null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

ケアマネジャーの仕事内容って何?どこまで頼める?

介護は急に始まることも多く、戸惑うことが多いものです。
そんな中で、介護を必要とする人が在宅での適切なサービスを利用できるように相談に応じたり、関係機関への連絡・調整を行ったりするのが『ケアマネジャー』(介護支援専門員)です。
利用者は、費用負担なしでケアマネのサービスを受けることができます。
ケアマネがどんなことをしてくれるのかを理解し、ケアマネと協力し合って満足のいく介護サービスを受けましょう。

ケアマネの仕事とは?


ケアマネージャーの仕事内容は多岐にわたりますが、主な業務を大きく分けると下記2つになります。
1.適切なケアプランの作成
2.利用者の経過観察

ケアマネの仕事その1『適切なケアプランの作成』


ケアプランとは、介護サービス計画です。どのサービスをいつ受けるのかなどを、利用者の状況に合わせて決定します。
適切なケアプランを作成するために、ケアマネは以下のようなことを行います

アセスメント

ケアプランを立てるために、現状の生活における問題点(課題やニーズ)を把握することを、課題分析(アセスメント)といいます。

サービス担当者連絡会議

ケアプラン決定のための話し合いのことです。ケアマネの立てたプラン原案をもとに、関わる予定のサービス担当者を集めてプラン内容の確認・検討を行います。本人や家族も参加します。
サービス担当者会議は、利用者の状態像の変化などにより、ケアプランを変更する際にも開きます。

このように、ケアマネは利用者や家族の相談に乗ったり、関係者との調整を行いながら、利用者にとって適切なケアプランを完成させる役割があります。


ケアマネの仕事その2『利用者の経過観察』


ケアプランが決定し、そのプラン通りのサービス提供が開始された後も、ケアマネは利用者の経過を観察(モニタリング)し続けます。
そのためケアマネは「少なくとも毎月1回は利用者の居宅を訪問すること」とされています。

訪問時には
  • サービスはしっかりと提供されているのか
  • サービスが利用者に合っているのか
  • 利用者の状態に変化はないのか
  • 利用者ご本人やご家族は、サービスに満足されているのか
などを確認し、必要に応じてケアプランの変更もおこないます。

もちろん訪問時以外にも、利用者の介護サービスに関する相談にのります。

まとめ


ケアマネは利用者とのやり取り以外にも、給付管理業務や要介護認定代行などの業務もあり日々忙しい方が多いです。
それでも、介護の知識が豊富でプロの資格を持っていますので、相談しながら介護を円滑に進められるよううまく連携をとっていきましょう。


※参考ページ
ケアマネージャーの選び方
ケアマネジャーを変更したいとき

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    「平成28年版高齢社会白書」の統計によると、「治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を迎えたいか」について「自宅」が54.6%で最も多く、次いで「病院などの医療施設」が27.7%となっています。 今回は、映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督の長谷川ひろ子さんにお話を伺いました。 長谷川さんは、ご自宅で4児の幼いお子さんと共に、ご主人を看取った記録映像を含む「みとりびと」のドキュメンタリー映画を製作されました。 この映画は2015年4月以来、2年間で180回以上もの自主上映・講演会が催され、全国に 上映の輪が広がっています。
    記事を見る
  • 「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    漠然とどうにかしないといけない、とは思いつつも先延ばしにしがちな介護の問題。課題として挙げられるのが「情報不足」です。今回は、親と子供のコミュニケーションツール「親ブック」の販売や企業に対しての「介護離職に関するセミナー」を行っているケアポット株式会社代表取締役高橋佳子様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    高齢になると足腰が弱くなり、段差でつまずきやすくなったり、転倒しやすくなったりします。杖や手押し車を日常利用していても、人の手を借りる介護はどうしても必要になってきます。実際に、要介護になるにはどんな原因があるのでしょうか。その原因と症状、予防法などの対策も合わせてご紹介します。
    記事を見る
  • 自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    厚生労働省『平成26年受領行動調査(概数)の概況』によると、外来患者の診察時間は67.7%が10分未満です。 外来受診の目的は診察・治療・検査等の受診が主のため、病気に伴う日常生活の不安や詳しい治療方針、心身の影響などについては、なかなか医師にじっくり相談することは難しい状況にあると言えます。 今回は、がんに影響を受けるすべての人に専門的サポートと第二の我が家のような居場所を提供するNPO法人maggie’s tokyo(マギーズ東京センター)センター長の秋山正子さんにお話を伺いました。 マギーズ東京センターは、相談者に無料で支援を提供するためにチャリティ活動やクラウドファウンディングに積極的に挑戦し続けています。
    記事を見る