null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

高齢者を癒すアニマルセラピーとは?

アニマルセラピーとは動物を治療の一部として介在されることにより、対象者の心身の健康や社会的機能の回復を目的とする医療行為の一つです。今回はアニマルセラピーの効果や導入事例をご紹介します。

アニマルセラピーとは?


人は動物と触れ合うことで、リラックスしたりストレスが軽減したりします。こういった「動物を通じての癒し」を届けるのがアニマルセラピーの存在意義であり、動物が患者の機能向上の手助けをすることがアニマルセラピーの目的です。犬を用いたアニマルセラピー(ドッグセラピー)が主流ですが、他にもイルカや馬など情緒水準が高いとされている哺乳類を通じてセラピーを行う事例もあります。

アニマルセラピーの効果


一般家庭でペットを飼うこともアニマルセラピーに該当します。実際に残されているデータとして、ペットを飼っている人と、そうでない人では、病院に行く回数が減ったという調査結果があります。日本以外でもアニマルセラピーは重宝されており、ドイツやオーストリア、ハンガリーなどの欧州諸国では、アニマルセラピーのおかげで何千億もの医療費が削減されています。
ドッグセラピーの効果としては、リラックス状態を生む神経を刺激する“生理的効果”、「犬と散歩するためにリハビリに励もう」など動機づけとなる“心理的効果”、複数の人が犬の話題で話が盛り上がるといった“社会的効果”があると言われています。

介護施設でのアニマルセラピーの導入例


治療を目的としたアニマルセラピーは、不登校などの子供、施設に住む高齢者、終末期医療の患者などそれ以外の病気にも幅広く活用されています。介護業界大手のニチイ学会では、従来の身体的なケアだけでなく高齢者の日々の生活に「生きがい」や「やすらぎ」をもたらすケアを目的としたドッグセラピーを行っています。デイサービスやグループホームなどの施設にいる犬が好きな方、セラピーの効果が期待できる方を対象にし、トレーニングを受けたセラピー犬と職員が施設へ訪問し実施しています。
また、最近では自宅でペットを飼っていた人が介護施設へ入所する際、ペットも同伴で入所できる施設も増えてきています。

ドッグセラピー利用者(主催した施設担当者)の声


  • 触れ合っている利用者の方々は、今まで見たこともない程、穏やかで、明るい表情をされ、とても嬉しそうでした。「とてもかわいかった」「また来てほしい」「もっと触れ合っていたい」等の声が多く聞かれました。
  • 昔ご自分の飼っていたペットを思い出し、涙される方がいた。スタッフも含め、皆、癒されました。
  • 普段あまり反応がなかったりする方たちも、ワンちゃんに触り声を出したり笑顔が見られたりする様子がありました。
  • 普段居室から出られない方が、触れ合いのあとに「まだ帰りたくない、もう一回触らせて」と目をキラキラさせて仰っていました。早速「次回はいつ来るの?」と問いあわせが多いです!
  • あまり手を動かされない方も、犬を触ろうと一生懸命、手をのばしている姿がとても印象的でした。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • 元気なうちに話しておくべき『親の老後』
    元気なうちに話しておくべき『親の老後』
    親が65歳になり定年を迎え、年齢の上では高齢者でも、実際の65歳はまだまだ元気!老後という感覚でない方も多いはず。元気なうちだからこそ、老後について話し合ってみませんか?
    記事を見る
  • 【関東】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【関東】車椅子で行けるお花見スポット3選
    東京では先週桜が開花し、本格的なお花見シーズンが到来しました。今回は、ご家族と一緒に車椅子の方もい楽しめるバリアフリー化が特徴のお花見スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 徘徊から家族を守るためにできること
    徘徊から家族を守るためにできること
    認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。
    記事を見る
  • 認知症高齢者が便をいじってしまうのはなぜ?「弄便」の原因と対策
    認知症高齢者が便をいじってしまうのはなぜ?「弄便」の原因と対策
    家族が弄便をすると、家の汚れや悪臭に悩まされることになります。弄便への対策として重要なのは、発見したときの対応と事前の予防です。今回は弄便とはなにか、またその対策について紹介します。
    記事を見る