null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編

介護保険制度のサービスは1割負担(※)で受けることができますが、介護度によって利用できるサービスの範囲や回数が決まっており、万全ではありません。自己負担で様々なサービスを受けることができますが、行政が行っているサービスをまず確認してみましょう。利用料の補助が出ており、民間よりも安く利用できる場合があります。今回は行政が行っている保険外サービスの事例をご紹介します。

※一部、所得によって2割負担となります。

行政サービス例1 配食サービス


高齢者の方向けに、お弁当を定期的に自宅まで届けるサービスですが、同時に安否確認の実施も行ってくれることが多いので、独居の場合には是非利用してもらいたいサービスです。
お弁当はコンビニなどよりも若干安い程度の金額であることが多いですが、バランスが取れた、お年寄りが食べやすい工夫がされているものも多くあります。


行政サービス例2 送迎サービス


リフト付き送迎車や介護タクシーなどを利用できるサービスです。行政によっては行き先が限られている場合もありますが、買い物や友人宅へ行くのにも利用できるサービスを提供している場合もあります。

保険外サービス例3 布団丸洗い


その名の通り、高齢者の方の布団を丸洗い・乾燥してくれるサービスです。利用回数が決められていたり、費用負担もまちまちですが、横になることが多い高齢者の方に、気持ちの良い環境を提供できるサービスです。

まとめ


行政の保険外サービスは、行政によって内容も負担額もさまざまで、他にも以下のようなものがあります。
  • 訪問理美容
  • 家事援助
  • 火災報知機の取り付け
  • 紙おむつ助成や給付
  • ゴミの運びだし
  • 住宅改修支援
  • 公衆浴場の入浴利用券
これ以外にも、思いがけないサービスを提供しているかもしれません。どんなサービスがあるのか調べて、有効に活用してみてはいかがでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。
    記事を見る
  • 認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症と聞くと、何もかも忘れてしまうのではないかと思ってしまいがちですが、初期から重症化するまでには期間があります。「認知症=何もかも忘れてしまう、何もかもができなくなってしまう」ということではありませんので、初期段階で軽度の認知症であれば、十分に日常生活はできますし、仕事を続けられる可能性があります。
    記事を見る
  • 認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    アルツハイマー型認知症の症状の一つに失認や失行などの見当識障害があります。これは、例えば今日の日付が分からなくなってしまったり、アナログ式の時計が読めなくなるなどです。今回は認知症で時計が読めなくなった場合の対処法をまとめました。
    記事を見る
  • 最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?
    最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?
    近年では、お葬式の内容も多様化して来ました。海や山へ散骨する「自然葬」や、故人が好きだった曲を生演奏する「音楽葬」、生きているうちにお世話になった人々へ感謝を伝える「生前葬」など...。「終活」という言葉も生まれ、「自分らしい最期を迎えたい」と考える人が増えて来ています。そんな中、「エンディングドレス(死装束)」の人気が上昇中です。
    記事を見る
  • いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?
    いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?
    地震や津波、台風などの自然災害はいつどこで起こるかがわかりません。とくに要介護の高齢者がいる家庭では、不安が大きいことでしょう。実際に自然災害が起きてから慌てふためくことのないよう、日ごろの備えや心構えが大切です。
    記事を見る