null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編

介護保険制度のサービスは1割負担(※)で受けることができますが、介護度によって利用できるサービスの範囲や回数が決まっており、万全ではありません。自己負担で様々なサービスを受けることができますが、行政が行っているサービスをまず確認してみましょう。利用料の補助が出ており、民間よりも安く利用できる場合があります。今回は行政が行っている保険外サービスの事例をご紹介します。

※一部、所得によって2割負担となります。

行政サービス例1 配食サービス


高齢者の方向けに、お弁当を定期的に自宅まで届けるサービスですが、同時に安否確認の実施も行ってくれることが多いので、独居の場合には是非利用してもらいたいサービスです。
お弁当はコンビニなどよりも若干安い程度の金額であることが多いですが、バランスが取れた、お年寄りが食べやすい工夫がされているものも多くあります。


行政サービス例2 送迎サービス


リフト付き送迎車や介護タクシーなどを利用できるサービスです。行政によっては行き先が限られている場合もありますが、買い物や友人宅へ行くのにも利用できるサービスを提供している場合もあります。

保険外サービス例3 布団丸洗い


その名の通り、高齢者の方の布団を丸洗い・乾燥してくれるサービスです。利用回数が決められていたり、費用負担もまちまちですが、横になることが多い高齢者の方に、気持ちの良い環境を提供できるサービスです。

まとめ


行政の保険外サービスは、行政によって内容も負担額もさまざまで、他にも以下のようなものがあります。
  • 訪問理美容
  • 家事援助
  • 火災報知機の取り付け
  • 紙おむつ助成や給付
  • ゴミの運びだし
  • 住宅改修支援
  • 公衆浴場の入浴利用券
これ以外にも、思いがけないサービスを提供しているかもしれません。どんなサービスがあるのか調べて、有効に活用してみてはいかがでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    高齢になると足腰が弱くなり、段差でつまずきやすくなったり、転倒しやすくなったりします。杖や手押し車を日常利用していても、人の手を借りる介護はどうしても必要になってきます。実際に、要介護になるにはどんな原因があるのでしょうか。その原因と症状、予防法などの対策も合わせてご紹介します。
    記事を見る
  • 要介護のきっかけになりやすい骨折・転倒予防のために出来るポイント
    要介護のきっかけになりやすい骨折・転倒予防のために出来るポイント
    日本は世界有数の長寿国としても有名ですが、それだけではなく「健康寿命」の大切さが問われています。やはり、自分の親には健康で長生きしてもらいたいですよね。そのためには、家族の関わり方も大切なポイントになります。ここでは、高齢者が寝たきりのきっかけになりやすい、骨折・転倒予防のために家族が出来ることについてまとめました。
    記事を見る
  • 自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    厚生労働省『平成26年受領行動調査(概数)の概況』によると、外来患者の診察時間は67.7%が10分未満です。 外来受診の目的は診察・治療・検査等の受診が主のため、病気に伴う日常生活の不安や詳しい治療方針、心身の影響などについては、なかなか医師にじっくり相談することは難しい状況にあると言えます。 今回は、がんに影響を受けるすべての人に専門的サポートと第二の我が家のような居場所を提供するNPO法人maggie’s tokyo(マギーズ東京センター)センター長の秋山正子さんにお話を伺いました。 マギーズ東京センターは、相談者に無料で支援を提供するためにチャリティ活動やクラウドファウンディングに積極的に挑戦し続けています。
    記事を見る
  • 「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    静岡県のとあるカフェに、「死ぬこと、生きること」について学ぶ場があります。 死生学カフェでは、隔月の土曜日に30名程度の人が集まります。年代も性別も様々な人が話すテーマは「死」。 普段生活していく上で、「死ぬこと」について話す機会はなかなかないのではないでしょうか。 今回は死生学カフェの世話人代表でもある、静岡大学教授の竹之内裕文様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?
    終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?
    国内の少子高齢化が進むにつれて、高齢者の「終活」に注目が集まるようになりました。エンディングノートや遺言状を作成し、遺された家族に負担をかけず、自分らしく最期を迎えたいと考える人が増えてきています。こうした中で、高齢者が生前に墓を整理したり、購入したりする動きが加速しているようです。今回は、少し先ですがお墓の購入について考えてみましょう。
    記事を見る