null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?

認知症カフェとは、認知症の方やその家族、介護・医療従事者、地域の人々が集い、交流や情報交換を行うカフェのことです。ヨーロッパではじまり、日本では全国で約30か所ほどあり、年々増加傾向にあります。今回は認知症カフェとは何か、その特徴をまとめました。

認知症カフェ、あなたの地域にはありますか?


認知症カフェというものをご存じでしょうか?認知症カフェとは認知症の高齢者本人と、その家族が、地域の方たちや介護・医療の専門家と食事やお茶を共にしながら交流できる集いの場のことです。
厚生労働省は、認知症の高齢者の方たちが住み慣れた地域で少しでも長く、地域の人々に理解されて幸せに暮らせるよう施策推進の総合戦略として“新オレンジプラン”を平成26年1月に発表しました。その新オレンジプランの中で、認知症の方やその介護者である家族が社会から孤立することなく、介護や医療の専門家や地域の人たちと交流して情報を共有し、お互いを理解し合える認知症カフェの設置を推進していくことが発表されました。
認知症カフェはもともとはヨーロッパで生まれたもので、現在日本でも少しずつ増えて来ています。今回の新オレンジプランでますます増えていくと思われますが、その特徴や問題点について考えてみましょう。

認知症カフェがもたらす効果


認知症の方は、慣れない場所へ行くことへ不安があったり、介護する方が連れ出す自信をなくしていたりで、ついつい引きこもってしまいがちです。また、一人暮らしの方は、家にひとりで居ては会話をする相手もなく、刺激もなくて、ますます認知症が悪化してしまう可能性もあります。安心して通える居心地の良い場所で、楽しい会話や交流があればそれが刺激となって認知症の方に良い変化がみられたり、もっと社会に出る勇気を持てるかもしれません。また、認知症カフェで出会う介護や医療の専門家との会話によって、認知症の進み具合などが把握できます。
また、介護をする家族が認知症カフェに通うことで、同じように家族の介護をする方と出会い、それぞれの悩みを話し合ったり、介護や医療の専門家に相談してアドバイスをもらったりすることができます。介護をする家族が、社会的に孤立感を深めていたとしたら、ただ話を聞いて共感してくれる場所があるということで、また気持ちを新たに介護に戻ることができるのではないでしょうか。


認知症カフェのひとつ、目黒区の“Dカフェ“


目黒区では、認知症の方とその家族、地域の方と医療・介護の専門職員等が誰でも参加でき、認知症や介護について話し合える場として、1回300円で参加できる認知症カフェ(Dカフェ)を区内5か所で開いています。運営については、DカフェまちづくりネットワークというNPO法人が行っています。
Dカフェに参加することで、認知症の方本人が明るくなった、介護者である家族が悩みを話せるのでひとりで抱え込まなくなった、介護の専門家は介護者と介護される側というのではなく平等な立場で話し合えてとても有意義だと、それぞれがDカフェの良い効果をあげています。

認知症カフェのこれからの課題


認知症カフェは、自身も介護をしていた元家族がボランティアで始めたもの、介護や医療の専門家が必要を感じて立ち上げたもの、NPO法人が開いているもの等、公的な助成があるとしてもかなりの部分をボランティアの力に頼っているのが実情のようです。特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人がそのノウハウを生かして開設する等、少しずつですが変化も出てきており、新オレンジプランの推進で今後は国として社会全体として認知症カフェの取組みを支えていくことが期待されています。また、認知症に今は関係ないと思っている人たちも、認知症への理解を深めて、地域の認知症カフェを見守り参加・協力していけたらいいですね。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 大事な家族を守る!認知症の徘徊に効果的な対策法は?
    大事な家族を守る!認知症の徘徊に効果的な対策法は?
    介護中の家族が、目を離すと徘徊してしまうことにお悩みではありませんか?気がつくと家のなかをうろうろと歩き回ったり、外出したまま帰ってこられなくなったりする行動は、認知症の代表的な症状です。ここでは認知症の徘徊に効果的な対策法を、4つまとめてご紹介します。
    記事を見る
  • みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。
    記事を見る
  • 制度導入でなく運用を目的に 介護離職防止への取組 -株式会社NTTデータ
    制度導入でなく運用を目的に 介護離職防止への取組 -株式会社NTTデータ
    介護の悩みを職場で誰にも相談出来ない。会社の人に迷惑を掛けたくない。介護が原因で退職してしまう方はこのように思われているのではないでしょうか。介護休暇・休業など、仕事と介護の両立を支援する制度があるにも関わらず、自らを追い詰め退職を選ばれる事例が増えているようです。今回は株式会社NTTデータで介護離職防止に取り組まれる人事本部人事統括部労務厚生担当部長植野剛至様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは
    介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは
    介護職員の人手不足、労働環境など介護現場で働く職員の課題や問題についてあちこちで叫ばれています。京都府ではこういった問題を解決する一手として、人材育成などが整備されている福祉施設に対し「認証」を付与するという取り組みをはじめました。 今回はこの京都府の取り組みについてご紹介します。
    記事を見る