null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

今日からでも始めよう、認知症予防のためのトレーニング

高齢になると認知症のリスクが高まりますが、認知症を予防できる取り組みがあるのをご存知でしょうか。今回は認知症予防に有効とされているトレーニングやゲームなどをまとめてみました。

色かるたを使ってコミュニケーションを図ろう


視覚は情報源の8割を占めると言われています。視覚には、光感覚、色感覚、奥行き感覚、運動知覚が含まれますが、色かるたはその中でも影響力の大きい色を積極的に使用することで、脳への刺激を試みるものです。やり方は、1色かるた(色紙)をテーブルに並べる2リーダーが読み札を読む3参加者はそれから連想した色を取る4それについて会話する。以下1~4の繰り返しです。読み札はどんなものでも構いません。たとえば子供時代の思い出は何色というようなお題であれば、参加者はそのお題からイメージした色を選びます。参加者同士が、相手のことを意識し、色について語る内容に関心を持つことで、コミュニケーションを深めることができます。人の話を聞くこと、他人に対しての気遣いを心がけること等、上手に他人とコミュニケーションをとることは、認知症予防につながります。

トランプでいろいろなゲームを楽しもう


トランプも、脳を刺激し認知症予防につながるものとされていますが、選ぶゲーム内容により、様々な効果が得られるという点でも、柔軟性があるものかもしれません。認知症にかかりやすい人として、引きこもりがちな人が良くあげられますが、トランプでは複数人で遊ぶことが多いため、この点でも認知症の予防効果が期待できます。ババ抜きなど単純なゲームであれば、気持ちを明るくさせることが期待できますし、七並べのような心理戦であれば、脳に刺激がもたらされます。また、神経衰弱であれば、記憶能力も刺激されることになります。

新しいパズルに挑戦して脳を刺激


パズルは論理的な思考能力を必要とし、脳をたいへん刺激します。また、遊びでありながら、非常に疲れます。1時間くらい集中してしまうことも珍しくありません。ジグソーパズル、クロスワードパズル、ルービックキューブ、立体パズル、知恵の輪、インターネットのパズルサイトなど好きなものを選べますし、家でも簡単に始めることができます。何かに夢中になるということは、それだけで脳を活性化させ、認知症の予防につながります。

コグニサイズで運動しながら頭の体操


認知症予防には、頭と体を同時に動かす運動が効果的であるとされています。国立長寿医療研究センターでは、「コグニサイズ」というエクササイズを推奨しています。一定のリズムで足踏みをしながら数を数え、三の倍数で手を叩きます。慣れてきたらステップを速くしたり、大きくしたりしてだんだん難しくしていきます。家の中でも手軽に始められますね。足踏みをしながら、しりとりをするという方法もありますが、いずれも運動と頭の体操を組み合わせることが重要です。

毎日のお買い物で認知症を予防


普段の買い物も、認知症の予防トレーニングとして活用できます。買い物には歩いていきましょう。ウォーキングは手軽な有酸素運動です。背筋とひざを伸ばし、歩幅は大き目を意識しましょう。買い物に出かける前には献立を決め、買わなければいけないものを記憶して出かけましょう。記憶力を刺激することができます。また、お店の中では、どうやって店内を回ったら効率よく必要なものを手に入れることができるか、道順を考えます。事前に予算は決めておき、できるだけそれに近くなるように、計算しながら買い物かごに入れていくようにします。このように日々の生活の中で、買い物や料理など段取りをすること自体も認知症予防になります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。
    記事を見る
  • 高齢者の「外食したい!」を叶える介護食対応のレストラン【関東近郊】
    高齢者の「外食したい!」を叶える介護食対応のレストラン【関東近郊】
    介護食とは、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)の機能に合わせて、食事をとりやすいように調整された食事のことです。普段は自宅や施設で介護食をとられている方も外食だといつもと違った雰囲気で楽しめるかもしれませんね。今回は関東近郊で介護食を提供しているレストランをまとめてみました。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関東】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関東】
    関東の紅葉は早いところでは10月上旬から見ごろを迎え、12月上旬まで楽しめます。山間部の紅葉スポットもいろいろありますが、アクセスしやすい都心部でも楽しめるところがたくさんあります。今回は、車椅子で紅葉を見ることができるおすすめスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。
    記事を見る