null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【東北】

紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる東北の紅葉スポットをご紹介します。

磐梯吾妻スカイライン【福島県】

福島の高湯温泉と土湯岬を結ぶ全長29km、平均標高1350mの道中、紅色や黄金色の紅葉を楽しむことができます。浄土平ビジターセンター・レストハウスはバリアフリー対応しており休憩やお食事はここで。山形・福島・新潟3県にまたがる雄大な景色を楽しむことができます。

※磐梯山は活火山です。お出かけの際は最新の噴火警報・予報にご注意ください。

奥入瀬渓流・十和田湖【青森県】


十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流とその頭上に広がるブナ・カエデ・モミジなどの紅葉がまさに見どころです。渓流沿いに遊歩道がありますが、整備されていないため、車椅子での散策は難しいですが、石ヶ戸、阿修羅の流れ、銚子大滝などを車でめぐり、所々で車から降りて景色をみるだけでも十分に堪能できます。

角館(かくのだて)武家屋敷【秋田県】

みちのくの小京都と呼ばれている角館の武家屋敷では、萱葺きの屋根、風格漂う門構えなどとヤマモミジやイチョウなどの彩りを絵画を見ているような感覚で楽しむことができます。
角館駅をはじめ車椅子対応のトイレが各箇所に点在しており、道路・駐車場も広めなので車椅子でも移動しやすいスポットです。
春には枝垂桜を楽しむことができます。

西吾妻スカイバレーの紅葉【山形】

西吾妻スカイバレーは磐梯高原檜原湖北岸と山形県の白布温泉を結ぶ、全長17.8kmの山岳道路で、道中赤や黄色などの鮮やかな対比を楽しむことができます。付近にある小野川温泉郷『鈴の宿 登府屋旅館』は全館バリアフリー対応しており、和室に簡易ベッド設置可能、大浴場には手すりとスロープが設置されているなど車椅子利用者に優しいサービスが満載です。

蔵王エコーライン【宮城県】


蔵王エコーラインは、遠刈田温泉から山形県の坊平高原までを結ぶ全長26kmの山岳観光道路で、カエデ類、ブナ、ナラなど赤、黄色を基調に9月下旬から10月上旬まで長期間楽しむことができます。
名称の一つ、蔵王の火口湖・お釜にはレストハウスがあり、車椅子でも展望台から景色を見ることができます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 高齢者の「外食したい!」を叶える介護食対応のレストラン【関東近郊】
    高齢者の「外食したい!」を叶える介護食対応のレストラン【関東近郊】
    介護食とは、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)の機能に合わせて、食事をとりやすいように調整された食事のことです。普段は自宅や施設で介護食をとられている方も外食だといつもと違った雰囲気で楽しめるかもしれませんね。今回は関東近郊で介護食を提供しているレストランをまとめてみました。
    記事を見る
  • 相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    2016年の国立がんセンターによる『最新がん統計予測』で、近年減少傾向にあった患者数が増加予測に転じた「胃がん」。 胃がんの10%前後を占めると言われる「スキルス胃がん」は、自覚症状がほとんどなく、胃壁の中をしみこむように浸潤するため、内視鏡検査でも見つけにくいことが特徴です。 今回は、スキルス胃がんの早期発見・治療のために活動を続ける、がん患者団体「認定NPO法人 希望の会」理事長の轟浩美さんにお話を伺いました。 轟さんは「みいクリニック がんサバイバーシップ室長」として、がん患者さんとご家族の不安を和らげ、理解を促す場づくりにもご尽力されています。
    記事を見る
  • 介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。
    記事を見る
  • 認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。
    記事を見る
  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る