null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

シンプルイズベスト!高齢者向け家電が今熱い!

高齢者向け家電は、高齢者のニーズに合って使い勝手を追求し開発された商品です。遠方に住むご両親が高齢になり、生活面で何かと心配をしている方もいるのではないでしょうか。今回はご両親の家事をサポートしてくれる家電をご紹介します。

1.パナソニックの洗濯機 NA-JFA801



「Jコンセプト」と銘打ってパナソニックが展開するシニア向け家電の洗濯機です。シニア世代への綿密な調査と研究の末に生まれたシニアのための洗濯機。例えば洗濯容量の8kgというのは、多くのシニアが望んでいる「毛布を洗える」という条件を満たしながら大きすぎない容量を実現した結果です。他にも深く腰を曲げなくて済むように洗濯槽の底を高めにしたり、洗濯物の投入口付近を低くしたりと、とにかくシニアを思いやった作りになっています。そしてトドメは大型のホワイト液晶を使ったシンプルな操作パネル。最新の家電技術と、どこか懐かしいスタイルの融合でシニアのニーズにピタリと応えています。

●参考価格 174,030円

2.パナソニックのオーブンレンジ NE-JBS652



こちらも上述の「Jコンセプト」の商品でシニアの食生活を支えてくれるオーブンレンジです。特徴はやはりシニアのニーズに多い「量を少なめに作りたい」「品数を多く作りたい」という願いを叶えるためのもので、2段調理機能を搭載しています。上段には焼き物機能が備えられており、シニアの大好きな焼き魚を作る事ができます。同時に下段では電子レンジの機能を備えており、シニアの大好きな煮物や汁物を温める事ができるようになっています。そしてこのオーブンレンジもシニアにとって嬉しいシンプルな操作性を実現しており、「かんたん画面」を使えば、よく使う機能だけを3つ選んで大きな文字で表示する事ができます。

●参考価格 74,890円

3.パナソニックの掃除機 MC-JP500G



こちらもパナソニックの「Jコンセプト」シリーズです。その特徴はなんと言っても世界最軽量の2.0kgというもの。これだけ軽いと掃除機をいろんな部屋に連れ回しても引きずっている煩わしさはなく、狭い場所での方向転換も楽々ということで、キレイ好きなシニア世代の方々にとってとても使いやすい物になっています。また、吸引の面でも掃除機が自分でゴミを発見して赤い光で知らせてくれ、見えづらい場所ではLEDライトで照らしてくれるという気の利きよう。シニア世代のお掃除を強力サポートしてくれます。

4. 三菱電機の炊飯器 NJ-SW065



こちらは三菱電機の炊飯器で、こちらもシニアの意見を強く取り入れたものとなっています。その特徴は高級機とほぼ同じ炊飯機能を持ちながら小容量の3.5合炊きというもの。従来、お米を美味しく炊くための高機能な炊飯器というのは5合炊きが主流でしたが、一度にそんなに多く炊く必要がないというシニア世代の意見を取り入れて、高機能を保ちながら本体のコンパクト化に成功しています。小さな容量でも高級機と変わらぬ美味しいご飯が食べられるというのは、ご飯食を食べる事が多いシニア世代にとって嬉しいことですね。

●参考価格 43,000円

親御さんへの購入アドバイスやプレゼントにも



今回ご紹介した家電はシニアにとっての使いやすさを追求した商品です。
家電をご検討されているかた、または親御さんの家電が古くて買い替えてあげたいと思っているかた、何を買えばいいか迷ったら参考にしてみてください。

※価格は変動する可能性および、サイトによって異なる可能性があります。ご了承ください。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認認夫婦、2人で生活できる?
    認認夫婦、2人で生活できる?
    認知症同士の高齢者夫婦のことを認認夫婦と呼びます。高齢化、核家族化に伴いこうした認認夫婦や老老介護は増えていく一方です。今回は認認夫婦の実態についてまとめました。
    記事を見る
  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る
  • 認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?
    認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?
    認知症カフェとは、認知症の方やその家族、介護・医療従事者、地域の人々が集い、交流や情報交換を行うカフェのことです。ヨーロッパではじまり、日本では全国で約30か所ほどあり、年々増加傾向にあります。今回は認知症カフェとは何か、その特徴をまとめました。
    記事を見る
  • ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    2015年に発売され大きな話題となったソフトバンク社が開発したロボット『ペッパー君』。発売から即完売となり、さまざまなところで導入が広がってきています。今回は、介護現場での導入事例についてご紹介します。
    記事を見る