null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

ケアマネジャーの仕事内容って何?どこまで頼める?

介護は急に始まることも多く、戸惑うことが多いものです。
そんな中で、介護を必要とする人が在宅での適切なサービスを利用できるように相談に応じたり、関係機関への連絡・調整を行ったりするのが『ケアマネジャー』(介護支援専門員)です。
利用者は、費用負担なしでケアマネのサービスを受けることができます。
ケアマネがどんなことをしてくれるのかを理解し、ケアマネと協力し合って満足のいく介護サービスを受けましょう。

ケアマネの仕事とは?


ケアマネージャーの仕事内容は多岐にわたりますが、主な業務を大きく分けると下記2つになります。
1.適切なケアプランの作成
2.利用者の経過観察

ケアマネの仕事その1『適切なケアプランの作成』


ケアプランとは、介護サービス計画です。どのサービスをいつ受けるのかなどを、利用者の状況に合わせて決定します。
適切なケアプランを作成するために、ケアマネは以下のようなことを行います

アセスメント

ケアプランを立てるために、現状の生活における問題点(課題やニーズ)を把握することを、課題分析(アセスメント)といいます。

サービス担当者連絡会議

ケアプラン決定のための話し合いのことです。ケアマネの立てたプラン原案をもとに、関わる予定のサービス担当者を集めてプラン内容の確認・検討を行います。本人や家族も参加します。
サービス担当者会議は、利用者の状態像の変化などにより、ケアプランを変更する際にも開きます。

このように、ケアマネは利用者や家族の相談に乗ったり、関係者との調整を行いながら、利用者にとって適切なケアプランを完成させる役割があります。


ケアマネの仕事その2『利用者の経過観察』


ケアプランが決定し、そのプラン通りのサービス提供が開始された後も、ケアマネは利用者の経過を観察(モニタリング)し続けます。
そのためケアマネは「少なくとも毎月1回は利用者の居宅を訪問すること」とされています。

訪問時には
  • サービスはしっかりと提供されているのか
  • サービスが利用者に合っているのか
  • 利用者の状態に変化はないのか
  • 利用者ご本人やご家族は、サービスに満足されているのか
などを確認し、必要に応じてケアプランの変更もおこないます。

もちろん訪問時以外にも、利用者の介護サービスに関する相談にのります。

まとめ


ケアマネは利用者とのやり取り以外にも、給付管理業務や要介護認定代行などの業務もあり日々忙しい方が多いです。
それでも、介護の知識が豊富でプロの資格を持っていますので、相談しながら介護を円滑に進められるよううまく連携をとっていきましょう。


※参考ページ
ケアマネージャーの選び方
ケアマネジャーを変更したいとき

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!
    サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!
    サービス付き高齢者向け住宅、通称サ高住は、バリアフリーになっている賃貸住宅で、各種介護サービスを受けられる住宅のことをいいます。今回はサ高住の特徴や入居条件などをご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】
    楽しいGWもそろそろ間近。しかし、車椅子だと出かけるのにも一苦労、ということもあります。そこで、車椅子でも出かけられるおすすめスポットを、中国・四国地方でピックアップしてみました。バリアフリー対応で、ご家族みなさんで出かけられる安心のスポットです。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 介護予防にも!?シルバー人材センターとは
    介護予防にも!?シルバー人材センターとは
    定年退職後の生活は、再就職したり、趣味に没頭したりと人それぞれですが、時間を持て余していたり、仕事していないと生活に張り合いがないという方は、シルバー人材センターを利用してみてはいかがでしょうか。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る