null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護保険を利用して住宅改修。介護しやすい家にしよう!

介護がはじまったり、車椅子生活になると、今まで住んでいた家のちょっとした構造が移動の負担になったり、転倒などのケガにつながる場合があります。今回は介護保険を利用した住宅改修ノウハウについてご紹介します。

介護保険を使用して受けられるサービスとは?


介護保険制度とは65歳以上の第1号被保険者と40~64歳までの第2号被保険者(特定疾病により認定を受けた方)が、住み慣れた町で元気に暮らし続けることができるように様々なサービスを1割の負担で利用できる制度です。サービスの内容は、自宅に訪問してもらって受けるサービスや施設に通って受けるサービス、施設に入所するサービスなど多岐に渡り住宅改修や福祉用具の購入もその中の一つです。

住宅改修サービスと負担金


住宅改修サービスとは、介護認定を受けており役所や地域包括支援センターに申請した方を対象に住宅を居住に適するよう改造するために要する費用を助成する制度です。上限は20万円でそのうちの9割は介護保険で負担できるので、被保険者や家族が負担する金額は2万円までとなります。
介護保険が適用される住宅改修内容は以下の通りです。
  1. 手すりの取り付け
  2. 段差の解消
  3. 滑り防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
  4. 引き戸等への扉の取替え
  5. 洋式便器等への便器の取替え
  6. その他1~5の改修に付帯して必要となる改修(手すりの取り付けのための壁の下地補強など)
具体的な改修内容については、担当のケアマネや専門業者が被保険者の希望・身体状況・住宅環境などを加味しどのような改修をしていくか高齢者やその家族に提案し、決めていきます。

福祉用具購入について


上記の住宅改修サービスに加え、さらに10万を上限に(9万円は介護保険負担)福祉用具の購入ができます。
  1. 掛け便座(ポータブルトイレなど)
  2. 殊尿器
  3. 入浴補助用具(入浴用いすなど)
  4. 簡易浴槽
  5. 移動用リフトのつり具
以上が対象となり、これらの購入のみでも、住宅改修を併用しても大丈夫です。福祉用具購入のメリットは、工事が必要なく簡単に利用でき住宅改修と合わせればより安全に日常生活動作(トイレや入浴など)を行うことができるという点です。

高齢者住宅改造助成事業とは


介護保険とは別に高齢者住宅改造助成事業という助成金制度があります。こちらは、以下4つの条件を満たすとプラス80万円の助成を受けることができます。
  1. 介護認定で要支援・要介護と認定されている事
  2. 65歳以上である事
  3. 生計中心者の前年の所得税額が14万円以下である事
  4. 福祉施設に入所または病院に入院していないこと
建物の構造上大幅な内装工事が必要な場合は、この高齢者住宅改造助成事業を活用することにより負担を軽減することができます。

イメージがついたらケアマネに相談しよう


住宅改修や福祉用具の購入について難しいことは、身体状況や住宅環境が十人十色ということです。同じ介護度でも住宅環境が違うとその方に必要なものは変わってきますし、同じ住宅環境でも介護度が違うと同じことが言えます。住宅改修についての概要を理解し、予算がだいたい決まったら、ケアマネに相談し、予算内でどれだけの支援が受けられるかを検討していきましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る
  • 認知症の方の介護に関わる方向け。ストレス解消に大事なポイント
    認知症の方の介護に関わる方向け。ストレス解消に大事なポイント
    介護はする側もされる側もストレスを抱えることが多いものですが、お互いストレスを抱えていると介護もスムーズにいかないものです。 介護をする側のストレスも意外に抱え込みやすいもの。 今回はご家族様向けにストレスを解消・発散する方法をご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症高齢者が便をいじってしまうのはなぜ?「弄便」の原因と対策
    認知症高齢者が便をいじってしまうのはなぜ?「弄便」の原因と対策
    家族が弄便をすると、家の汚れや悪臭に悩まされることになります。弄便への対策として重要なのは、発見したときの対応と事前の予防です。今回は弄便とはなにか、またその対策について紹介します。
    記事を見る
  • 【関西】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【関西】車椅子で行けるお花見スポット3選
    いよいよお花見の楽しめる季節がやって参りました。高齢者の方にも存分にお花見を楽しんでもらいたいものです。でも足元が不自由で車椅子だと花見は難しいと思っている人もいるかもしれません。でも、大丈夫。今回は関西周辺で車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。
    記事を見る