null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術

毎日利用するのに介護保険の対象にはならず、大きな荷物になるため買い物も大変、そんな頭を悩ませる存在の介護用おむつ。きちんと制度やサービスを利用してできるだけ負担を軽減できるようにしたいものです。今回は介護用おむつの意外と知られていない節約術をご紹介します。

市町村の『おむつ支給・助成』制度を利用しよう


いくつか支給条件がありますが、条件にあてはまる場合はおむつの現物支給や助成金を受けることができます。

現物支給の場合は、定期的に家まで届くので買い物の手間も省けます。
病院に入院していて、指定の紙おむつしか使用できない場合は、おむつ代を現金で助成している市区町村もありますので確認してみましょう。

市町村ごとに支給条件(介護度・所得基準)や支給内容・助成金額が違います。詳しくはお住まいの役所に問い合わせをしてみましょう。ここでは、千葉市と広島市の例をご紹介します。

千葉市

対象者介護度1~5、市内在住で在宅介護を受けている。
所得が特別障害者手当の所得制限限度額を超えていないこと、など。
給付内容介護度1~3は上限4000円、4~5は上限8000円の現物支給、1割負担

広島市

対象者介護度4または5 市内在住で生活保護等を受けているまたは市民税非課税世帯に属している人を在宅で介護している家族
給付内容上限6250円で現物支給

実は医療費の返還対象に




医療費の合計が年間で10万円、または所得金額の5%を超えた場合、申告すると税金の一部が戻ってくる『医療費控除』をご存知ですか?

実は医師が必要と認めた場合、紙おむつ、失禁用尿取りパッドなどの購入費も医療費控除の対象として認められます。
支給制度を受けられない場合、購入するおむつの費用も年間を通してかなりの金額になりますので、その他の医療費と合わせると10万円を超えることは珍しくありません。
また、入院中に病院指定でおむつ代がかかる場合も、医療費控除の対象になります。
医師に『おむつ使用証明書』を発行してもらうことが必要ですので、病院に確認し、手続きを行ってください。

<控除を受けるには>
  1. 医師に「おむつ使用証明書」を発行してもらいます。
  2. 1に記載された必要期間の始期以降のおむつの領収書を保存しておきます。
  3. 確定申告の際(毎年2月16日〜3月15日)に、おむつ使用証明書と領収書を添えて税務署に申告します。
※その他の医療費含めて申告してください。
※詳しくは税務署や市区町村役場へお問い合せください。

介護サービスの自己負担額も医療費控除の対象となるものがありますので、そちらと合わせて申告することで、介護費用の負担を軽減しましょう。


さっそく調べてみよう!

こういった制度やサービスを利用する際、提出物が多かったり申請書類が複雑で面倒に感じることも
あると思いますが、何かと物入りな介護生活のために利用してみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 知らないと損!高齢者の運転における危険性と対策法
    知らないと損!高齢者の運転における危険性と対策法
    「高齢者による高速道路の逆走運転で交通事故!」こんなニュースを耳にすると、近い存在に高齢者のいる方などはドキッとするのではないでしょうか。年々増加する高齢者ドライバーによる交通事故。ここではその問題点と対策等について考えてみます。
    記事を見る
  • 認知症高齢者が便をいじってしまうのはなぜ?「弄便」の原因と対策
    認知症高齢者が便をいじってしまうのはなぜ?「弄便」の原因と対策
    家族が弄便をすると、家の汚れや悪臭に悩まされることになります。弄便への対策として重要なのは、発見したときの対応と事前の予防です。今回は弄便とはなにか、またその対策について紹介します。
    記事を見る
  • 誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    レスパイトケアとは乳幼児や障害児・者、高齢者などを在宅でケアしている家族を癒やすため、一時的にケアを代替し、リフレッシュを図ってもらう家族支援サービスのことです。在宅介護をされている方はデイサービスやショートステイなどの介護保険サービスを利用されている方もいると思いますが、それらもレスパイトサービスの一部と言えます。
    記事を見る
  • 正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ
    正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ
    在宅介護の増加に伴い、家庭での電動式介護ベッドの利用が多くなっています。しかし、誤った使い方による重大な事故が発生しています。今回は介護ベッドの事故事例をまとめました。
    記事を見る
  • “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    排泄は高齢者にとって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)や尊厳に関わる非常に重要な要素です。排泄ケアが必要になると、在宅生活の継続が困難になるケースも多く、未病ケアや自立支援の発展に期待が寄せられています。 また、平成25年度国民生活基礎調査による便秘人口分布によると、60代から男女共に便秘の有訴者数が増えています。 今回は、自分で腸のケアができるようになる「セルフ腸ほぐし」の指導にも力を入れている、腸律セラピーサロンセラピーエ代表の小澤かおりさんにお話を伺いました。
    記事を見る