null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?

認知症にかかると治療が難しいといわれることがあります。しかし、実際にそうなのでしょうか。認知症になる予防も大切ですが、認知症を発症したとしても現代医学の進歩により様々な治療法があります。そのため、予防の知識を得るとともに、認知症を発症した場合の治療法も知っておくことが大切です。

認知症の重篤化は避けられる可能性がある

そもそも、認知症とは、脳の何らかの病気が原因となり、言葉を理解する能力、ものを覚えるために必要な能力、物事を判断する能力などの認知機能に不具合が生じ、実際の生活に影響がでる病気を言います。認知症を発症した場合であっても認知症はあくまでも病気であるため、生活指導、薬物療法、リハビリなどによって重度化することを防ぐことができます。主な原因となる病気としてはアルツハイマー病、脳血管障害などがあります。

この他にも認知症には様々な原因となる疾病があると考えられており、疾病ごとに現在適切な治療方法が開発され、実際に医学の現場においても取り入れられているものが増えてきました。そのため、認知症を発症したとしても、進行を遅らせる治療に直ぐに取り掛かれば認知症の進行を遅らせることが可能です。

音楽が持つ力で癒す ”音楽療法”

音楽療法とは、音楽が持つ特徴や性質を利用して心身の健康の安定に役立てる治療法です。そもそも、音楽は幼少期から成人に至るまで様々な人生の時期に聴いているものであるため、音楽を患者に聴いてもらい、過去の思い出などを懐かしんでもらうことによって、脳の活性化や社会性などを促すことができる可能性が高まります。

このような音楽療法は、高齢者施設や病院などで取り入れられており、治療方法として確立されつつあります。また、このような認知症の治療以外でも、メンタルヘルスケアなどの精神的な病を抱える人のための治療としても利用されています。このような音楽療法は、実際に重度の認知症患者であっても音楽に反応を示すことから、治療効果が期待できる方法です。

実は偽薬!?思い込みで治す ”ブラセプラス”

認知症の治療法としては薬物治療がありますが、薬物治療とは異なる食べ物による治療法があります。これがプラセプラスによる治療法です。プラセプラスとは、見た目は錠剤のような形をしていますが、有効成分を一切含まないタブレットです。イメージとしてはラムネ菓子のようなものですが、プラセプラスには、プラセボ効果というものがあります。

プラシーボ効果とは、偽薬によって錯覚を患者が抱きプラスの発想を生じさせる治療法です。例えば、胃もたれをしている患者に胃薬の効果が一切ないタブレットを投与し場合でも、患者が胃薬であると誤信したとき、患者は胃が楽になったと感じるという効果をプラシーボ効果と言います。このようなプラシーボ効果は認知症にも有効であり、かつ、これは薬の副作用によるリスクを考える必要がない点からも有効な治療法です。

学びで脳を鍛えて ”学習療法”

また、学習療法という方法があります。学習療法は、認知症の程度などを正確に検査した上で、脳を鍛えるために計算ドリルや漢字の練習などを患者にしてもらう療法です。このような学習効療法については、個人差がありますが、認知症の進行を遅らせるなどの効果がすでに実証されています。

具体的に実証された効果としては、認知症患者の意欲が湧いたことや意思表示などが増えたことが報告されています。その理由としては、学習療法による人とのコミュニケーションを通じて脳の前頭前野の活性化を促すことができるという点にあると考えられています。

学習療法自体はいまだ確立された治療法であるとは言えませんが、国や公益法人もこの治療法に注目しているため、今後認知症の治療法として実際に医療の現場で利用されることが期待されています。

まとめ

このように認知症の治療方法には、薬物治療だけでなく、音楽療法、プラセプラスによる治療、学習療法などの新しい治療法の導入が進められています。認知症は脳の病気です。そもそも脳の構造や性質、病気の特徴については未だに知られていないことが多いため、今回挙げた三つの治療法は、ほんの一握りの治療法に過ぎない可能性があります。すなわち、今後医学の進歩によって脳の構造などが明らかとなり有効な認知症の治療法が発見される可能性があります。そのためにも、治療方法については随時新しい情報を得ることが大切です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。
    記事を見る
  • もしかして認知症・・?不安になったらすべきこと
    もしかして認知症・・?不安になったらすべきこと
    介護の始まりは病気や怪我によるものがほとんどですが、その中でも認知症は全体の約15%を占めています。認知症もいくつかの種類に分類されますが、加齢による『物忘れ』と『認知症』の初期症状は似ており、『もしかして・・』『まさかうちの親が・・』などと思い悩む方も多いと思います。 『もしかして・・』と思ったらすべきことをまとめました。
    記事を見る
  • 自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?
    自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?
    超高齢化社会が進む現在、自宅で最期を迎えたいと考える人が増えています。しかしひとり暮らしの高齢者も多く、家族は今まで誰かを看取ったという経験がなく、戸惑うことも少なくありません。そこで今回はその強力な助っ人となる看取り寄り添いナースについてまとめてみました。
    記事を見る
  • 薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    高齢になるにつれ、様々な持病や疾患が生じ、毎日の薬が欠かせなくなる場合があります。そんな時、正しい種類・量の薬を正しい時間に服用することが重要になります。しかし高齢者にとって服薬管理は難しく、1度の失敗が生命に関わることもあります。そのような状況を受け、居宅療養管理指導を始めとする服薬支援のサービスが充実しつつあります。
    記事を見る
  • 介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    高齢化社会を迎えて、介護とともに、介護が必要にならないように予防することが重要であるという認識が広がりを見せています。今回は介護予防に重点を置いたデイサービスについてご紹介します。
    記事を見る