null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子でも安心!家族で楽しめる関東近郊のキャンプ場6選

キャンプ場というと車椅子利用者にはちょっと縁遠いイメージがありませんか?車椅子利用者の方でも楽しめる宿泊施設やサービスのあるキャンプ場があります。バリアフリー対応のコテージなどを利用して、子どもや孫といっしょにお出かけしましょう!今回は車椅子でも楽しめる関東近郊のキャンプ場をご紹介します。

《栃木》こっこランド那須F.C.G


スロープがあり、トイレが車椅子でも利用可能です。また、トレーラーハウス、コテージもあり車椅子の方でも利用可能な宿泊施設もあります。
いろり小屋という囲炉裏のついた宿泊施設もあり、お魚などを焼いて食べる貴重な体験も出来そうです。春には桜、秋には栗拾いなど、季節を感じながら楽しめるキャンプ場です。

住所 〒329-3223 栃木県那須郡那須町大島1031−1
TEL 0287-77-2370
HP www.coccoland.com

《栃木》日光だいや川公園オートキャンプ場


スロープ設置。トイレ、シャワー、炊事場が車椅子でも利用可能となっています。
また、トレーラーハウスもありますので、車椅子の方でも安心して宿泊して頂けます。施設内にはゴルフコースなどもあり、フリーマーケットなどのイベントもあり、家族みんなで楽しめる施設となっています。

住所 〒321-1263 栃木県日光市瀬川733-3
TEL 0288-23-0201
HP http://www.park-tochigi.com/daiyagawa/zone03/

《群馬》榛名湖オートキャンプ場


スロープがあり、トイレ、炊事場が車椅子の方でも利用可能です。また、バンガローやトレーラーハウスもありますので宿泊施設に関しても安心してご利用頂けます。
誰でも利用可能なセンターハウスでは、電子レンジや無料のコインランドリーなど充実した設備がありますので、キャンプ初心者の方でも安心してご利用頂けます。

住所 〒370-3348 群馬県高崎市榛名湖町854
TEL 027-374-9600
HP http://www.harunakocamp.jp/

《栃木》長瀞オートキャンプ場


スロープ設置。トイレ、炊事場が車椅子の方でも利用可能です。
また、バンガローの中には、電車バンガローというわくわくするものもあり、子供も楽しく宿泊できそうです。

住所 〒369-1312 埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸559-1
TEL 0494-66-0640
HP http://nagatoro-camp.com/inquiry/


大子《茨城》広域公園オートキャンプ場


スロープ設置。トイレ、炊事場、シャワーが車椅子の方でも利用可能です。
トレーラーハウスやキャンピングカーもあり車椅子の方でも安心して宿泊できます。温水プールや、アスレチックなどもあり、子供から大人まで充分楽しめる綺麗なキャンプ場です。

住所 〒319-3552 茨城県久慈郡大子町矢田15-1
TEL 0295-79-0031
HP http://www.greenvila.jp/

《静岡》モバリティーパーク


スロープ設置。トイレ、シャワー、炊事場が車椅子の方でも利用可能です。
また、ログハウスやトレーラーハウスも完備していますので宿泊も心配いりません。キャンプ場内には、ジャンボ滑り台や景色のいい展望風呂など、家族みんなで楽しめる施設が沢山あります。

住所 〒410-2394 静岡県伊豆の国市長者原1445-481
TEL 0558-79-0213
HP http://www.mobilitypark.jp/

車椅子の利用者の方が楽しめるスポット


過去に関東近郊で車椅子の利用者の方が楽しめるスポットをまとめております。
もしよろしければ、参考にしてみて下さい!

車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関東】

https://mamoria.jp/clip/20151006/kouyou_kanto

車椅子で行ける温泉スポット【関東近郊】

https://mamoria.jp/clip/20160316/hot_spring

車椅子でも行ける!イルミネーションスポット【関東近郊】

https://mamoria.jp/clip/20151217/illumination_kanto

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 要介護認定調査とは?気を付けるべきポイントを徹底解説!
    要介護認定調査とは?気を付けるべきポイントを徹底解説!
    介護保険のサービスを利用するためには、要介護認定を受けなければなりません。 認定結果は自立(非該当)以外、『要支援1~2』『要介護1~5』の7段階に分かれ、この介護度によって、受けられるサービスの範囲や負担額などが違ってきます。 ですので、間違った介護認定をされないよう、注意が必要です。 今回は要介護認定を受ける際のポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • 【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    2017年6月に公表された厚生労働省「保険医療2035」での提言では、当年の「総合診療医」資格化に向けて、質の担保・人材育成、地域主体の保険医療再編の重要性等に関するレポートが発表されました。 今回は「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生に「解決できない苦しみ」といかに向き合うか、お話を伺いました。 「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。
    記事を見る
  • 介護保険を利用して住宅改修。介護しやすい家にしよう!
    介護保険を利用して住宅改修。介護しやすい家にしよう!
    介護がはじまったり、車椅子生活になると、今まで住んでいた家のちょっとした構造が移動の負担になったり、転倒などのケガにつながる場合があります。今回は介護保険を利用した住宅改修ノウハウについてご紹介します。
    記事を見る
  • 『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。
    記事を見る
  • 【介護予防】自治体が行っている健康診断を受けよう!
    【介護予防】自治体が行っている健康診断を受けよう!
    高齢になると、何よりも日々の健康が最大の関心事になります。中には初期症状が出にくい病気もありますから、特に不調がなくても積極的に健康診断を受けたいものです。市区町村が行う健康診断なら、無料または安価に健康チェックすることができます。
    記事を見る