null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で気を付けるべき、よくあるヒヤリハットまとめ

みなさんは車椅子の操作時、転倒しそうになるなどヒヤッとしたことはありませんか。今回は現役のデイサービス職員に聞いた車椅子操作時のよくあるヒヤリハットを場面別にご紹介します。日頃よく操作をする介助者のかた、これから初めて使用される方など、ぜひ操作時の参考にしてみてください。

室内でのヒヤリハット

移動時に、利用者が手を伸ばして手すりなどに捕まってしまい、腕を痛めてしまう。

どこまで移動するのか利用者と介助者の認識に相違がある場合によくあるケースです。移動前にどこまで移動するのか介助者から利用者に声をかけるようにしましょう。
また、行先の認識にかかわらず、移動中に、目についた手すりにパッと手が伸びてしまう事もありますので利用者の急な行動に注意が必要です。

テーブルや、洗面台に移動するとき、フットレスト(足乗せ)に足を乗せた状態で膝の高さ確認を怠り、膝をぶつけてしまう。

膝と障害物の位置の確認をきちんとすることはもちろん大切ですが、外出先の施設などいつも利用しない場所では特に注意が必要です。
また同様のシチュエーションで車椅子の手すりに置いた手が、テーブルとの間に挟まり、ケガをする場合もあるので気を付けましょう。

外でのヒヤリハット

車椅子のまま車に乗り、車から降りる際、車椅子を乗用車に固定するベルトが外れており、背部ドアを開けると同時に後ろに車椅子が飛び出し、そのまま後ろ向きに倒れてしまう。

このケースで転倒してしまうと大けがになりかねませんので大変危険です。乗車時、ベルトの固定をしっかりしたか必ず確認しましょう。乗車時に介助者が複数人いる場合は、第三者として乗車時に気を付けるポイントをいくつかチェックしてもらうことも有効です。

歩道を移動中、駐車場出入口などの傾斜に気付かず、横倒しに転倒。

こちらは転倒時、車などが通ると交通事故に発展する危険なケースです。走行している少し先に傾斜はないか注意しながら操作しましょう。

室内外共通のヒヤリハット

車椅子での移動時に、足がフットレストから落ちてしまい、爪先を引きずってしまったり、足を車椅子に巻き込みそうになる

足首の骨折、爪先のケガにつながります。あらかじめ車椅子に付属しているレッグサポート※を必ず取り付ける、走行前に声をかけて確認するなどの対策を行いましょう。
※レッグサポート フットレスト付近に付いているかかとを固定するもの

ブレーキに手を掛けていなかったため、とっさのブレーキングが間に合わず、ヒヤリとする。

急ブレーキが間に合ったとしても、利用者が前のめりになって転倒しそうになるケースもありますので、なるべく急な減速をしないように心がけましょう

ブレーキを掛けずに介助者が車椅子から離れてしまい、傾斜に沿って自然と動き出し、転倒。

傾斜が無い場所でも介助者が車椅子から離れる場合、必要があればブレーキをかけることが大切ですが、傾斜のある場所では特に気を付けるようにしましょう。

車椅子から降りていただく時、フットレストを上げ忘れ、利用者がフットレストに体重を掛けて立ってしまい、前倒しに転倒。

フットレストと足の位置をたびたび確認する必要があります。
利用者が少し高い位置にあるものを取ろうとして足下に注意が行かず、同様に転倒してしまう危険性がありますので、フットレストから足を下ろすことを習慣化するようにしましょう。

車椅子で生活する際に便利なグッズを過去にまとめておりますので、よければ参考にしてみて下さい。

https://mamoria.jp/clip/20150925/kurumaisugoods

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    高齢になるにつれ、様々な持病や疾患が生じ、毎日の薬が欠かせなくなる場合があります。そんな時、正しい種類・量の薬を正しい時間に服用することが重要になります。しかし高齢者にとって服薬管理は難しく、1度の失敗が生命に関わることもあります。そのような状況を受け、居宅療養管理指導を始めとする服薬支援のサービスが充実しつつあります。
    記事を見る
  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症と聞くと、何もかも忘れてしまうのではないかと思ってしまいがちですが、初期から重症化するまでには期間があります。「認知症=何もかも忘れてしまう、何もかもができなくなってしまう」ということではありませんので、初期段階で軽度の認知症であれば、十分に日常生活はできますし、仕事を続けられる可能性があります。
    記事を見る
  • 2017年に介護休業の分割取得が可能に。改正の意味とは?
    2017年に介護休業の分割取得が可能に。改正の意味とは?
    厚生労働省では、介護休業制度をより使いやすいものとするため、制度の見直しを進めています。介護休業は「育児・介護休業法」によって定められており、2010年の改正では、介護休暇や父親の育児休業などの分野で改善が行われました。今回の見直しでは、介護休業の分割が焦点となり、「改正育児・介護休業法」が、2017年に施工されることが決まりました。休業の分割取得は何の意味があるのでしょうか?
    記事を見る
  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る