や高畑駐車場、転害門前駐車場などにあります。また、大仏殿まで1kmの県庁横にある県営登大路駐車場をはじめ、近隣周辺にバリアフリー対応の駐車場があります。スロープなどのバリアフリー対応がされている境内から美しい紅葉を楽しむことができます。

場所 奈良県奈良市春日野町、雑司町、高畑町、登大路町
紅葉の見頃 11月上旬〜12月上旬

美しい紅葉渓【和歌山城西乃丸庭園】

日本三代連立式平山城のひとつである和歌山城にある西乃丸庭園は、江戸時代初期に作庭された紅葉渓として昔から知られています。公園内や和歌山城西乃丸広場、岡口門北側にバリアフリー対応トイレがあります。駐車場は観光バス11台の他、車62台を駐車できる広い駐車場があります。

場所 和歌山県和歌山市一番町3番地
紅葉の見頃 11月下旬〜12月上旬

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。 本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。
    記事を見る
  • シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    2000年にWHO(世界保健機関)が「健康寿命」という概念を提唱しました。 それ以降、各国では数々の取り組みが推進され、日本においても定年を迎え、豊かな経験を持つアクティブシニアが健康に過ごすために、様々な取組みが行われているようです。 今回は、定年を迎えた後のシニアが社会で豊かに活躍出来る「グランドシッター養成認定講座」を主催する株式会社BOA代表取締役武市様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    現在の日本は、全人口の約13%が75歳以上の後期高齢者という超高齢社会を迎えています。その結果、大きな社会問題になっているのが介護の問題です。長年に渡る身内の介護の結果、体力的及び精神的に追い詰められて、不幸な事件に結びついている例も少なくありません。そのような事態を回避するために何を行うべきなのか、そのコツをご紹介します。
    記事を見る
  • いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?
    いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?
    地震や津波、台風などの自然災害はいつどこで起こるかがわかりません。とくに要介護の高齢者がいる家庭では、不安が大きいことでしょう。実際に自然災害が起きてから慌てふためくことのないよう、日ごろの備えや心構えが大切です。
    記事を見る