null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?

認知症にかかると治療が難しいといわれることがあります。しかし、実際にそうなのでしょうか。認知症になる予防も大切ですが、認知症を発症したとしても現代医学の進歩により様々な治療法があります。そのため、予防の知識を得るとともに、認知症を発症した場合の治療法も知っておくことが大切です。

認知症の重篤化は避けられる可能性がある

そもそも、認知症とは、脳の何らかの病気が原因となり、言葉を理解する能力、ものを覚えるために必要な能力、物事を判断する能力などの認知機能に不具合が生じ、実際の生活に影響がでる病気を言います。認知症を発症した場合であっても認知症はあくまでも病気であるため、生活指導、薬物療法、リハビリなどによって重度化することを防ぐことができます。主な原因となる病気としてはアルツハイマー病、脳血管障害などがあります。

この他にも認知症には様々な原因となる疾病があると考えられており、疾病ごとに現在適切な治療方法が開発され、実際に医学の現場においても取り入れられているものが増えてきました。そのため、認知症を発症したとしても、進行を遅らせる治療に直ぐに取り掛かれば認知症の進行を遅らせることが可能です。

音楽が持つ力で癒す ”音楽療法”

音楽療法とは、音楽が持つ特徴や性質を利用して心身の健康の安定に役立てる治療法です。そもそも、音楽は幼少期から成人に至るまで様々な人生の時期に聴いているものであるため、音楽を患者に聴いてもらい、過去の思い出などを懐かしんでもらうことによって、脳の活性化や社会性などを促すことができる可能性が高まります。

このような音楽療法は、高齢者施設や病院などで取り入れられており、治療方法として確立されつつあります。また、このような認知症の治療以外でも、メンタルヘルスケアなどの精神的な病を抱える人のための治療としても利用されています。このような音楽療法は、実際に重度の認知症患者であっても音楽に反応を示すことから、治療効果が期待できる方法です。

実は偽薬!?思い込みで治す ”ブラセプラス”

認知症の治療法としては薬物治療がありますが、薬物治療とは異なる食べ物による治療法があります。これがプラセプラスによる治療法です。プラセプラスとは、見た目は錠剤のような形をしていますが、有効成分を一切含まないタブレットです。イメージとしてはラムネ菓子のようなものですが、プラセプラスには、プラセボ効果というものがあります。

プラシーボ効果とは、偽薬によって錯覚を患者が抱きプラスの発想を生じさせる治療法です。例えば、胃もたれをしている患者に胃薬の効果が一切ないタブレットを投与し場合でも、患者が胃薬であると誤信したとき、患者は胃が楽になったと感じるという効果をプラシーボ効果と言います。このようなプラシーボ効果は認知症にも有効であり、かつ、これは薬の副作用によるリスクを考える必要がない点からも有効な治療法です。

学びで脳を鍛えて ”学習療法”

また、学習療法という方法があります。学習療法は、認知症の程度などを正確に検査した上で、脳を鍛えるために計算ドリルや漢字の練習などを患者にしてもらう療法です。このような学習効療法については、個人差がありますが、認知症の進行を遅らせるなどの効果がすでに実証されています。

具体的に実証された効果としては、認知症患者の意欲が湧いたことや意思表示などが増えたことが報告されています。その理由としては、学習療法による人とのコミュニケーションを通じて脳の前頭前野の活性化を促すことができるという点にあると考えられています。

学習療法自体はいまだ確立された治療法であるとは言えませんが、国や公益法人もこの治療法に注目しているため、今後認知症の治療法として実際に医療の現場で利用されることが期待されています。

まとめ

このように認知症の治療方法には、薬物治療だけでなく、音楽療法、プラセプラスによる治療、学習療法などの新しい治療法の導入が進められています。認知症は脳の病気です。そもそも脳の構造や性質、病気の特徴については未だに知られていないことが多いため、今回挙げた三つの治療法は、ほんの一握りの治療法に過ぎない可能性があります。すなわち、今後医学の進歩によって脳の構造などが明らかとなり有効な認知症の治療法が発見される可能性があります。そのためにも、治療方法については随時新しい情報を得ることが大切です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る
  • 誰でも分かる!デイサービスとデイケアの違いをポイント解説
    誰でも分かる!デイサービスとデイケアの違いをポイント解説
    介護のことを色々と調べていると、日中に過ごせる場として「デイサービス」や「デイケア」という単語を目にします。どちらも、介護が必要な方が利用可能なサービスなのですが、両者の違いをご存知でしょうか?「デイサービス」と「デイケア」の特徴や違いを正しく知ることで、よりその方に合った介護を行うことができます。それぞれの特徴を確認してみましょう。
    記事を見る
  • 自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?
    自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?
    超高齢化社会が進む現在、自宅で最期を迎えたいと考える人が増えています。しかしひとり暮らしの高齢者も多く、家族は今まで誰かを看取ったという経験がなく、戸惑うことも少なくありません。そこで今回はその強力な助っ人となる看取り寄り添いナースについてまとめてみました。
    記事を見る
  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る
  • みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。 本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。
    記事を見る