null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!

今や高齢者や忙しい家族向けに、インターネットでほとんどの介護用品が購入できるようになりました。そんな介護用品の中でも消耗品として頻繁に買う必要のある『おむつ』。持ち運びはかさばるので気が重いですよね。今回はそんなおむつを玄関先まで届けてもらえる、インターネット通販利用のコツやおすすめ購入サイト(お店)をご紹介します。

初心者はまず『おむつ』情報を収集しよう


インターネットでは初めて購入する方向けに、大人用おむつの選び方がたくさん説明されています。おむつメーカーの説明も多くありますが、自社製品ありきのメーカー説明よりも、販売店舗の説明の方がなんとなく安心です。まずはそれらを見て、どのタイプのおむつを買うべきなのかを確認しましょう。

『ケアたのめーる』の大人用おむつコーナーへ
https://www.tanomail.com/special/j/bf/product/omutsu.html?cf=1

『ケンコーコム』の初めての大人用おむつコーナーへ
http://www.kenko.com/cn/kaigo_omutsu/

『たすかる便』のぴったりなおむつの選び方コーナーへ
http://www.cainz.com/shop/pages/tasukaru_column01.aspx


ピッタリなおむつを見つけるために!お試しやサンプルを利用しよう


どのタイプがよいのかを決めたら購入するわけですが、同じタイプでもたくさんのメーカーのおむつがあり、どれがいいのか迷いますよね。
できれば無料サンプルなどがないか探し、お試し利用をしてみましょう。いくつかサンプルを手に入れるお役立ちサイトを紹介します。

メーカーの無料サンプルをもらおう!日本クレシアのアクティサンプル応募ページへ

https://www.poise.jp/acty-care/sample/

こちらも無料サンプル。ユニ・チャーム メンリッケ株式会社

http://www.tena.co.jp/personal/productsinfo/sample-order/?teasercmp=lalo:try-tena-for-free1

アマゾンのおためし少量パック(有料)を利用しよう

http://www.amazon.co.jp/b?node=3397474051


安いお店はどこ?価格を比較して購入しよう


利用するおむつが決まったら、できるだけ安く購入したいですよね。
そんな時は、有名サイト『価格.com』を利用しましょう。実は、大人用おむつの値段と気になる送料も記載されていて、安いお店がすぐに分かります。

http://kakaku.com/nursing-care/adult-diaper/
http://kakaku.com/item/K0000745401/


Amazonの定期おトク便を利用する


Amazonの定期おトク便とは、表示価格より最大10%OFFで商品を定期的にお届けするサービスです。配送頻度は1か月から6か月ごとから選べて、いつでもキャンセルができます。配送料・手数料(代引手数料を除く)も無料です。

最後に

インターネットで何かを購入しようとすると、そのお店の『会員』になる必要があるのが一般的です。しかし、個人情報(住所など)を毎回入力するのは面倒ですよね。できればいくつかお気に入りのお店の会員になっておき、その中から価格.comで一番安かったところを選んで購入することをお勧めします。また毎回比較するのが面倒な方はAmazonの定期おトク便を利用してみましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 誰でも分かる!デイサービスとデイケアの違いをポイント解説
    誰でも分かる!デイサービスとデイケアの違いをポイント解説
    介護のことを色々と調べていると、日中に過ごせる場として「デイサービス」や「デイケア」という単語を目にします。どちらも、介護が必要な方が利用可能なサービスなのですが、両者の違いをご存知でしょうか?「デイサービス」と「デイケア」の特徴や違いを正しく知ることで、よりその方に合った介護を行うことができます。それぞれの特徴を確認してみましょう。
    記事を見る
  • 車椅子でも安心!家族で楽しめる関東近郊のキャンプ場6選
    車椅子でも安心!家族で楽しめる関東近郊のキャンプ場6選
    キャンプ場というと車椅子利用者にはちょっと縁遠いイメージがありませんか?車椅子利用者の方でも楽しめる宿泊施設やサービスのあるキャンプ場があります。バリアフリー対応のコテージなどを利用して、子どもや孫といっしょにお出かけしましょう!今回は車椅子でも楽しめる関東近郊のキャンプ場をご紹介します。
    記事を見る
  • 実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。
    記事を見る
  • 特別養護老人ホームの待機問題・入れない場合はどうなるの?
    特別養護老人ホームの待機問題・入れない場合はどうなるの?
    全国に52万人にも上ると言われる待機老人。その数は待機児童の約25倍の数に相当します。これほど多くの介護を必要とする高齢者が、さらに今後増えていくだろうと予想もされています。では、ご両親が特養にもし入れなかった場合は?対応をまとめました。
    記事を見る
  • 【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選
    信越・北陸方面にお住まいの高齢者の方で、お花見をしたいと思っても車椅子で行けるところはない、とあきらめている人はいませんか。調べてみると、バリアフリー対応の花見ができる公園を見つけることができます。今回は信越・北陸地方の車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。
    記事を見る