null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術

毎日利用するのに介護保険の対象にはならず、大きな荷物になるため買い物も大変、そんな頭を悩ませる存在の介護用おむつ。きちんと制度やサービスを利用してできるだけ負担を軽減できるようにしたいものです。今回は介護用おむつの意外と知られていない節約術をご紹介します。

市町村の『おむつ支給・助成』制度を利用しよう


いくつか支給条件がありますが、条件にあてはまる場合はおむつの現物支給や助成金を受けることができます。

現物支給の場合は、定期的に家まで届くので買い物の手間も省けます。
病院に入院していて、指定の紙おむつしか使用できない場合は、おむつ代を現金で助成している市区町村もありますので確認してみましょう。

市町村ごとに支給条件(介護度・所得基準)や支給内容・助成金額が違います。詳しくはお住まいの役所に問い合わせをしてみましょう。ここでは、千葉市と広島市の例をご紹介します。

千葉市

対象者介護度1~5、市内在住で在宅介護を受けている。
所得が特別障害者手当の所得制限限度額を超えていないこと、など。
給付内容介護度1~3は上限4000円、4~5は上限8000円の現物支給、1割負担

広島市

対象者介護度4または5 市内在住で生活保護等を受けているまたは市民税非課税世帯に属している人を在宅で介護している家族
給付内容上限6250円で現物支給

実は医療費の返還対象に




医療費の合計が年間で10万円、または所得金額の5%を超えた場合、申告すると税金の一部が戻ってくる『医療費控除』をご存知ですか?

実は医師が必要と認めた場合、紙おむつ、失禁用尿取りパッドなどの購入費も医療費控除の対象として認められます。
支給制度を受けられない場合、購入するおむつの費用も年間を通してかなりの金額になりますので、その他の医療費と合わせると10万円を超えることは珍しくありません。
また、入院中に病院指定でおむつ代がかかる場合も、医療費控除の対象になります。
医師に『おむつ使用証明書』を発行してもらうことが必要ですので、病院に確認し、手続きを行ってください。

<控除を受けるには>
  1. 医師に「おむつ使用証明書」を発行してもらいます。
  2. 1に記載された必要期間の始期以降のおむつの領収書を保存しておきます。
  3. 確定申告の際(毎年2月16日〜3月15日)に、おむつ使用証明書と領収書を添えて税務署に申告します。
※その他の医療費含めて申告してください。
※詳しくは税務署や市区町村役場へお問い合せください。

介護サービスの自己負担額も医療費控除の対象となるものがありますので、そちらと合わせて申告することで、介護費用の負担を軽減しましょう。


さっそく調べてみよう!

こういった制度やサービスを利用する際、提出物が多かったり申請書類が複雑で面倒に感じることも
あると思いますが、何かと物入りな介護生活のために利用してみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症を問題と定義するのではなく、認知症になっても生きやすい社会をつくろうとしている企業があります。認知症を体験できる「VR(※1)認知症プロジェクト」に取り組んでいる株式会社シルバーウッド。高齢者住宅の運営から、テクノロジーを用いたアプローチまで幅広く事業を展開しており、現在、注目を浴びています。今回は代表取締役下河原忠道様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    核家族化が進む中、それに伴い遠距離介護をするケースが増えています。遠距離介護というと通常の介護に比べ、交通費の負担だけでなく心身共に負担が大きいものです。遠距離介護をしていくためにどういった点に気をつけるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症と聞くと、何もかも忘れてしまうのではないかと思ってしまいがちですが、初期から重症化するまでには期間があります。「認知症=何もかも忘れてしまう、何もかもができなくなってしまう」ということではありませんので、初期段階で軽度の認知症であれば、十分に日常生活はできますし、仕事を続けられる可能性があります。
    記事を見る
  • 最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?
    最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?
    近年では、お葬式の内容も多様化して来ました。海や山へ散骨する「自然葬」や、故人が好きだった曲を生演奏する「音楽葬」、生きているうちにお世話になった人々へ感謝を伝える「生前葬」など...。「終活」という言葉も生まれ、「自分らしい最期を迎えたい」と考える人が増えて来ています。そんな中、「エンディングドレス(死装束)」の人気が上昇中です。
    記事を見る