null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

まだ間に合う!敬老の日のプレゼント4選

もうすぐ始まるシルバーウイーク、もう予定は決まりましたか?シルバーウイークといえば「敬老の日」です!今回は今からでも間に合う敬老の日のプレゼントをご紹介します。プレゼント予定の無かった方もこの機会に検討してみてください。

1.会いに行く


高齢者にとっては、プレゼントをもらうことも嬉しいと思いますが、何よりも子供や孫の顔を直接見ることが一番嬉しいのではないでしょうか。
介護施設で生活されている方、入院されている方にとっても家族が来てくれることは嬉しいはずです。施設に行っても何をしていいか分からないという方は、少しの時間お部屋で話をしたり、近くを一緒に散歩するだけでも喜んでくれますよ。
時間や距離に制約があり当日会いに行くのが難しい場合は、次に会いに行く予定を電話で連絡してあげるだけでも、会える日を楽しみに待ってくれるのではないでしょうか。

2.ネットショップでプレゼントを買って送る


プレゼントを買いに行く時間が無い人は、楽天やAmazonなどのネットショップを利用しましょう。敬老の日特集としていろんな商品を扱っているので、ご両親や祖父母が喜んでくれるプレゼントが見つかるのではないでしょうか。またメッセージカードを同封するサービスなどもあります。当日着で商品を配達してくれるお店もまだあるので、ぜひ検索してみてください。


3.フォトブックを作ってプレゼントする


最近スマートフォンのアプリでフォトブックを簡単に作れるアプリが続々登場しています。
とくに『しまうまプリント』というサイトでは、最短で当日出荷できます。アプリを使うとスマートフォンに保存してある画像から写真を選んで、簡単にフォトブックを作ることができます。一番安価なタイプはなんと198円(税別)から作成することができます!

4.手紙やはがきを送る


これが一番安価な方法ですが、昔からある感謝の気持ちを伝える素敵な方法ですね。感謝の言葉を文章にするのはもちろん、子どもの写真や子どもが書いた絵などを同封するなど近況を知らせてあげるとさらに嬉しいのではないでしょうか。まだ絵や文字が上手に描けない幼児でも、一生懸命書いた絵と書いている様子を撮った写真と一緒にプレゼントするととても喜んでくれます。本当に時間がないでも何かしたい!という方におすすめです。

5.「プレゼントをもらって困ったものはない!」が圧倒的多数に

敬老の日にもらってうれしいプレゼントランキングでは男性が1位お酒、2位洋服などが続き、女性は1位花、2位手紙や子どもの写真や絵、などが続きます。また、子どもからもらったものは、どんなものでも喜んで受け取ってくれるし、困らないという人が8割だそうです。親って本当にいつまでも親ですよね。子どもの様子が気になるし、いつも心配してくれているありがたい存在です。電話でもいいので、あなたが元気にやっていること、あなたの家族も変わりないことを知らせてあげるのが一番喜ぶと思いますよ。これを機に連絡を取ってみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • みんなどう思ってる?自分の老後についての意識調査
    みんなどう思ってる?自分の老後についての意識調査
    みなさんは自分の老後や介護について心配になったり不安になったりしたことはありますか。今回は中年の男女に聞いた「老後の生活に関する意識調査」の内容をまとめました。
    記事を見る
  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【東北】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【東北】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる東北の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る