null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

高齢者向けに人気のスポーツ4選!介護予防にもおススメ!

高齢者がスポーツをすることは、体力の衰えを防ぎ、ストレスを解消し、健康を維持することに役立ちます。 また、複数人で行うスポーツは、仲間との絆を深め、日々に張り合いをもたらしてくれます。スポーツをするには体力に自信がない...。今回はそんなシニアの方でも気軽に楽しめるスポーツについてまとめてみました。離れて暮らす親の体力が心配という方、おすすめしてみてはいかがでしょうか。

1.グラウンドゴルフ



かつてシニアの定番スポーツだったゲートボールに代わって、現在のシニアの定番となっているのがグラウンドゴルフです。道具は木製のクラブと大きめのボールで一見するとゲートボールのように見えますが、大きく違う点があります。それは個人競技である事。用意する道具は少なく、場所もあまり選ばないため、気軽に始めることができシニアのみなさまに大人気のスポーツです。

2.ボウリング



若い頃にボウリングブームを経験したシニアの方も多いと思います。ボウリングはスペアを取るためのコントロールや、ピンに対する進入角が重要なスポーツで、若い時ほどのパワーが無くなったシニアの方でもテクニックがあれば若者を凌駕するスコアを出す猛者がたくさんいるスポーツです。個人競技でありながら人との繋がりも多いスポーツであるため、若い人との交流という意味でもシニアにおすすめのスポーツです。

3.バドミントン



ラケットを持って行うスポーツといえばテニスが定番ですが、シニアの方にはバドミントンをおすすめします。理由は競技範囲が狭いこと。テニスはボールを打ち合うため球の速度が落ちづらく競技範囲は広くなりがちです。また、逸らしたボールを遠くに取りにいかなければなりません。しかしバドミントンならば空気抵抗によってシャトルコックの飛ぶ範囲は狭く、すぐに真下に向かって落ちるので回収がとても楽です。競技場所も地域の体育館など身近なところでできる点もおすすめです。

4.バウンドテニス



もう一つラケットを使用するスポーツとしてシニアにおすすめなのがバウンドテニスです。
バウンドテニスは、ルールがテニスに類似しており、テニスコートの約1/6と狭く、場所をとらずに手軽にできることが特徴です。 シングルスとダブルスを楽しめ、動く範囲はテニスに比べて圧倒的に小さく、足腰へ の負担も少ないため、体力や年齢に応じたプレースタイルが可能です。 テニス経験者も経験者じゃなくても手軽に楽しめるバウンドテニス。十分な運動量もあるので、スポーツを通してしっかりと汗をかきたいという人にオススメです。

何よりも楽しむことが大切

今回ご紹介したスポーツはほんの一例です。住んでいる地域や老人クラブで盛んなスポーツもあると思うのでぜひ調べてみてください。
また、フィットネスクラブでも高齢者の方向けサービスが展開されているようです。

介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
https://mamoria.jp/clip/20150914/fitness

スポーツがもともと苦手という方はウォーキングや体操など少し体を動かすだけでも心身共にリフレッシュできておススメです。
楽しみながら適度に体を動かして、健康に毎日を過ごしましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【まとめ】車椅子のレンタル 購入のメリット、デメリット比較
    【まとめ】車椅子のレンタル 購入のメリット、デメリット比較
    要介護度が上がるにつれて、必要になってくるのが車椅子です。要介護者の移動手段として、屋内外共に使用されることになる車椅子ですが、必要になった際には買うのか、借りるのか悩むという方もいます。今回は、車椅子を購入した場合とレンタルする場合のメリットとデメリットを比較していきます。
    記事を見る
  • 保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    介護保険制度のサービスは1割負担(※)で受けることができますが、介護度によって利用できるサービスの範囲や回数が決まっており、万全ではありません。自己負担で様々なサービスを受けることができますが、行政が行っているサービスをまず確認してみましょう。利用料の補助が出ており、民間よりも安く利用できる場合があります。今回は行政が行っている保険外サービスの事例をご紹介します。 ※一部、所得によって2割負担となります。
    記事を見る
  • 徘徊から家族を守るためにできること
    徘徊から家族を守るためにできること
    認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。
    記事を見る
  • 大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人との思い出は時間が経っても、それぞれの人生に大きな影響を与えることが多いのではないでしょうか。 死別直後の方や、何年も時間が経った方、それぞれが抱える喜びや悲しみを“死別”という体験をした者同士が安心して語り合える場所があります。 ハワイ生まれのNPO法人ハワイ日本語グリーフケア協会(通称:HUG Hawaii/ハグハワイ)です。 今回は、それぞれの思いを尊重してサポートしあう場を提供する、HUG Hawaii(ハグハワイ)東京ファシリテーターの内宮美知子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る